Apr 11, 2022 news

新海誠監督 最新作!映画『すずめの戸締まり』特報映像&新ビジュアルが公開

A A

昨年12月15日に実施された製作発表会見にて解禁となった、新海誠監督の3年ぶりとなる最新作、映画『すずめの戸締まり』が11月11日(金)より全国公開される。『君の名は。』(2016年公開)、『天気の子』(2019年公開)に続く話題作の情報が解禁となるやいなや、日本国内はもちろんの事、海外メディアからも大きな注目を浴びた。

これまでヴェールに包まれてきた本作の特報映像が公開された。

さらに、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく旅をする少女・すずめの解放と成長を描く冒険物語であることと、水面にぽつんと佇む扉のビジュアルのみが解禁されてから約4カ月、遂に新海誠監督が描き出すヒロイン・すずめのビジュアルが初公開された。 

これから起こりゆく旅の始まりを予感させる“行ってきます。”というコピーとともに、製作発表会見にて解禁された廃墟の扉を前に小さな木製の椅子を両手に抱え、こちらを振り向くポニーテールの少女・すずめ。足元に広がる静かな波紋、ほんの少しだけ開いた扉。今にも何かが起こりそうな、神秘的なビジュアルとなっている。

新海誠監督 最新作!映画『すずめの戸締まり』特報映像&新ビジュアルが公開

【新海誠監督 コメント】

あちこちで開け放しにし続けてきてしまった扉を、どのように閉めることが出来るのか。それをすずめに託し、戸締まりをしながら日本列島を旅する物語を作っています。笑顔と昂ぶりを、観終えた後に残せるような映画にしたいのです。

映画『すずめの戸締まり』は、11月11日(金)より全国公開。

作品情報
新海誠監督 最新作!映画『すずめの戸締まり』特報映像&新ビジュアルが公開
映画『すずめの戸締まり』

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年に出会う。彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにぽつんとたたずむ、古ぼけた扉。なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが‥‥。やがて、日本各地で次々に開き始める扉。その向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだという。星と、夕陽と、朝の空と。迷い込んだその場所には、すべての時間が溶けあったような、空があった。不思議な扉に導かれ、すずめの“戸締まりの旅”がはじまる。

原作・脚本・監督:新海誠

配給:東宝

©2022「すずめの戸締まり」製作委員会

2022年11月11日(金) 全国公開

公式サイト suzume-tojimari-movie.jp