Aug 06, 2017

ニュース

山田孝之が欲しいスタンドは「すっごい綺麗な背の高い女性」

sasaki-top

コラム 佐々木誠の『映画記者は今日も行く。』第121回

俳優の山田孝之が、8月5日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章』の公開記念舞台挨拶に登壇した。

 

DSC_6892

 

「前日にお酒を飲みすぎて調子が悪い」とつぶやいていた、【片桐安十郎(アンジェロ)】役の山田。
舞台挨拶中も終始うつむきながら(いつものこと)、“仲間たち”の話を聞いていたのだが、【虹村形兆】役の岡田将生が喋り出すと、サッと顔を上げ心配そうにその様子を見つめていた。

現在大ヒットを続けている映画『銀魂』での、桂小太郎(岡田)とエリザベス(山田?)の関係性をそのまま見ているような。

山田は、出演したシーンの裏話を聞かれた時も岡田(虹村形兆)とのシーンを挙げ、「アンジェロと形兆のレストランのシーンの撮影では、レストランが狭くて、外の路地が待機場所だったんですけど、僕も含めてスタッフさんもアイコスを吸っている人が多くて、吸い終わったやつを捨てていたら、“ホームをレスしている”人が持って行ったんです。「アイコスだから吸えないよ」とずっと思いながらやっていたので、あのシーンは集中力が低いです」と語り、会場を笑わせていた。

 

DSC_6758

 

また、【山岸由花子】役の小松菜奈が「山﨑さんとは初めて共演したんですが、(山﨑さんは)現場でずっとハトを追い掛けてました(笑)。不思議な方だなぁって、それが印象的すぎて(笑)」と、主人公【東方仗助】役の山﨑賢人の天然エピソードに触れると、当の山﨑は「ちょっと覚えてないですね(笑)」と否定。しかし、「毎日毎日ステーキ食べてたから、そろそろ鳥食いてー!って言ってましたよ」と、追い打ちを掛ける山田だった。

 

DSC_6704

 

なお、『どんなスタンド能力が欲しい?』との問いに、【虹村億泰】役の新田真剣佑が頭を悩ませる中、【空条承太郎】役の伊勢谷友介は「君の後ろにスタンドが見えるんだよ!パパが。急に名字(新田)が付いたじゃん。「千葉じゃねーのかよ!!」って思ったわ!(笑)。お父さんが見えるのよ。「ハァ~」ってやってる」と、真剣佑の肩越しに父・千葉真一の姿を捉えていた。

ちなみに、同じ質問に山田は「僕はそんな大それたことは望まないです。すっごい綺麗な背の高い女性が出てくる能力が欲しいです」と、淡々と己の欲望を口にしていたのであった。

トーク終了後には、公開を記念して、仗助の紫色のリーゼントを模した「特製JOJOケーキ」がステージに登場したほか、フォトセッション時には、「JOJO玉(くす玉)割り」が行われ、玉の中から仗助の決め台詞である[グレートだぜ!]と書かれた垂れ幕が現れた。

舞台挨拶にはその他、三池崇史監督、出演の神木隆之介が登壇した。

 

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章』(東宝/ワーナー配給)

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章』(東宝/ワーナー配給)は、シリーズ累計発行部数1億部を突破する、荒木飛呂彦による大ヒットコミック「ジョジョの奇妙な冒険」を初めて実写映画化した作品。

監督:三池崇史
脚本:江良至
出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 ほか

公開中。

 

関連書籍

 

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 モノクロ版』 荒木飛呂彦 / 週刊少年ジャンプ

■電子書籍で購入する
Reader Storeはこちら
ブックパスはこちら

佐々木誠

「日刊 情報プレス」編集者 (有)情報プレス社が発行する「日刊 情報プレス」は、映画業界のニュースやイベント、興行成績、劇場公開情報など、映画に関する様々な情報を掲載。

また、Facebookページでは、【情報プレスα】(www.facebook.com/joho.press.jp)として、映画の舞台挨拶やイベントの模様を面白可笑しく掲載中。日々アップしている。

プロフィール詳細を隠す表示する