Apr 26, 2021 news

『ミナリ』第93回アカデミー賞 助演女優賞をユン・ヨジョンが受賞!!

A A
otocotoニュース

“韓国の国民的おばあちゃん”ユン・ヨジョン
73歳にして歴史的快挙達成!
韓国人俳優初となるオスカー獲得!!

アメリカンドリームを胸に、逞しく生きる家族の物語は辛口批評サイトRotten Tomatoesで完全無欠の100%(2021.01.29現在)!評論家からも「監督のパーソナルな物語が大きな感動と共感を与えている」と大絶賛されている。さらには、サンダンス映画祭でのグランプリ・観客賞受賞を皮切りに、世界の映画祭で<観客賞>を総なめ!これまで275ノミネート、99受賞(※TOP10選出含む/2021年4月26日現在)を記録している。

日本時間、本日4月26日(月)に第93回アカデミー賞授賞式が行われ、『ミナリ』のユン・ヨジョンが助演女優賞を受賞

コロナの影響で例年より1か月遅れで開催されたアカデミー賞授賞式。多くの授賞式がリモートやバーチャルで行われてきた中、対面式で行われた本イベントには、各候補者やプレゼンテーターのブラット・ピットやホアキン・フェニックス、ハリソン・フォード、リース・ウィザースプーンなどセレブが集結!密を避けるため招待人数を減らし、ロスアンゼルスのダウンタウンにあるユニオン駅に会場を設け、ドルビーシアターほか、世界各地の会場を多次元でつなぐ異例の開催となった。

見事、助演女優賞を受賞したユン・ヨジョンは、ブラックのドレスにシルバーのアクセサリーをあわせたシックな装いで登場。プレゼンテーターのブラット・ピットに「ブラット・ピットさん、やっとお目にかかれて嬉しいです。タルサで撮影していたとき、どこにいらしたんです?お会いできてとても光栄です」とコメントし、会場を沸かせた。また、名前の発音をよく間違われることに自ら触れ、「今夜は何と呼ばれても構いませんよ、許しましょう(笑)」とユン・ヨジョン節炸裂!会場の空気を和やかにした。初のオスカー獲得については「私に投票して下さったアカデミー会員の方々に大いなる感謝をしたいと思います。素晴らしい『ミナリ』のファミリーです。スティーヴン、アイザック、イェリ、ノエル、アラン。私たちは家族になりました。そして何より、リー・アイザック・チョン、彼がいなければ私はここにいません」と感謝を述べた。韓国人俳優の助演女優賞受賞は初の快挙!アジア人では64年ぶり2人目となり、歴史に残る偉業達成となった。

『ミナリ』
© 2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.

ユン・ヨジョン スピーチ全文
ブラット・ピットさん、やっとお目にかかれて嬉しいです。タルサで撮影していたとき、どこにいらしたんです?お会いできてとても光栄です。ご存知のように私は韓国出身です。私はユン・ヨジョンというのですが、ヨヨンとかユジョンとも呼ばれます。今夜、何と呼ばれても構いませんよ、許しましょう。(笑)
私は地球の反対側で暮らしているんです。いつもテレビでアカデミー賞授賞式を見ていました。私たちにとって(アカデミー賞授賞式は)テレビ番組でした。でも実際、ここに来ることができました。とても信じられません。では落ち着きます。私に投票して下さったアカデミー会員の方々に大いなる感謝をしたいと思います。素晴らしい『ミナリ』のファミリーです。スティーヴン、アイザック、イェリ、ノエル、アラン。私たちは家族になりました。そして何より、リー・アイザック・チョン、彼がいなければ私はここにいません。私たちのキャプテンで監督でした。感謝します。心から感謝します。私は競争というものを好ましく思いません。どうして私がグレン・クローズさんに勝つことができましょう。何度も彼女の演技を拝見してきました。5人のノミ二―がいます。それぞれの作品の勝者です。異なる役柄を演じました。ですので、競争などふさわしくありません。私は多分少し運が良かっただけなんだと思います。少しだけラッキーだったんです。アメリカン・ホスピタリティ、おもてなしという気持ちかもしれませんね。韓国人俳優に対してへの。ありがとうございます。仕事のために家を空けさせてくれた2人の息子に感謝したいと思います。愛する息子よ、(オスカー像を掲げて)これがママが一生懸命仕事をした結果よ!そして、(私が出演した)最初の監督キム・ギヨンにも捧げたいと思います。天才的な監督であり、ともに、最初の映画を作り上げました。彼は誇らしく思ってくれたと思います、生きていれば。みなさんに心から感謝申し上げます。

『ミナリ』は全国公開中。

『ミナリ』ポスター
© 2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.
映画『ミナリ』

【STORY】
1980年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民のジェイコブは、アメリカ南部のアーカンソー州の高原に、家族と共に引っ越してきた。荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカは、いつまでも心は少年の夫の冒険に危険な匂いを感じるが、しっかり者の長女アンと心臓に病を持つが好奇心旺盛な弟のデビッドは、新しい土地に希望を見つけていく。まもなく毒舌で破天荒な祖母も加わり、デビッドと一風変わった絆を結ぶ。だが、水が干上がり、作物は売れず、追い詰められた一家に、思いもしない事態が立ち上がる──。

【作品情報】
■タイトル:ミナリ
■原題:MINARI
■全米公開日:2021年2月12日
■2020年/アメリカ
■脚本&監督:リー・アイザック・チョン
■出演:スティーヴン・ユァン、ハン・イェリ、アラン・キム、ネイル・ケイト・チョー、ユン・ヨジョン、ウィル・パットンほか
■配給:ギャガ
■上映時間:116分
■公式サイト:gaga.ne.jp/minari
© 2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved. 

『ミナリ』は全国公開中。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10