Jan 18, 2022 interview

米倉涼子×綾野剛×横浜流星が語るNetflixシリーズ「新聞記者」の衝撃と初共演の想い

A A

“藤井組”が生み出す緊張感

――米倉さんは藤井監督とは初めて組まれましたが、いかがでしたか?

米倉 初めてお会いしたときに、こんなイケメンが映画界にいるんだって思いました。それだけですね、って言うのはウソですけど(笑)、「思ったように演じてくださって良いので」って言ってくださったので、そうかと思っていたら、いざ撮影に入ると粘り強くて一歩も引かない。

綾野 藤井監督の常套手段ですね(笑)。

米倉 私は映画ってほとんどやってこなくて、地上波のドラマが多いので、本当に新しい世界に飛び込んだなという気がしました。しかも今回、私は全員と初めましてだったんです。知ってる人が1人もいなかったので。2人は監督と一緒にやられているじゃないですか?

綾野 僕は『ヤクザと家族』が終わった後も、ずっと親交があったので、「新聞記者」に入るときも、ちょっとだけ精神的には余白がありました。藤井さんはカメレオン監督じゃないかと思うぐらい、作品によって演出が変わる。

米倉涼子×綾野剛×横浜流星が語るNetflixシリーズ「新聞記者」の衝撃と初共演の想い

――横浜さんも、『青の帰り道』など、藤井作品には何本も出演されていますね。今回の亮役は、藤井監督が自分を投影した思い入れのあるキャラクターです。

横浜 最初にこの話をもらったときに、いちばん描きたかったことだと言われて、本当に嬉しいことだなと感じましたし、同時に相当な覚悟が必要だなって感じていました。監督は良い作品を作るためには本当に妥協をしない人なので身を任せられるし、毎回知らない自分をたくさん引き出してくれる人です。だからこそ、演出は毎回違うんですよね?

綾野 そう。現場に立つと、「新しいことへの探求」というところから始まる。やっぱりゼロからなんですよ、いつも。

米倉 私はリレーションシップを取ることもしたいし、自分の役にも没頭したいんだけど、「ここはどうなるの?」「こっちはなに?」って戸惑いもあって、ものすごく緊張しました。

綾野 藤井組は、毎回芝居のことだけ考えられる環境だと思います。監督もそこをすごく大事にしてくれている。各部署に対するリスペクトと、各部署を信じる。そこに真価があるような気がします。

米倉 今回ご一緒させて頂いて、藤井組は藤井組として捉えていかなきゃいけないんだろうと思うんですけど、すごく不思議な組だなって率直に思いました。だから「みんな静かにしてるな‥‥」とか余計なことを考えないで(笑)、今度は自分の役だけに没頭してもう一回リベンジしたいな。次は大丈夫です、きっと(笑)。今回の藤井組の私は本当の姿じゃないんです!

綾野 はい(笑)。

米倉涼子×綾野剛×横浜流星が語るNetflixシリーズ「新聞記者」の衝撃と初共演の想い

取材・文 / 吉田伊知郎
撮影 / 吉田周平

作品情報
米倉涼子×綾野剛×横浜流星が語るNetflixシリーズ「新聞記者」の衝撃と初共演の想い
Netflixシリーズ「新聞記者」

“新聞業界の異端児”と呼ばれる社会部記者が、現代社会のタブーに挑む。大ヒット映画『新聞記者』がオリジナルシリーズとして新たに生まれ変わる。

監督:藤井道人

出演:米倉涼子、横浜流星、吉岡秀隆、寺島しのぶ、吹越満、田口トモロヲ、大倉孝二、田中哲司、萩原聖人、柄本時生、土村芳、小野花梨、橋本じゅん、でんでん、ユースケ・サンタマリア、佐野史郎、綾野剛

Netflixにて独占配信中

公式サイト www.netflix.com/新聞記者