Jun 11, 2019 interview

前田敦子、“幸せ”な黒沢清監督の現場と“毎日が初挑戦”の日々を語る

A A

実は人も優しくて治安も良いロケ地

──1カ月間、ウズベキスタンで撮影されたそうですが、行く前と行った後で何か印象は変わりましたか?

お話をいただいた時はウズベキスタンのことを何も知らなかったので、まずいろいろ調べてみたんです。そしたらわりと観光スポットのような場所がたくさんあって、実際に訪れたら予想以上に素敵な街だったので嬉しくなりました。まだ日本ではそこまで観光地として浸透していないので、なぜだろうと不思議に思うほどでした。

──ウズベキスタンのどんなところが素敵に感じましたか?

まず、治安が悪い場所が一切ないんです。監督はキラキラした素敵な場所ではなく、暗くて危険に感じるような場所で撮りたかったみたいですが、一生懸命に探した結果、リアルに危ない場所はなかったそうです。劇中では地下道のシーンが少し怖い場所に映っていますが、実際はそこまで怖くなくて、裏道に入ると子ども達が遊んでいてほっこりしました。あと劇中に、葉子が川に入るシーンがありますが、あの川の前の家に住んでいる方が心配して「足が冷えるでしょ。休んでいきなさい」と、私を家に招いてくださったんです。その家の庭にすごく大きなさくらんぼの木が生えていて、さくらんぼを摘んで「食べて」と出してくださって。「なんて素敵なの!! 嘘でしょ?」って心の中で叫びました(笑)。人も優しいし治安も良いので、女の子同士での旅行でもオススメです!

──買い物もされましたか?

刺繍の入った小物入れ、アクセサリーなどを買いました。中でも伝統工芸品のシルバーアクセサリーは安くて可愛くて、お土産としてもたくさん買いました。

──加瀬さんやディレクター吉岡役の染谷将太さん、AD佐々木役の柄本時生さんたちと街に食事に出かけたりすることもありましたか?

基本的には昔から仲良しの時生と行動を共にしていました。移動に三日かかったりするので、新しい街に着くと一回休憩が入るんです。なのでみんなでカフェを探したり。そういえば、時生と二人でウズベキスタン料理を食べに行ったはずが、結局ロシア料理の店だったということもありました(笑)。そんな私たちのために加瀬さんがいろいろと調べてくれて、「このお店がいいよ」と教えてくださって、頼りになるお兄さんという感じでした。染谷くんは出発早々「早く帰りたい」って寂しそうに言っていて、誰よりもホームシックになっていて可愛いかったです(笑)。あと、みんなバラバラに街へ出かけても、街中で偶然バッタリ会ってしまうなんてこともありました。撮影や移動を含めていろんな場所に行けたので、1カ月間とても充実していて楽しかったです。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10