Feb 03, 2022 news

映画『フレンチ・ディスパッチ』ロケハンの様子や撮影現場に迫る特別映像が公開

A A

ウェス・アンダーソン監督の記念すべき長編第10作目、映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』。1月28日(金)に全国131スクリーンで公開を迎えた本作は、公開3日間(1/28~1/30)で動員31,609人、興収46,368,160円を記録。初日興収は13,683,300円を稼ぎ出しており、これまで最高記録だった『グランド・ブダペスト・ホテル』(最終興収3.5億)を上回り、ウェス・アンダーソン監督作品史上最高の初日興行収入を記録する大ヒットスタートを切った。

この度、ロケ地となったフランスのアングレームでのロケハンの様子や、町並みがたちまちウェス・アンダーソンの世界へと変貌していく過程、そして実際の撮影現場に迫る特別映像が公開された。

本作にぴったりなロケ地を見つけるために、フランス各地を探し回ったというウェスは「街から一歩も出ずに街にあるものだけを利用して全編を撮影できる街だ」とアングレームを説明し、美術のアダム・ストックハウゼンも「階段も坂道もすべてが完璧だった」と語る。しかし最初は、フランスの架空の街を舞台に短編のストーリーが次々と展開されるという脚本にスタッフの誰もが衝撃を受けたようで、編集のアンドリュー・ワイスブラムは「“出来るの?”とすぐウェスに聞いたよ(笑)」、ストックハウゼンも「最初はかなりパニックだった」と当時立ちはだかった壁を振り返る。様々な試行錯誤を経て、第三話「警察署長の食事室」に登場する誘拐犯のアジトはアングレームの街中に一からビルを建て、第一話「確固たる名作」に登場する刑務所をはじめとする様々なセットは街の工場跡を改造した撮影セットで撮られていくなど、アングレームの街を丸ごと活用し、大規模な撮影が進行。ウェスも「アングレーム全体が野外撮影所だった」と振り返っている。

映画『フレンチ・ディスパッチ』ロケハンの様子や撮影現場に迫る特別映像が公開
映画『フレンチ・ディスパッチ』ロケハンの様子や撮影現場に迫る特別映像が公開

また、1000人を超えるアングレームの住民もエキストラとして参加。さらには漫画のメッカとしてフランスで有名なアングレームにはアニメーション学校もあり、第三話「警察署長の食事室」で登場するアニメーションのシーンは現地の人や学生を雇って制作された。メイキングにはエキストラ一人一人に敬意を込めて握手をするウェスの姿も切り取られており、ウェスは「彼らはいわばパートナーだ」と明かしている。

映像には、ティルダ・スウィントンの実の伴侶で芸術家のサンドロ・コップが、劇中に登場するモーゼスの絵画を制作する様子や、一時停止のシーンでは後からデジタル編集をすることなく本当にその場で“だるまさんがころんだ”をすることとなり、和気あいあいとしたキャストたちの姿と、隅から隅までリアルなものにこだわったウェス・アンダーソンらしい撮影風景が映し出される。モーゼス役のベニチオ・デル・トロも「映像や美術表現へのこだわりが強い。細部にまでこだわり抜かれた小道具、衣装、カメラワークがとてもユニークで、いかにもウェスらしい。全てが別次元だ」と太鼓判を押すほど。

映画『フレンチ・ディスパッチ』ロケハンの様子や撮影現場に迫る特別映像が公開

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』は、全国公開中。

作品情報
映画『フレンチ・ディスパッチ』ロケハンの様子や撮影現場に迫る特別映像が公開
映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

ウェス・アンダーソンによる活字文化とフレンチ・カルチャーに対するラブレター。20世紀フランスの架空の街にある米国新聞社の支局で活躍する、一癖も二癖もある才能豊かな編集者たちの物語。ストーリーは三部構成で展開し、画面のいたるところにはウェス・アンダーソンらしいユニークな演出が散りばめられている。

監督・脚本:ウェス・アンダーソン

出演:ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメ、リナ・クードリ、ジェフリー・ライト、マチュー・アマルリック、スティーヴン・パーク、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、クリストフ・ヴァルツ、エドワード・ノートン、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストンほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

公開中

公式サイト searchlightpictures.jp