Dec 06, 2021 news

CLAMP×蜷川実花監督×神木隆之介×柴咲コウ 映画『ホリック xxxHOLiC』特報映像が公開

A A

累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミックを原作に、『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が初の実写映画化に挑む映画『ホリック xxxHOLiC』。

この度、本作の特報映像が公開された。

映像内では、人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生:四月一日(神木隆之介)が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる【ミセ】(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子(柴咲コウ)と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様子が描かれている。さらに、四月一日の同級生で、アヤカシを祓う者・百目鬼(ドウメキ/松村北斗)、同じく四月一日の同級生でアヤカシに憑かれる者・ひまわり(玉城ティナ)も登場。

そして追加キャストとして、願いを叶える【ミセ】の女主人・侑子と一緒に暮らす謎の少女・マルダシ役に、独特の世界観で音楽シーンを彩り続けているアーティスト、DAOKO。同じく【ミセ】で暮らす少女・モロダシ役には、多くのファッション誌でモデルとして活躍する一方、女優としても唯一無二の繊細な存在感を放つモトーラ世理奈。侑子を慕い、四月一日になついていく、いつも二人で過ごす通称マル・モロを可愛らしく演じている。

また、本作の音楽を担当するのは、電子音楽作品からピアノソロ、オペラ、映画音楽、サウンド・インスタレーションなど、多岐に渡るジャンルで、世界的に活躍する渋谷慶一郎。近年では映画『ミッドナイトスワン』の音楽を担当し、第75回毎日映画コンクール・音楽賞、第30回日本映画批評家大賞・映画音楽賞をダブル受賞し話題となった。全編、先鋭的かつ壮大なエレクトロニック・ミュージックが、本作をより激しく美しく彩っている。

そして、ストーリーのキーとなる“アヤカシ”のサウンドデザインをサウンドアーティストのevalaが担当、立体音響の技術を駆使した音像が映画館を駆け抜け、渋谷とはドバイ万博でも共演が予定されている仏教音楽・声明の演奏家、藤原栄善の声が強力にフィーチャーされるなど、通常の映画音楽の枠を逸脱した多層的な展開となっている。

CLAMP×蜷川実花監督×神木隆之介×柴咲コウ 映画『ホリック xxxHOLiC』特報映像が公開

映画『ホリック xxxHOLiC』は2022年4月29日(金・祝)より全国公開。

作品情報
CLAMP×蜷川実花監督×神木隆之介×柴咲コウ 映画『ホリック xxxHOLiC』特報映像が公開
映画『ホリック xxxHOLiC』

人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視えてしまう孤独な高校生・四月一日(ワタヌキ)。その能力を消し去り普通の生活を送りたいと願う四月一日は、ある日、一羽の蝶に導かれ、不思議な【ミセ】にたどり着く。「どんな願いも叶えてあげる。ただし、それに見合う対価をいただく」。妖しく美しい【ミセ】の女主人・侑子(ユウコ)は、四月一日の願いを叶えるために、彼の“一番大切なもの”を差し出すように囁く。四月一日は、侑子のもとで暮らし【ミセ】を手伝うように。やがて同級生の百目鬼(ドウメキ)やひまわりとも仲を深めていき、悩みを抱えた人々と出会ううち、想像を超える大事件に巻き込まれていく。

監督:蜷川実花 

出演:神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗、玉城ティナ、DAOKO、モトーラ世理奈

原作:CLAMP「xxxHOLiC」(講談社「ヤングマガジン」連載)

配給:松竹 アスミック・エース 

©2022映画「ホリック」製作委員会 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

2022年4月29日(金・祝) 全国公開

公式サイト xxxholic-movie.asmik-ace.co.jp