Aug 26, 2022 news

俳優犬・ベックが田中圭にキス‥‥など“可愛すぎるNG”にキャスト・スタッフ陣もメロメロ!映画『ハウ』

A A

初共演シーンから相性の良さが光ったベックと田中のように、劇中のハウと民夫の絆も次第に深まり、いつしかかけがえのない存在になっていく。しかし、アクシデントからハウが遠方に運ばれてしまい、2人は離れ離れに‥‥。ハウは大好きな民夫にもう一度会いたい一心で、長い道のりを目指すことになる。

そんなハウが道中で出会うのが、それぞれ悩みや孤独、悲しみを抱えた女性たち。長澤樹演じる、震災の風評被害に心を痛める女子中学生の麻衣は、無人駅でハウとダンスをするという印象的なシーンに登場。ベックを指導したドッグトレーナーの宮も、本作で大変だった撮影に挙げるほどのシーンで、長澤とベックが入念なリハーサルを重ねた成果が出ていると太鼓判を押している。長澤は難易度の高い本シーンに不安も抱いていたというが、「ベックが元気に走り回って背中の上も飛んでくれて。おかげで楽しく踊れました!」と撮影を振りコメント。

俳優犬・ベックが田中圭にキス‥‥など“可愛すぎるNG”にキャスト・スタッフ陣もメロメロ!映画『ハウ』

同じくハウが道中で出会うのが、宮本信子演じる、夫を亡くし一人傘屋を営む志津。ベックと宮本の共演シーンからは、布団で眠りにつく志津にハウがそっと寄り添う場面のオフショットが到着。通常の犬であれば、大勢のスタッフの中で静かにじっとすることは至難の業だが、ベックは宮の指示に従い、たくさんのカメラに囲まれながら、そっと宮本を見守る“静”の演技を堂々披露!宮本はもともと犬が苦手だったが、人懐っこく利口なベックにはすぐに魅了された様子。共演シーンでもベックの見事な佇まいに感動すると共に、撮影が終わる頃にはすっかり大ファンになっていたようだ。

俳優犬・ベックが田中圭にキス‥‥など“可愛すぎるNG”にキャスト・スタッフ陣もメロメロ!映画『ハウ』

もう一人ハウが旅の中で出会う女性が、モトーラ世理奈演じる、DV被害を受け修道院に保護されているめぐみ。実はハウと意外な関わりのあるキーパーソン。モトーラは役柄を考慮し、本当はベックに触りたいところをぐっと抑え、撮影現場では一定の距離を取り続けていたという。しかし、ベックとの写真撮影中に突然頬を舐められ思わず笑顔に。どこか影のあるめぐみ役とは打って変わって、喜びが溢れ出した瞬間の表情は必見。

俳優犬・ベックが田中圭にキス‥‥など“可愛すぎるNG”にキャスト・スタッフ陣もメロメロ!映画『ハウ』

最後に登場するのは、ハウと民夫の河原のシーンのオフショット。「ハウ!」と両手を構え待ち構える田中のもとへベックが飛び込んでいくかと思いきや、ベックはその横をさっと走り抜けてしまう。「なんで避けるんだよ~!」とじゃれつき、慣れた様子で愛おしそうにベックを撫でる田中と、嬉しそうにしっぽを振り続けるベック。その姿は、お互いを心から愛する、まるでハウと民夫そのもの。

俳優犬・ベックが田中圭にキス‥‥など“可愛すぎるNG”にキャスト・スタッフ陣もメロメロ!映画『ハウ』
作品情報
俳優犬・ベックが田中圭にキス‥‥など“可愛すぎるNG”にキャスト・スタッフ陣もメロメロ!映画『ハウ』
映画『ハウ』

婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎えていた市役所職員・赤西民夫。上司からの勧めで、飼い主に捨てられて保護犬になってしまった真っ白な大型犬を飼うことになってしまう。犬はワンと鳴けず「ハウッ」というかすれた声しか出せない。とびっきり人懐っこいこの犬を、民夫は“ハウ”と名付け、1人と1匹の優しくて温かい日々が始まった。いつしかかけがえのない存在となっていったハウと民夫の最高に幸せな時間はずっと続くと思っていたのだが‥‥そんな時、突然ハウが姿を消す。果たして、ハウと民夫はもう一度再会することができるのか。そこには、優しすぎる結末が待っていた。

監督:犬童一心

原作:「ハウ」斉藤ひろし(朝日文庫)

出演:田中圭、池田エライザ、野間口徹、渡辺真起子、モトーラ世理奈、深川麻衣、長澤樹、田中要次、利重剛、伊勢志摩、市川実和子、田畑智子、石田ゆり子(ナレーション)、石橋蓮司、宮本信子

配給:東映

©2022「ハウ」製作委員会

公開中

公式サイト haw-movie.com