Mar 30, 2021 news

放送開始60年 みんなのうた60 生放送 ~バースデースペシャル!~ 出演者決定!

A A
otocotoニュース

4月3日は「みんなのうた」第一回目の放送が始まり、そして還暦のバースデーとなる!この日に特番で生放送!

放送開始60年を記念し、一年を通して「みんなのうた」の魅力を余すこと無くお届けする「みんなのうた60」プロジェクト。
1961年4月3日、「みんなのうた」第一回目の放送が始まり、還暦のバースデーとなるこの日に、特番で生放送

放送開始からちょうど60年。めまぐるしく変化を遂げた時代にあっても、いつも私たちのそばに寄り添ってきた「みんなのうた」。
視聴者から寄せられた思い出メッセージをエピソードと共に紹介し、一人一人の心に響いたうたの魅力をお伝えする。

また、竹内まりやさんを始め、石丸幹二さん、ハマ・オカモトさんなど、番組にゆかりのあるアーティストの皆さんが、「みんなのうた」への思いを語り尽くす。
「みんなのうた」がクリエイターとしての出発点であると語る新海誠監督のインタビューは必見!大貫妙子さん、財津和夫さん、堺正章さん、中井貴一さん、水野良樹さん、LiSAさんからのお祝いメッセージもご紹介!

そして、小田和正さんによる、みんなのうた60記念ソング「こんど、君と」は、小田さんのレコーディング映像と4月から放送がスタートする半崎信朗さんとのアニメーションとで構成される、当番組だけのスペシャルバージョン!

さらに、山本彩さんが自身が担当した「ぼくはおもちゃ」を歌唱!
また、「みんなのうた」を見て育ち、楽曲にも参加した川島明(麒麟)さんが、林田アナと映像の魅力を解説する“深掘り”コーナーを。

また、総再生回数11億回超えの人気Youtuber KOBASOLOさんに番組が依頼して、編曲・撮影・演奏・編集まで全て行ったカバー動画「みんなのうた60KOBASOLOセレクション」を紹介

WEB世代にも響く、斬新な映像表現で、「みんなのうた」の新たな魅力を引き出す。

みんなのうた60 生放送 ~バースデースペシャル!~

みんなのうた オープニングタイトルが4月から変わります!

2002年より、20年近く放送されてきたオープニングタイトルが、この2021年4月「みんなのうた60年」を機に、新しい音楽と映像にリニューアルされることはお伝えしておりましたが…

音楽:富貴晴美さんアニメーション:杉本晃佑さんによって、番組の新しい「顔」となる10秒間のオープニングタイトルが完成!

どんなものかは…3月29日から「みんなのうた」HPに掲載されている「スペシャル動画~ココ見て!~」で一足先にご覧になるか、4月1日以降、番組でチェック!

【テーマ音楽】
富貴晴美(ふうきはるみ):作曲家・編曲家・ピアニスト
2013年「わが母の記」で、第36回日本アカデミー賞優秀音楽賞を最年少で受賞。映画音楽、ドラマ、CMからアーティストの楽曲提供まで、多数の作曲・編曲を手掛ける。NHKでは2014年連続テレビ小説『マッサン』、18年、大河ドラマ『西郷どん』の音楽などを担当。

【映像(アニメーション)制作】
杉本晃佑(すぎもとこうすけ):映像作家・ディレクター
アニメーション、実写、3DCG、モーショングラフィックスなどを用いた映像と音楽を緻密に融合された映像・ストーリー構成を得意とし、MV、CM制作などで活躍。「みんなのうた」では2018年「しんかいぎょのまち」、20年「月下美人」を担当。

放送開始60年 みんなのうた60 生放送 ~バースデースペシャル!~ 出演者決定!
みんなのうた60 生放送~バースデースペシャル!~

4月3日(土)午後7時~7時55分(生放送)
※NHKプラスでも配信
司会:井ノ原快彦・林田理沙アナウンサー
ゲスト:石丸幹二、川島明(麒麟)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、山本彩
コーナー出演:阿部涉アナウンサー
コメントゲスト:大貫妙子、財津和夫、堺正章、新海誠、
竹内まりや、中井貴一、水野良樹、LiSA
カバー企画出演:KOBASOLO、藤川千愛、こぴ、えみい
映像出演:小田和正(「こんど、君と」スペシャルバージョン)

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10