Dec 16, 2022 news

岸井ゆきの、三浦友和が語るケイコの魅力 映画『ケイコ 目を澄ませて』

A A

第72回ベルリン国際映画祭ほか21の映画祭に出品され、世界が熱視線を送る三宅唱監督の最新作、映画『ケイコ 目を澄ませて』。

この度、耳の聞こえないボクサー・ケイコを演じた岸井ゆきのと、ケイコが通うジムの会長を演じた三浦友和のインタビューと本編を織り交ぜた特別映像が解禁された。

映像は目元に大きな絆創膏を貼ったケイコの横顔から始まる。痛々しくもあるがどこか美しい彼女のその傷は、勝利を収めた試合で負った勲章だ。そんなケイコに「いつまでボクシングを続けるの?もう十分じゃないの?」とたどたどしい手話で伝える母親の表情には、娘を心配する不安な気持ちが滲み出ている。

この母親からの言葉を皮切りに、ケイコは自分が夢中になれることを周りに反対されながらこれからも続けていって良いのかと、今後の自分の人生について思いを巡らせるようになる。

岸井はそんなケイコとの共通点について、好きなもの・ことに対する想いこそが似ていると分析し、「ケイコがボクシングに向ける情熱や想い、執着は、私が映画に賭ける想いだったり執着に似ていると思いました」と明かしている。

また、性格の部分では口下手なところに共感するそうで、「ケイコは手話言語を使ったとしてもお喋りでは無いんです。でも思うことは沢山あるじゃないですか。けれど喋ることで消化するというような性格では無いので、想いだけが募っていく。それを書き留めることを私はよくします。ケイコも書き留めるという作業をするんです」と明かす。

岸井ゆきの、三浦友和が語るケイコの魅力 映画『ケイコ 目を澄ませて』

岸井の話す通り、ケイコは自分の感情を文字や絵でノートに書き留めるが、会長に向けての手紙はたった一行で終わるのだった。それは彼女が一人で抱えこみ、悶々と悩みぬいた末の苦渋の決断。

その手紙を受け取ることになる会長を演じた三浦友和は、ケイコという人物について「ケイコは特別な人でもないし、これはサクセスストーリーでも無いし。ボクサーは選手寿命も短いし。でも、そこにものすごく賭けている人、そこから何かを得ようとしている人。何かを見つけ出して生きる糧にしたいと思っている人」と表現。

ケイコに寄り添う会長を演じた三浦ならではのケイコ論であるが、本編ではケイコと会長の2ショットが何とも微笑ましい。並んでシャドーボクシングをする2人の姿には、目に見えない確かな絆が感じられる。

人生の岐路に立つ一人の女性の姿。誰しもが経験するであろう挫折や葛藤、そして焦がれるほどの夢。ケイコが最後に見る希望とは?映画『ケイコ 目を澄ませて』は、全国公開中。

作品情報
岸井ゆきの、三浦友和が語るケイコの魅力 映画『ケイコ 目を澄ませて』
映画『ケイコ 目を澄ませて』

嘘がつけず愛想笑いが苦手なケイコは、生まれつきの聴覚障害で、両耳とも聞こえない。再開発が進む下町の一角にある小さなボクシングジムで日々鍛錬を重ねる彼女は、プロボクサーとしてリングに立ち続ける。母からは「いつまで続けるつもりなの?」と心配され、言葉にできない想いが心の中に溜まっていく。「一度、お休みしたいです」と書き留めた会長宛ての手紙を出せずにいたある日、ジムが閉鎖されることを知り、ケイコの心が動き出す。

監督:三宅唱

原案:小笠原恵子「負けないで!」(創出版)

出演:岸井ゆきの、三浦誠己、松浦慎一郎、佐藤緋美、中原ナナ、足立智充、清水優、丈太郎、安光隆太郎、渡辺真起子、中村優子、中島ひろ子、仙道敦子 / 三浦友和

配給・ハピネットファントム・スタジオ

©2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

2022年12月16日(金) テアトル新宿ほかにて全国公開

公式サイト happinet-phantom.com/keiko-movie/

SHARE