Sep 28, 2022 news

「映画には警告の意味もある」振り込め詐欺の実態をリアルに描く 映画『声/姿なき犯罪者』の撮影の裏側

A A

近年深刻化する犯罪のひとつである振り込め詐欺を韓国で初めて描き、2021年9月に韓国公開され、オープニング成績1位の大ヒットを記録したピョン・ヨハン主演のリアル犯罪アクション、映画『声/姿なき犯罪者』。

この度、主演のピョン・ヨハン、キム・ムヨルらキャストとキム・ソン&キム・ゴク監督らスタッフが振り込め詐欺の実態をリアルかつダイナミックなアクションで描いた本作撮影の裏側を語るメイキング映像が公開された。

韓国検察庁の発表では、2020年の韓国国内で起きた振り込め詐欺被害件数は約4万件、被害額は約7,000億ウォン(日本円にして約700億円)に上る。特に近年振り込め詐欺は進化し、SNSやスマホアプリ等が使われ、手口が巧妙になりつつある。

被害が多発する犯罪を題材にし、韓国で初めて映画化したのは、『ホワイト:呪いのメロディー』(11)等を手掛けた双子の兄弟監督キム・ソン&キム・ゴク。韓国の知能犯罪捜査隊に取材し、徹底したリサーチで完成させたリアリティのあるストーリーは観客を魅了し、公開初週の興行成績はマーベル作品『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を抜いてNo.1を記録した。

メイキング映像冒頭、振り込め詐欺の被害にあった妻や同僚たちのために詐欺グループに立ち向かう元刑事ソジュンを熱演したピョン・ヨハンが「韓国では振り込め詐欺の電話がよくかかってきます」と驚きの実情を話す。その上で「映画には警告の意味もある」(キム・ゴク監督)と語るように、まず徹底したリサーチを行い振り込め詐欺の実態を一から勉強したという。

「映画には警告の意味もある」振り込め詐欺の実態をリアルに描く 映画『声/姿なき犯罪者』の撮影の裏側

そして「とても緻密で組織的」な犯人の手口や相手をだますために使われるシナリオも細部まで再現。劇中、振り込め詐欺組織の責任者で極悪非道なクァクを演じたキム・ムヨルも「(被害者がかかってきた電話を怪しんで)リコールしても、また電話が行き(犯人たちの)シナリオどおりに進む」と説明し、できるだけ現実的に描こうとした製作陣と俳優たちの熱演で、観る者を一気に物語に引き込んでいく。

また、「中国の閉鎖されたショッピングモールを改造しているという設定で、そこで欲望を抱く人々が詐欺を働く」というコンセプトのもとに作り上げられたコールセンター本拠地のセットも迫力満点で、監視者を演じたパク・ミョンフンも「コールセンターのセットがリアルで驚いた」と語る。

「映画には警告の意味もある」振り込め詐欺の実態をリアルに描く 映画『声/姿なき犯罪者』の撮影の裏側

さらに、ピョン・ヨハンが「アクションに感情を込めた」と身体を張ったアクションシーン撮影の様子も映し出される。「悪者を倒せるほどの肉体を作るためにアクション監督と厳しい訓練をした」と明かし、アクション監督も「ピョン・ヨハンさんが代役なしで演じた。キャラクターにピッタリで自己犠牲が徹底した俳優」と絶賛。

一方で、巨大な詐欺組織の総責任者クァクを演じたキム・ムヨルは「極悪だが魅力的」で二面性のあるキャラクターを怪演。ピョン・ヨハンとの激しいバトルも見どころで、「お互いのポジションが分かる。息がぴったりでした」と語り、撮影の合間には役柄を離れた2人の満足気な笑顔もみられる。

映画『声/姿なき犯罪者』は、10月7日(金)より新宿武蔵野館他にて全国公開。

作品情報
「映画には警告の意味もある」振り込め詐欺の実態をリアルに描く 映画『声/姿なき犯罪者』の撮影の裏側
映画『声/姿なき犯罪者』

釜山の建設現場で働く従業員たちにかかってきた電話。振り込め詐欺によって娘の治療費からマンションの支払いまで、沢山の人々が大金を失った。現場の作業員として働くソジュンは、前職は刑事という異色の経歴を持つ。彼は愛する妻と同僚の30億ウォンを取り戻すため、振り込め詐欺犯を追跡しはじめる。犯人の手がかりを掴み、中国のある建物へ侵入するソジュンだったが、そこでは組織化された巨大な詐欺集団が総責任者クァクの指示で毎日多額の振り込め詐欺を行っていた。愕然とするソジュンだったが、300億ウォン規模の新たな詐欺計画を知り、元刑事の正義感に再び火が付き、ひとり巨悪に挑む。

監督:キム・ソン&キム・ゴク

出演:ピョン・ヨハン、キム・ムヨル、キム・ヒウォン、パク・ミョンフン、イ・ジュヨン

配給:ツイン

© 2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED

2022年10月7日(金) 新宿武蔵野館ほかにて全国公開

公式サイト koe-voice.jp