Mar 05, 2022 news

りりあ。のEDテーマ初披露! 映画『バブル』特別映像が公開

A A

日本が世界に誇る最高峰のクリエイターが集結した映画『バブル』。世界に降り注いだ泡〈バブル〉によって、重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う、グラビティ・アクション・ラブストーリー。

本作のヒロイン・ウタの声優に大抜擢となった りりあ。 は、2019年秋頃よりTikTokやYouTubeで顔出しなしで弾き語り投稿を始めるとそのエモーショナルな歌声と豊かな表現力が話題となり、幅広い年代からフォローと絶賛コメントが殺到。今では、SNSだけに留まらず、総SNSフォロワー数170万人を超えるほどの多くのファンの支持を集めている、唯一無二の存在であり、次世代を担うクリエイターとして、今最も注目されているアーティスト。

そんな、 りりあ。 が手掛けたエンディングテーマ曲「じゃあね、またね。」が初披露となる特別映像が公開された。ヒビキとウタの出会いから、無垢な笑顔でヒビキに語りかけるウタ、そんなウタに徐々に惹かれていくヒビキ、お互いが愛おしい存在として心を通わせる2人の、切なさと美しさが際立つ。

楽曲について、 りりあ。 は「ウタとヒビキがもし現代に存在したら、と想像して、2人のやり取りや、現代にいたらどんな感じなのかを想像しながら作りました」とコメントするように、自身が演じたウタに寄り添って作られた楽曲。圧倒的なエモーショナルな映像美で、観る者を一瞬にしてスクリーンの中に没入させるグラビティ・アクションが展開される中で、言葉を知らない謎の少女ウタと主人公ヒビキの〈淡い恋〉が描かれる。「じゃあね、またね。」のTikTokでの先行配信が本日よりスタート(CMサイズ)。楽曲のフルサイズのリリースに関しては、現在まだ未定。

りりあ。のEDテーマ初披露! 映画『バブル』特別映像が公開

監督はアニメ「進撃の巨人」のアクション映像で瞬く間にその名を轟かせた荒木哲郎。荒木監督が川村元気プロデューサーとタッグを組み、脚本・虚淵玄、キャラクターデザイン原案・小畑健、音楽・澤野弘之、といった超豪華スタッフとともに作り上げ、第72回ベルリン国際映画祭にも正式出品された。制作を担うのは、アニメファンから絶大な信頼を得るWIT STUDIO。透明感あふれる至極の美麗映像と、本スタジオの真骨頂ともいうべき縦横無尽なカメラワークで描破する怒涛のハイスピードバトルが炸裂する。

声優陣には、主人公・ヒビキ役に志尊淳、バブルを調査する科学者・マコト役に広瀬アリス。また、荒木監督作品で重要なキャラクターを担当してきた宮野真守、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、井上麻里奈、三木眞一郎ら、人気実力派声優たちも出演。

映画『バブル』は5月13日(金)に全国公開、NETFLIX版として4月28日(木)に全世界配信。

作品情報
りりあ。のEDテーマ初披露! 映画『バブル』特別映像が公開
映画『バブル』

舞台は世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。ライフラインが閉ざされた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。そして、2人にだけ特別な音が聞こえた‥‥。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。二人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。

監督:荒木哲郎

脚本:虚淵玄[ニトロプラス]

キャラクターデザイン原案:小畑健

音楽:澤野弘之

制作スタジオ:WIT STUDIO

声優:志尊淳、りりあ。、宮野真守、梶裕貴、畠中祐

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2022「バブル」製作委員会

劇場版:2022年5月13日(金) 全国公開
NETFLIX版:2022年4月28日(木) 全世界配信

公式サイト bubble-movie.jp