Oct 19, 2022 news

笠松将、吉岡里帆ら第2弾キャスト解禁!世界を震撼させるヴィレッジ・サイコスリラー ドラマ『ガンニバル』

A A

2018年の連載開始以来、累計発行部数200万部を超える二宮正明が放つ衝撃のサスペンスコミック「ガンニバル」をディズニープラス「スター」日本発オリジナルシリーズとして実写ドラマ化。その衝撃の内容から実写化が困難と言われてきた本作のために国内トップクラスのスタッフが集結。主演に柳楽優弥を迎え、息も尽かせぬ緊迫感で放つ戦慄のヴィレッジ・サイコスリラー超大作、ドラマ『ガンニバル』が12月28日(水)より日本を始めとする世界各国で配信予定となっている。

この度、本作の第2弾キャスト情報が解禁された。柳楽演じる主人公 大悟の家族・阿川家のメンバーと、ある事件をきっかけに大悟が駐在として左遷された供花村(くげむら)を支配する後藤家の面々といった大悟を取り巻く本作の重要なキャストたち。

後藤家は、本作の舞台となる都会から遠く離れた山間にある供花村(くげむら)を支配する一族。次期当主・後藤恵介役を演じるのは笠松将。マイケル・マンがエグゼクティブプロデューサーとして参加し話題を呼んだ、WOWOW×ハリウッド共同制作作品「TOKYO VICE」への出演や、2月より公開した主演映画『リング・ワンダリング』がロングラン上映するなど輝かしい活躍ぶりを見せる笠松が演じる後藤恵介は、代々続く村の掟を忠実に守る非常に冷静沈着な男だが、後藤家を守るためには何をするかわからない危うさを持つ役柄で、柳楽演じる阿川大悟との緊迫感溢れる対峙にも注目。

大悟の妻・阿川有希(ゆうき)役を務める吉岡里帆は、第43回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞、以来数々の映画やドラマに出演。最近では映画『ハケンアニメ!』で新人アニメ監督を演じたのが記憶に新しい。主演の柳楽とは、「ゆとりですがなにか」(NTV/2016年4月クール)以来およそ6年ぶりの共演、そして母親役を演じるのは映画『泣く子はいねぇが』以来2度目。そんな吉岡が演じる有希は優しい妻であり、母親であると同時に気が強く、家族にとって頼りがいのある存在。大悟とともに供花村に引っ越してくるが、慣れない環境で家族を支えるという重要な役割を担う。また、ある事件をきっかけにしゃべることができなくなり、笑うこともなくなってしまった娘の阿川ましろ役を志水心音が務める。8歳にして、心に重荷を抱える難しい役どころを見事に演じている。

生前は後藤家の当主で恵介の祖母・後藤銀役に、唯一無二の存在感で数々の作品を牽引してきた倍賞美津子。銀は供花村で後藤家代々に伝わる村の掟を守ってきた鉄の女で、森で謎の歯型を付けた状態で死んでいるのが見つかるが、死因不明のままとなっている。

さらに、恵介の父で供花村の村長を務める後藤清役に、その怪演で数々の作品を盛り上げてきた六角精児、恵介の弟・後藤洋介役に『半世界』でヨコハマ映画祭最優秀新人賞、ならびに高崎映画祭最優秀新進男優賞を獲得した杉田雷麟(らいる)、その他、恵介の同級生・後藤岩男役にミュージカル界での活躍はもちろん来年の大河出演が決定するなどドラマ・映画での活躍が目覚ましい吉原光夫、恵介の幼なじみ後藤龍二役に片山慎三監督の長編監督デビュー作『岬の兄妹』にも出演した中村祐太郎、後藤家の中で特に凶暴な性格の後藤睦夫役を『検察側の罪人』など出演作で強烈なインパクトを与える酒向芳が務める。

一方、村人のリーダー的存在として後藤家から大悟たちを守ろうと、暖かく村へ迎え入れるさぶ役に、俳優として数々の映画・ドラマに出演し、ベーシストという肩書も持つ中村梅雀、大悟たちが赴任する前、謎の失踪を遂げた前任駐在の娘・狩野すみれ役には映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』や、ディズニープラスのドラマ「拾われた男」で様々な顔を見せる北香那が供花村の謎を深めていく。


【コメント】

■笠松将
原作の面白さをより強く感じてもらえる映像作品になることを志しました。 「後藤恵介」というキャラクターの葛藤が、撮影中の自分自身の葛藤ともリンクして、迷いながらも少しずつ答えを出していったように思います。いや、答えを出すしか無かったという方が適切かもしれません。そうやって追い込まれたことを、自分でも自然と受け入れて、僕を更に高みに引き上げてくれる「後藤恵介」を演じられたことが、30歳を迎える僕にとっていい出会いでした。楽しみにしていただけると幸いです。

■吉岡里帆
日本各地に残る祭りや儀式といった独自の文化や風習と、ファンタジー色の融合が絶妙な本作。原作を読んだ時の“身の毛がよだつ”という感覚を映像に落とし込める事にワクワクしました。家族の再生物語というベースを大切にしながら、現場では主演の柳楽優弥さんを筆頭に監督やスタッフの皆さんと丁寧に撮影してきました。
先日東京国際映画祭への正式出品が決まったとの報告を聞き、これ以上ない場所でワールドプレミアを行えることが本当に嬉しいです。サスペンスとしての構造と、バイオレンス描写のオリジナリティ、登場人物達の心の揺れ方はきっと原作ファンの方にも初めて作品に触れる方にも前のめりになりながら見て頂けるのではないかと思っております。

作品情報
笠松将、吉岡里帆ら第2弾キャスト解禁!世界を震撼させるヴィレッジ・サイコスリラー ドラマ『ガンニバル』
ドラマ『ガンニバル』

舞台は、都会から遠く離れた山間にある「供花村(くげむら)」。警察官の阿川大悟は、ある事件を起こして供花村の駐在として左遷され、犯罪とは無縁の穏やかなこの土地で家族と静かに暮らしていた。しかし、一人の老婆の奇妙な死をきっかけに、彼は少しずつ村の異常性に気付いて行く。そして、“この村では人が喰われているらしい”という、衝撃の噂を耳にする。穏やかな日常を次第に狂気が蝕んでいく‥‥。

監督:片山慎三、川井隼人

原作:『ガンニバル』二宮正明(日本文芸社刊)

出演:柳楽優弥、笠松将、吉岡里帆、北香那、杉田雷麟、志水心音、中村祐太郎、吉原光夫、六角精児、酒向芳、中村梅雀、倍賞美津子

© 2022 Disney

2022年12月28日(水) ディズニープラス「スター」にて独占配信

公式サイト disney.co.jp/program/gannibal

SHARE