Aug 15, 2020 news

浜辺美波が憧れの青春を思い大粒の涙「もっと楽しんでおけばよかった」

A A
Advertisement

コラム 佐々木誠の『映画記者は今日も行く。』第230回


女優の浜辺美波が、8月14日に都内で行われた『思い、思われ、ふり、ふられ』の初日舞台挨拶に登壇した。

コロナ禍での映画公開に、浜辺(山本朱里役)は「色々なことがあったので、無事に公開できるのかな? とか、公開しても観に来てくれるのかな?とか不安もありました」と吐露しながら、「ただ、すでにたくさんの方が観てくれているようなので、無事に公開できた喜びを噛みしめています」と笑顔で挨拶していた。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』

また、撮影現場の雰囲気について浜辺は「良い意味で一体感がありましたね。みんな空気感が似ていて、『今日はやることがあるから早く帰ろう』ってなったら、みんなそれに向かって一気に全力を尽くしてくるんです」と明かすと、北村匠海(山本理央役)も「偶然にもみんなマイペースの血液型(B型)なんですよ。現場は温かいものがありながら、勢いもありましたね」と振り返り、三木孝浩監督とこの日のMCも血液型がB型であることが明らかになると、「先ほど取材して頂いた方もB型だったんですよ」と打ち明ける北村の言葉に、「引き寄せるんですかねぇ」と妙に納得する浜辺だった。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』

さらに、夏の理想のデートについて聞かれた浜辺は「夏祭りとかは一番憧れますよね。花火大会とか。ただ、地元だと知り合いがいたりして恥ずかしいので、浴衣を着た後にお面を被ってバレないように歩きたいです(笑)」と照れると、「年々、妄想の力が強まってるね(笑)」とツッコミを入れる北村に対し、浜辺は「お面とかは、なんとかレンジャーとか子ども向けのものが多いと思うので、私はネコとかキツネとかで相手はタヌキのお面とかがいいですね。もののけチックで楽しそう」と無邪気に笑っていた。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』

その後、スクリーンではキャスト陣の夏の思い出写真が投影され、当時のエピソードを交えてトークを行ったほか、Official髭男dismが歌う主題歌「115万キロのフィルム」にのせて、「みんなの115万枚のフィルムキャンペーン」の特別映像が映し出されると、「素敵だなぁ。私、中学校の時の写真がなくて。こんな青春いいなぁ。もっと楽しんでおけばよかったなぁ・・・」と、儚い青春時代を思い出し大粒の涙を流す浜辺だった。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』

舞台挨拶にはその他、出演の福本莉子、赤楚衛二が登壇した。

作品情報
『思い、思われ、ふり、ふられ』(東宝配給)

『思い、思われ、ふり、ふられ』(東宝配給)は、「ストロボ・エッジ」「アオハライド」などで知られる、人気漫画家・咲坂伊緒の同名コミックを原作に、同じマンションに住み、同じ学校に通う高校1年生の4人の男女それぞれが抱える思いを描いた青春恋愛スト
ーリー。

監督:三木孝浩
脚本:三木孝浩、米内山陽子
出演:浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二、上村海成、三船
海斗、古川雄輝、戸田菜穂  ほか

8月14日(金)より全国公開中。

©2020 「思い、思われ、ふり、ふられ」制作委員会 ©咲坂伊緒/集英社

公式サイト:https://furifura-movie.jp/

佐々木誠

「日刊 情報プレス」編集者 (有)情報プレス社が発行する「日刊 情報プレス」は、映画業界のニュースやイベント、興行成績、劇場公開情報など、映画に関する様々な情報を掲載。また、Facebookページでは、【情報プレスα】(www.facebook.com/joho.press.jp)として、映画の舞台挨拶やイベントの模様を面白可笑しく掲載中。日々アップしている。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10