Feb 04, 2018 news

高橋一生、同世代の俳優・斎藤工の監督としての姿勢に感服

A A
sasaki-top

コラム 佐々木誠の『映画記者は今日も行く。』第188回

俳優の高橋一生が、2月3日にシネマート新宿で行われた、映画『blank13』の初日舞台挨拶に登壇した。

DSC_8632

本作は、俳優の斎藤工が「齊藤工」名義でメガホンを執った長編監督デビュー作だが、その中で主演を務めたのが、斎藤とは同世代の高橋(【松田コージ】役)だった。“齊藤監督”について、高橋は「信頼して見守ってくれたことが何より嬉しかったです。僕も監督さんとして認識しながら仕事をしていて、とても心強かったです」と打ち明けると、「作品に入る前に、話し合いの場を設けてくださって、僕はそういうことが初めてだったので、『こういう映画が好きなんです』とか話したりしながら、工さんとはベクトルが一緒なんだと感じることもありました」と、斎藤工の監督としての姿勢に感服していた。

一方、斎藤は、今回のキャスティングについて「ここにいる松田家の皆さんは今回が初めましてだったんですが、僕が以前から一方的に心を動かされていた人たちというか、恋心を抱いていた人たちです。今回は半分ヤケクソでオファーさせて頂いたので、引き受けてくださったことに感謝しています」と、溢れる思いを口にしていた。

DSC_8558

その後、ステージでは、当日2月3日が「節分の日」ということにちなみ、“今年こそ呼び込みたい福”についてフリップで発表した登壇者たち。

この中で、フリップには何も書かず、まさにブランク(空白)の状態で臨んだ高橋は「ここに立っていること自体が幸福なことなので、あえてブランクにしてみました」と明かすと、斎藤をはじめとした共演者たちは「カッコイイ〜」と感嘆の声をもらしていた。

最後に、「映画が好きだからと言って良い映画が撮れるとは限りません。今回の映画に関しては、準備から撮影、そして仕上げまで、奇跡的なことがたくさんありました。だからこそ、必然的に作られたんだと心から思います。映画の神様に微笑んでもらった作品です」と、長編初監督作に感慨もひとしおといった様子の“齊藤工監督”だった。

なお、会場では、来場の観客の福も呼び込むべく、豆まきならぬ、“blank13ボールまき”が実施された。

舞台挨拶にはその他、出演の神野三鈴、リリー・フランキーが登壇した。

映画『blank13』(クロックワークス配給)

映画『blank13』(クロックワークス配給)は、放送作家のはしもとこうじの実話を基にした家族の物語を、俳優の斎藤工が「齊藤工」名義でメガホンを執った長編監督デビュー作。

監督:齊藤工 脚本:西条みつとし 出演:高橋一生、松岡茉優、斎藤工、神野三鈴、大西利空、村上淳、神戸浩、伊藤沙莉、川瀬陽太、くっきー、永野、ミラクルひかる、福士誠治、蛭子能収、杉作J太郎、波岡一喜、榊英雄、金子ノブアキ、佐藤二朗、リリー・フランキー ほか

佐々木誠

「日刊 情報プレス」編集者 (有)情報プレス社が発行する「日刊 情報プレス」は、映画業界のニュースやイベント、興行成績、劇場公開情報など、映画に関する様々な情報を掲載。また、Facebookページでは、【情報プレスα】(www.facebook.com/joho.press.jp)として、映画の舞台挨拶やイベントの模様を面白可笑しく掲載中。日々アップしている。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10