Jan 29, 2017 news

これが私の生きる道、ガッキーとは異なる飯豊まりえの存在

A A
Advertisement
sasaki-top

コラム 佐々木誠の『映画記者は今日も行く。』第28回

『きょうのキラ君』の完成披露試写会舞台挨拶が1月26日、イイノホールで行われた。 舞台挨拶には、川村泰祐監督、出演の中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈が登壇した。

DSC_1364

「高校生の時に経験できなかったことを、短時間でギュッと体験できました」

そう爽やかに語るのは、若手人気女優の飯豊まりえ。 本作『きょうのキラ君』では、クラス一の人気者に恋をする、真っ直ぐで純粋な女の子【岡村ニノン】、通称ニノを演じている。

DSC_1166 (1)

飯豊はサービス精神が旺盛で、この日も、カーテンにくるまってキスをするという、劇中の胸キュンシーンである[カーテンの刑]を、キラこと【吉良ゆいじ】役の中川大志と共に再現し、「生公開は緊張しましたぁ」と、照れてはいながらも、「皆さんキュンキュンしてくれました?」と、アピールも忘れずにしっかりとしていた。

さらに、ステージ上では、観客が持っていた「ハート♡つくって」というフリップを見つけるや否や、すぐさま手でハートを作ったり、手を振る観客に指差しポーズを見せたり、常に観客を楽しませ、会場を盛り上げるなど、宴会部長の気質をのぞかせていたのだった。

そんな飯豊は、ファッションモデルとして芸能界入りすると、その後は女優としても活躍。子役時代もあったが、スクリーンデビューを果たしたのは、2014年公開の戦隊モノ『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ  恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』(弥生ウルシェード役)であった。

世に出始めの頃は、その清楚なルックスとスタイルから、ガッキーこと新垣結衣に似ていると話題となり、飯豊本人も憧れの女性として新垣の名前を挙げていた。 だが、そのままだといつまでもガッキーと比較され、二番煎じと言われてしまいそうだが、2人には決定的な違いがある。

DSC_1235 (1)

それは、女優として悪役を演じられるかどうかだ。

ガッキーは、今でも正統派のヒロイン路線を突き進んでおり、好感度の高い演技で、世の男性たち、いや、女性たちをも虜にし魅了する。それを裏付けるかのように、“女性がなりたい顔”ランキングでは、北川景子、石原さとみらと並んで常に上位をキープしている。

対して飯豊は、女子高生たちには絶大な人気を誇っているが、まだまだ知名度的にはそんなに高くはない。しかし、彼女は正統派ヒロインの要素を持ちながら、それに加えて、悪役や性格の悪い役を演じることも多い。顔立ちや体格、醸し出す雰囲気は似ているのだが、ガッキーには「裏切り」や「いじめ」といったものが想像できない。一方で、飯豊にはそれがイメージでき、またそれがよく似合う。これまで何本か飯豊が“イヤな役”を演じているのを見たことがあるが、純粋に“上手い”と思った。

こんなことを書くと飯豊に対する悪口のように聞こえてしまうかもしれないが、そんなことは決してなく、プラスの意味でもマイナスの意味でも、似ていると言われるガッキーとの差別化が図れる、これが飯豊の持つ女優としての魅力、いわゆる個性であると思う。

DSC_1147 (1)

今回の『きょうのキラ君』では、クラスの人気者であるキラに恋をし、彼のある秘密を知ったことがきっかけで急接近していく、他人との関わり合いが苦手な女の子ニノを好演している飯豊。その可愛くて一途な姿に共感する女性も多く、川村泰祐監督によると「若い女性だけではなく、男性や家族で観ても楽しめる」そうだ。

演じる役の振り幅が広いというのは、役者にとって大きな強みとなる。飯豊まりえには、これからもヒロインもヒールも演じられる“達者な”女優として活躍していってほしい。

それが飯豊まりえの生きる道。

映画『きょうのキラ君』(ショウゲート配給)

映画『きょうのキラ君』(ショウゲート配給)は、他人と関わることが苦手な女の子が、クラスの人気者に恋をし、彼のある秘密を知ったことがきっかけで2人の仲が急接近していく様子を描いた、みきもと凜による人気コミックを実写映画化した作品。

監督:川村泰祐 脚本:中川千英子、松田裕子(脚本協力) 出演:中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈、川上洋平、岡田浩暉、三浦理恵子、安田顕、高橋茂雄(声) ほか

公式サイト http://kirakun.jp/

佐々木誠

「日刊 情報プレス」編集者 (有)情報プレス社が発行する「日刊 情報プレス」は、映画業界のニュースやイベント、興行成績、劇場公開情報など、映画に関する様々な情報を掲載。また、Facebookページでは、【情報プレスα】(www.facebook.com/joho.press.jp)として、映画の舞台挨拶やイベントの模様を面白可笑しく掲載中。日々アップしている。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10