Sep 15, 2020 news

嵐・二宮和也、アイドルでも俳優でも自然体は変わらず

A A
Advertisement

コラム 佐々木誠の『映画記者は今日も行く。』第232回


嵐の二宮和也が、9月14日に都内で行われた『浅田家!』の完成報告会に出席した。

『浅田家!』
Advertisement

「色々な作品で観ていた人たちと、『よーいスタート!』で一緒にお芝居ができたのは本当に贅沢でした」

そう挨拶した二宮は、本作で一風変わった“家族写真”を撮る写真家・浅田政志を演じているが、この日はモデルとなった政志さん本人も一緒に登壇。自身を二宮が演じたことに「最初は信じられなくて冗談かと思いました。家族も『嘘だろっ!』って(笑)」と苦笑しながらも、一生に一度しか味わえない経験を喜ぶ政志さんだった。

『浅田家!』
Advertisement

撮影現場でも変わらない二宮の自然体。

政志の兄・浅田幸宏を演じた妻夫木聡は「感受性が豊かな人だなとずっと思っていたんですが、実際に共演してみると、画面の中で自由に羽ばたいているんですよね。瞬発力がすごくて、『よーい、スタート!』ってなったら政志さんが憑依していました」と役者としての二宮を大いに讃えるも、「現場で熱心に携帯をイジってるなぁと思ったら、勉強じゃなくてパズドラ(ゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」)をやってたんですよ。もうプロ級の腕前で。その半年くらい後に、そのまんまの動きでパズドラのCMをやってましたけど(笑)」と、どこにいても変わらない二宮の立ち居振る舞いをぶっちゃけていた。

『浅田家!』

また、政志の幼馴染み・川上若奈を演じ、二宮とは2015年公開の『母と暮せば』以来、約5年ぶりの共演となった黒木華も「今回も相変わらずでした。いつも芝居をしている感じがなくその場にいらっしゃるので、こちらもあまり緊張しないで済むというか、安心してズケズケ言うことができました」と、二宮が醸し出す自然体な雰囲気に全幅の信頼を寄せていた。

『浅田家!』
Advertisement

さらに、二宮は声だけの出演(殺せんせーの声)となったが、『映画  暗殺教室』で共演を果たしている菅田将暉。本作では、政志に協力する写真洗浄ボランティアの小野陽介を演じているが、「撮影では、二宮さんの目を見てから緊張がなくなりました。癒される感じというか、包み込んでくれる感じというか」と二宮の安心感を口にすると、一方の二宮は菅田との共演を熱望していたようで「一緒にやってみたいとずっと思ってたんです。共演が決まった時は興奮して、撮影当日まですごく楽しみにしていました。でも、実際に現場に入ってみたら、全然菅田くんが見当たらないんですよ。で、気付いたら隣にいたんですよね。もうすでに小野くん(役名)でしかなかったんです。それくらい菅田くんはステージが違うというか、あんまりハシャいじゃダメなんだと教えられました(笑)」と冗談を言いながらも、改めて俳優・菅田将暉という存在に刺激を受ける二宮だった。

『浅田家!』

当日はその他、出演の風吹ジュン、平田満、メガホンを執った中野量太監督が出席した。

作品情報
『浅田家!』(東宝配給)

『浅田家!』(東宝配給)は、様々なシチュエーションでコスプレして撮影するユニークな家族写真で注目を集めた、写真家・浅田政志の実話を基に描いたヒューマン・ドラマ。

監督:中野量太
脚本:中野量太、菅野友恵
出演:二宮和也、妻夫木聡、黒木華、菅田将暉、風吹ジュン、平田満、渡辺真起子、北村有起哉、野波麻帆、池谷のぶえ、後藤由依良 ほか

10月2日(金)より全国東宝系公開。

©2020 「浅田家!」製作委員会

公式サイト:https://asadake.jp/

Advertisement

佐々木誠

「日刊 情報プレス」編集者 (有)情報プレス社が発行する「日刊 情報プレス」は、映画業界のニュースやイベント、興行成績、劇場公開情報など、映画に関する様々な情報を掲載。また、Facebookページでは、【情報プレスα】(www.facebook.com/joho.press.jp)として、映画の舞台挨拶やイベントの模様を面白可笑しく掲載中。日々アップしている。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10