Nov 04, 2021 news

河瀨直美がエグゼクティブ・プロデューサーを務めた 中国残留孤児の家族の絆を描く日中合作映画『再会の奈良』ポスタービジュアルが公開

A A

中国残留孤児の家族の絆を描いた日中合作映画『再会の奈良』が、日中国交正常化50周年の節目となる2022年2月4日 (金)よりシネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開が決まった。

2005年、生みの親を探すために日本へ帰国後、行方を消した“残留孤児”の養女・麗華。彼女を探すために、一人中国から奈良に住む孫娘のような存在、シャオザーを頼って訪れた陳ばあちゃん。そして、ひょんなことで知り合った元警察官の一雄が加わり、言葉の壁を越えて不思議な縁で結ばれた3人の切なくも心温まる麗華探しの旅が始まる。

公開された日本版オリジナル・ポスターでは、孤独な元警察官の一雄と養女・麗華を探しに単身中国からやって来た陳ばあちゃん、そしてシャオザーの3人が秋の奈良の紅葉を背景に並んで歩く姿が捉えられたビジュアルとなっている。

河瀨直美がエグゼクティブ・プロデューサーを務めた 中国残留孤児の家族の絆を描く日中合作映画『再会の奈良』ポスタービジュアルが公開

“今と未来、奈良と世界を繋ぐ”映画製作プロジェクト「NARAtive2020」から生まれた日中合作映画である本作。監督・脚本を手掛けたのは、中国出身のポンフェイ監督。ツァイ・ミンリャン監督の現場で助監督・共同脚本などを務め、ホン・サンス監督のアシスタントプロデューサーも務めた経験を持つ新鋭。エグゼクティブプロデューサーを務めるのは、『あん』(15)『朝が来る』(20)を手掛け、なら国際映画祭のエグゼクティブ・ディレクターでもある奈良出身の河瀨直美と、『長江哀歌』(06)『罪の手ざわり』(13)など中国映画「第六世代」を代表するジャ・ジャンクー。

麗華探しを手伝う一雄を演じる主演俳優には『哭声/コクソン』(16)『MINAMATA-ミナマタ-』(21)など近年、益々世界的に認知度を高めている國村隼。養女探しに奔走する養母には『妻の愛、娘の時』(17)ほか中国を代表する女優ウー・イエンシュー。シャオザーには中国で注目の若手女優イン・ズーと、物語の鍵を握る男に永瀬正敏が友情出演を果たし、シャオザーの元恋人には、劇団EXILEの秋山真太郎など日中を代表する実力派俳優の共演が実現した。

歴史に翻弄された“中国残留孤児”とその家族がたどる運命、互いを思い合う気持ちを、奈良・御所を舞台に切なくもユーモア豊かに紡いだ映画『再会の奈良』は、2020年の金鶏百花映画祭、東京国際映画祭など国内外の映画祭での上映を経て、日中国交正常化50周年の節目の年であり、北京冬季オリンピックを迎える2022年2月4日(金)よりシネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開。

作品情報
河瀨直美がエグゼクティブ・プロデューサーを務めた 中国残留孤児の家族の絆を描く日中合作映画『再会の奈良』ポスタービジュアルが公開
映画『再会の奈良』

2005年、中国から陳ばあちゃんが、孫娘のような存在のシャオザーを頼って一人奈良にやって来る。中国残留孤児の養女・麗華を1994年に日本に帰したが、数年前から連絡が途絶え心配して探しに来たというのだ。麗華探しを始めた2人の前に、ほんの偶然の出会いでしかなかったはずの一雄が、元警察官だったという理由で麗華探しを手伝うと申し出る。奈良・御所を舞台に、言葉の壁を越えて不思議な縁で結ばれた3人のおかしくも心温まる旅が始まる。異国の地での新たな出会いを通して、果たして陳ばあちゃんは愛する娘との再会を果たせるのか。

脚本・監督:ポンフェイ

出演:國村隼、ウー・イエンシュー、イン・ズー、秋山真太郎、永瀬正敏

エグゼクティブプロデューサー:河瀨直美、ジャ・ジャンクー

配給:ミモザフィルムズ

© 2020 “再会の奈良” Beijing Hengye Herdsman Pictures Co., Ltd, Nara International Film Festival, Xstream Pictures (Beijing)

2022年2月4日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開 / 1月28日(金)より奈良県にて先行上映

公式サイト saikainonara.com