Mar 09, 2021 news

3月9日お誕生日おめでとう!ジュリエット・ビノシュ主演最新作『5月の花嫁学校』5月28日公開!

A A
otocotoニュース

良き妻の条件。それは「わきまえること」ではなく「自由であること」!

『5月の花嫁学校』

マルタン・プロヴォ監督の最新作「La bonne épouse」(原題) 「How to be a good wife」(英題)改め、邦題『5月の花嫁学校』が、5月28日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国公開。3月9日に57歳のお誕生日を迎えるジュリエット・ビノシュ演じる花嫁学校の先生と生徒たちがエントランスに笑顔で並ぶポスタービジュアルと、レトロなインテリアやファッションがカラフルでキュートな場面写真も解禁。

【場面写真1】

1967年、アルザス地方の花嫁学校。パリから届いた”自由“の風に乗り、先生と生徒たちの革命がはじまる!?
フランスの名女優たちが奏でるカラフル&キュートな人生讃歌!

アカデミー賞(助演女優賞)や世界3大映画祭で女優賞を制覇した大女優ジュリエット・ビノシュ主演最新作は、ビノシュ史上最もキュートなコメディに挑戦。『セラフィーヌの庭』でセザール賞主演女優賞を受賞したヨランド・モローと、セザール賞主演女優&助演女優賞に6度もノミネートされているノエミ・ルヴォウスキーとともに繰り広げる名女優たちのパワフルな演技が話題を呼びフランスで初登場1位を獲得した。監督には、セザール賞で7部門を制した『セラフィーヌの庭』(08)や、大女優カトリーヌ・ドヌーブを起用した『ルージュの手紙』(17)で知られるマルタン・プロヴォ。今年度セザール賞では、助演女優賞(ヨランド・モロー、ノエミ・ルヴォウスキー)、助演男優賞(エドゥアール・ベール)、衣装、美術と合わせて5つノミネートされている。

【場面写真2】

5月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

『5月の花嫁学校』
©CHOCO Media Co.,Limited
映画『5月の花嫁学校』

【ストーリー】
1967年。美しい街並みと葡萄畑で有名なフランスのアルザス地方にあるヴァン・デル・ベック家政学校では、”完璧な主婦”を育成させるため今年も18人の少女達が入学した。ある日、校長のポーレット(ジュリエット・ビノシュ)は、経営者である夫の突然の死をきっかけに学校が破産寸前であることを知り、なんとか窮地から抜け出そうと奔走する。そんな中、パリで“5月革命”が勃発。フランス全土に抗議運動が広がってゆくのを目の当たりにしたポーレットや生徒たちは、これまでの自分たちの考えに疑問を抱き始め、ある行動に出ることを決意。果たして新生ヴァン・デル・ベック家政学校の運命やいかに!?

【作品情報】
監督・脚本:マルタン・プロヴォ (『ルージュの手紙』『セラフィーヌの庭』)
出演:ジュリエット・ビノシュ(『真実』『私の知らないわたしの素顔』)
ヨランド・モロー(『セラフィーヌの庭』『神様メール』)
ノエミ・ルヴォウスキー (『PLAY 25年分のラストシーン』『カミーユ、恋はふたたび』)
2020年/フランス/フランス語/109分/シネスコ/5.1ch/原題: La bonne épouse /英題:How to be a good wife/日本語字幕:井村千瑞/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム
© 2020 – LES FILMS DU KIOSQUE – FRANCE 3 CINÉMA – ORANGE STUDIO – UMEDIA        
オフィシャルHP:5gatsu-hanayome.com

SHARE