Dec 21, 2017 news

のん、筋力アップで次は“ゴリゴリのん”になる!

A A
sasaki-top

コラム 佐々木誠の『映画記者は今日も行く。』第175回

最近では女優以外の仕事も“手広く”行っているのんが、12月20日に新宿バルト9で行われた、映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の大ヒット記念トークイベントに出席した。

本作には出演していないのだが、作品の大ファンだというのん。11月に発売された月刊雑誌「映画秘宝」の表紙の“クボコスプレ”も話題となったことから、イベント当日は「映画秘宝」の岩田和明編集長とともに登場。和をテーマにした着物姿で会場のファンを魅了した。

また、SNS上には、映画を鑑賞した方々から「『この世界の片隅に』のような現象!」と、のんが声優キャストとして参加した作品と関連付けて絶賛する声もあがるなど、ある意味でこの『KUBO/クボ』という作品はのんと関わりが深い作品にもなっている。このような反応にのんは「作品への愛を持っている人が映画館に足を運んで、SNSでたくさん書いてくださるなんて素敵なことですね」と、喜びをあらわにしていた。

「映画秘宝」で実施している、のんの連載「ヒーローになりたい!」の一環として、今回はクボになりきって表紙を飾ったのんは、クボという主人公の魅力について「クボは少年だけど力強い感じに憧れました。是非やりたいと思ったんです」と明かすと、クボの“完コピ”の苦労に関しては「メイクさんや衣装さんが頑張ってくれたんですが、髪の毛の束感に気を遣いましたし、目の隠れ具合とかも難しかったです。あと、三味線も難しかったです」と吐露。 すると、ステージには撮影で実際に使用した刀が登場。久しぶりにそれを手にしたのんは「前より軽く感じますね。筋力がついたのかな?」と、マッスルポーズをとって筋肉をアピールしていた。

DSC_2929-1

前述の通り、今年1年は“手広く”活動し忙しい毎日を送ってきたのん。来年の目標について聞かれ「来年も余すところなく、やりたいことに突っ走っていきたいですね」と語ると、2018年1月1日の元日に、セカンドシングルとなる新曲「RUN!!!」を発売することもちゃっかりと宣伝していた。

さらに、「ワンダーのん」(ワンダーウーマン)、「サムライのん」(クボ)に続く新たな企画として、「男っぽいゴリゴリのやつがいいですね(笑)」と回答するのんに対し、「じゃあ次は“ゴリゴリのん”で(笑)」と、笑顔を見せる岩田編集長だった。

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(ギャガ配給)

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(ギャガ配給)は、アニメーションスタジオのライカが、中世の日本を舞台に、魔法の三味線と折り鶴を操る、勇敢で心優しい片目の少年の冒険を描いたストップモーションアニメ。

監督:トラヴィス・ナイト 脚本:マーク・ハイムズ、クリス・バトラー 声の出演:アート・パーキンソン、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、ルーニー・マーラ、レイフ・ファインズ、ジョージ・タケイ ほか 日本語吹替版声優キャスト:矢島晶子、田中敦子、ピエール瀧、川栄李奈、羽佐間道夫、小林幸子 ほか

佐々木誠

「日刊 情報プレス」編集者 (有)情報プレス社が発行する「日刊 情報プレス」は、映画業界のニュースやイベント、興行成績、劇場公開情報など、映画に関する様々な情報を掲載。また、Facebookページでは、【情報プレスα】(www.facebook.com/joho.press.jp)として、映画の舞台挨拶やイベントの模様を面白可笑しく掲載中。日々アップしている。