May 24, 2022 news

衝撃的なビジュアルのクリスチャン・ベールも登場!映画『ソー:ラブ&サンダー』本予告映像が公開

A A

公開当時、全世界歴代興行収入No.1を記録し、世界中に衝撃と感動を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)など、映画史を塗り替える大ヒットを叩き出し、5月4日に公開した『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』もマーベル作品史上No.3の初日成績で大ヒットを記録。ますます勢いを増していくマーベル・スタジオの最新作である、映画『ソー:ラブ&サンダー』。

この度、最新映像満載の本予告映像&本ポスタービジュアルが全世界同時に公開された。

舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。激闘の末、銀河一の落ちこぼれチーム、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間達と宇宙へ旅立ったソーは、多くの仲間を失い、いつしか戦いを避けるようになっていた。ブヨブヨに太った体をシェイプするも未だ自分探しに迷ソー中だった彼の前に、神々の殲滅を目指す最強最悪の敵”神殺し“ゴアが現れる。そのゴアを演じるのが「ダークナイト」(2018~2012)のバットマン役をはじめ、ヒーローから悪役まで幅広い演技で注目を浴びるオスカー俳優クリスチャン・ベールだが、もはやクリスチャン・ベールには見えないほどの衝撃的なビジュアルと異様な雰囲気を醸し出し、ただならぬ宿敵となる予感。ゴアにソーと新たな王となったヴァルキリーが応戦するが、絶体絶命のピンチに陥ってしまう‥‥。

そんな中、救世主が現れる。なんとソーのコスチュームに身を包んだ“マイティ・ソー”こと元恋人のジェーン。シリーズ2作目以来の再登場となるジェーンを演じるのはオスカー女優ナタリー・ポートマン。『ブラック・スワン』の華奢なイメージを一新する、たくましくビルドアップされた上腕から繰り出す激しいアクションに、期待は高まるばかり。選ばれしヒーローにしか持つことができないはずのムジョルニアを武器に豪快に戦い、まじめな天文学者からヒーロー、その名も“マイティ・ソー”にキャラ変した元カノの登場にソーも仰天。

「8年7ヶ月と6日ぶり」と日数を数えるほどの未練タラタラぶりをみせつけ、至ってクールな対応をされようとも内心は大喜びぶりが隠しきれずニヤケ顔が止まらない。ソーは、浮き立つ気持ちを抑えながらマイティ・ソーの協力を仰ぎ、最大の敵ゴアを倒すためタッグを組む。デビュー戦に向けて意気揚々と構えるマイティ・ソーと、ヒーローとして先輩面をするソーの微笑ましいやり取りから、2人の稲妻が炸裂するダイナミックな”神バトル“まで、彼らが織りなすコンビネーションに注目したい。

さらに、こちらもオスカー俳優のラッセル・クロウ演じる神ゼウスも登場し、彼の仕業でなぜかソーが全裸に!?アカデミー賞を席巻する豪華俳優揃い踏みの全く展開のみえない大混乱の戦いで、ソー&マイティ・ソーは”愛“と”雷“の力によってゴアを倒し世界を救うことができるのか‥‥。

2D(字幕、吹替)、ドルビーアトモス(2D字幕) / ドルビーシネマ(3D字幕)に加え、驚くほどの高品質な映像と音響を極めたIMAX(3D字幕)、映画のシーンに合わせて席が動き、風や水などの特殊効果が繰り出されるアトラクション型の4DX(3D吹替) / MX4D(3D吹替)と、ダイナミックな戦いを描く本作だからこそ楽しめる上映形式が決定。

何が起こるかわからない、ノープランなソーの新章を描く、映画『ソー:ラブ&サンダー』は、7月8日(金)より全国公開。

作品情報
衝撃的なビジュアルのクリスチャン・ベールも登場!映画『ソー:ラブ&サンダー』本予告映像が公開
映画『ソー:ラブ&サンダー』

舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。アスガルドの王として、そして宇宙を救うヒーローとして、家族や恋人、人類を守るために戦い走り続けてきたソーだが、多くの大切な人を失い、いつしか戦いを恐れるようになっていた。そんな彼が”自分は何者なのか“と我に立ち返り、「ヒーローは卒業だ。」と、ゼロから新たな道を歩むことを決める。

監督:タイカ・ワイティティ

出演:クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、ナタリー・ポートマン

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©Marvel Studios 2022

2022年7月8日(金) 全国公開

公式サイト thor-love-and-thunder