Aug 26, 2022 news

俳優犬・ベックが田中圭にキス‥‥など“可愛すぎるNG”にキャスト・スタッフ陣もメロメロ!映画『ハウ』

A A

『ゼロの焦点』、『のぼうの城』などで日本アカデミー賞監督賞を受賞、日本を代表する映画監督・犬童一心と、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などで同賞脚本賞を受賞、『余命1ヶ月の花嫁』、『キセキ ーあの日のソビトー 』など、人と人との温かい繋がりや大切な人への想いを丁寧に描き続け、本作の原作者でもある斉藤ひろしが初のタッグを組み、〈人と犬の絆〉を描く感涙必至の感動作、映画『ハウ』。

主人公の民夫を演じるのは、田中圭。そして、もう1匹の主人公・ハウを演じるのは、『南極物語』、『ハチ公物語』、『クイール』、『犬と私の10の約束』など数々の名だたる犬映画のドックトレーナーとして活躍し続けている宮忠臣から、本格トレーニングを受け、監督をも唸らせる演技を披露した俳優犬のベック。

この度、ベックと田中を始めとする豪華キャスト陣のオフショット映像が公開された。無邪気で愛おしいベックの可愛すぎるNGシーンを筆頭に、“人と犬の絆”が伝わる心温まる映像。

映像は、ベックと田中が初めて共演したシーンのオフショットからスタート。婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎えていた市役所職員・赤西民夫(田中)は、上司の鍋島史郎(野間口徹)とその妻・麗子(渡辺真起子)が住む家に招かれる。そこで真っ白な保護犬を紹介され飼うことになり、「ハウ」と名付けて1人と1匹の優しくて温かい日々が始まる‥‥という、ハウと民夫の出会いのシーン。

持ち前のオープンマインドで瞬く間にベックと心を通わせた“犬派”の田中を始め、野間口と渡辺も大の犬好きということから、撮影現場の雰囲気は終始穏やか。ベックはブンブンしっぽを振るほど上機嫌で、なんと撮影本番中に田中に突然キスするという可愛すぎるハプニングも。思わず渡辺が「2人ともがめっちゃ可愛かったね!」と声を上げるほど、予期せぬベックの“NG”にキャスト・スタッフも満面の笑みを浮かべていた。

俳優犬・ベックが田中圭にキス‥‥など“可愛すぎるNG”にキャスト・スタッフ陣もメロメロ!映画『ハウ』
俳優犬・ベックが田中圭にキス‥‥など“可愛すぎるNG”にキャスト・スタッフ陣もメロメロ!映画『ハウ』