Jul 13, 2022 news

清野菜名×松坂桃李W主演 映画『⽿をすませば』杏がカバーする名曲にのせた本予告映像が公開

A A

1989年、柊あおい先⽣が少⼥コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した⻘春恋愛漫画「⽿をすませば」。読書が⼤好きな中学⽣の⼥の⼦・⽉島雫が、夢に向かって⽣きる男の⼦・天沢聖司に想いを寄せていく健気な姿が共感を呼び、1995年、その名作漫画をスタジオジブリがアニメ映画化し、⼤ヒットを記録。その後地上波でも度々放送され、⻘春映画の⾦字塔として、多くの⼈々の胸に刻まれた。そんな伝説的漫画が実写化した、映画『⽿をすませば』。

この度、本予告映像&本ビジュアルが公開された。主題歌は杏がカバーする名曲「翼をください」に決定。誰もが知る名曲を杏が澄み渡る歌声で、爽やかに歌い上げ、物語を彩る。

清野菜名×松坂桃李W主演 映画『⽿をすませば』杏がカバーする名曲にのせた本予告映像が公開

今回の実写映画では、漫画・アニメ映画で描かれた中学⽣時代の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が加わった。⼤⼈になった⽉島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李がW主演で演じ、中学⽣時代の2⼈には安原琉那、中川翼が抜擢された。監督はヒットメーカーの平川雄⼀朗が務める。

「チェロ奏者になるのが夢なんだ」「聖司君がイタリアに⾏ってる間、私もっと勉強して書くから。物語」と、中学時代に固い約束を交わしてイタリアへ旅⽴った聖司と、⽇本に残った雫。10年後、チェロ奏者として活動する聖司と、児童書の編集者として働きながら物語を書き続けていた雫は、お互いの存在を⼼の⽀えに夢に向かって⾛り続けていた。しかし、仕事で⼤きなミスをしてしまった雫は、⼈⽣の答えを求め、ある場所へと向かう。予告映像では、地球屋に訪れバロンとの再会を果たす清野演じる雫の姿や、チェロを演奏する松坂演じる聖司の姿などが。また、地球屋の店主と雫が⽿に⼿を当て、⼼の声に⽿を傾ける姿なども⾒られる。

追加キャストには、雫が働く出版社の部⻑に⾳尾琢真、先輩役に松本まりか、後輩に中⽥圭祐、そして、雫が担当を受け持つことになる作家・園村役を⽥中圭。また、雫の両親を⼩林隆、森⼝瑤⼦が演じ、さらに松坂演じる聖司の祖⽗であり地球屋の店主でもあるおじいさんを近藤正⾂が演じる。

7月15日(金)より発売開始されるムビチケカードは、バロンがこちらに真っ直ぐに視線を向け、その美しい瞳に吸い込まれてしまいそうな感覚を覚える印象的なデザインとなっている。

清野菜名×松坂桃李W主演 映画『⽿をすませば』杏がカバーする名曲にのせた本予告映像が公開

映画『⽿をすませば』は、10月14日(金)より全国公開。

作品情報
清野菜名×松坂桃李W主演 映画『⽿をすませば』杏がカバーする名曲にのせた本予告映像が公開
映画『耳をすませば』

読書が大好きな中学3年生の月島雫は、同級生・天沢聖司と出会う。最初の印象は最悪だったが、夢を追う聖司に次第に惹かれていく雫。聖司も小説家になるという雫の夢を知り、彼女に想いを寄せ始める。そして2人は「お互いきっと、夢を叶えよう」と誓い合う。そして、10年の月日が流れ‥‥24歳になった雫は、出版社で児童小説の編集者になっていた。小説家になる夢はあきらめ、本を売るために必死な毎日。一方、夢を追い続けて海外で暮らす聖司との間には、いつの間にか距離が生まれていて――

監督・脚本:平川雄一朗

原作:柊あおい「耳をすませば」(集英社文庫<コミック版>刊)

出演:清野菜名、松坂桃李、⼭⽥裕貴、内⽥理央 / 安原琉那、中川翼、荒⽊⾶⽻、住友沙来、⾳尾琢真、松本まりか、中⽥圭祐、⼩林隆、森⼝瑤⼦ / ⽥中圭、近藤正⾂

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹

©︎柊あおい/集英社 ©︎2022『耳をすませば』製作委員会

2022年10月14日(金)より全国公開

公式サイト mimisuma-movie