Feb 02, 2017

インタビュー39

“清澄会議”の内容はトップシークレット!? 映画『咲-Saki-』浜辺美波×浅川梨奈スペシャル対談

saki-02

 

新進気鋭の若手女優・アイドル・モデルらが集結したことで話題を呼んでいる『咲-Saki-』。先だって放送されたテレビドラマに続いて、2月3日(金)にはいよいよ劇場版が公開となる。“女子高生×麻雀”というユニークな設定で、麻雀の全国大会を目指すヒロインたちのピュアな想いや友情がぎゅっと詰まった青春映画に仕上がっている。映画初主演となる「宮永咲」役の浜辺美波とその同級生「原村和」役を演じた浅川梨奈に、初挑戦の麻雀での苦労や共演者とのエピソードなどを語ってもらった。

 

原作にあるセリフは一言一句間違えられない

 

──『咲-Saki-』は“女子高生×麻雀”という異色の作品です。出演が決まった時、不安や戸惑いはありませんでしたか?

浅川 座長からお願いします!

浜辺 ふふっ(笑)。からかってる?

浅川 からかってないよ!(笑)

浜辺 麻雀には触れたこともなかったし、ルールもまったく分からなかったので、楽しみな気持ちと不安な気持ちの両方がありました。「どういう作品になるんだろう?」って。ドンジャラなら小さな頃に触ったことはあったんですけど、麻雀とは違いますからね。

浅川 私もAKB48さんのドンジャラを持っています! 私は原作漫画を知っていたんですけど、麻雀のルールを理解せずに読んでいたので、ちゃんと理解して読んでおけばよかったなと後悔しました。麻雀は難しいイメージがあったし、牌も触ったことのない初心者の私が本当にできるのかな?という不安は大きかったですね。

 

saki-03

 

浜辺 うん。でもルールを勉強していくと、基本は牌を3・3・3・3・2で揃えることだと分かって、「意外と難しくないんだ!」と思いました。

浅川 そう! だから、実際に遊んでみて麻雀のイメージも変わったし、オセロや将棋は小さな頃から触れているのにどうして麻雀だけ遊んだことがなかったんだろう?って逆に不思議になりました。

 

saki-04

 

──麻雀自体はすんなり受け入れることができたんですね。

浅川 はい。演じてみて難しかったのは、麻雀を打つ手つきですね。私が演じる和ちゃんは中学生チャンピオンになるくらい麻雀が強い子だから、手つきが慣れていないとリアリティーがないと思ったんです。だから、ルールを覚えることは大前提で、スムーズに打つことに集中して演じました。

──麻雀に詳しい人なら、手つきだけでレベルが分かってしまいますもんね。

浅川 『咲-Saki-』ファンの方はきっと麻雀に詳しい方が多いでしょうし、そこに関してはとても慎重でした。ちなみに、ドラマ版で本来ならマナー違反の“強打ヅモ”を私がするシーンは、監督さんから「映像作品なので、できるだけ強く!」という指示があったので、ワザとやっています。Twitterでも視聴者の方が指摘されていたんですけど、あれはそういう演技ですから!(笑)

──細部まで監督とすり合わせながら撮影していたんですね。

浅川 かなりこだわって撮影しました。あと、原作に載っているセリフに関しては一言一句間違えたらダメだと言われました。

 

saki-05

浜辺 現場には常に原作本が置いてあったんですよ。

浅川 例えば(助詞の)「と」と「も」が違うだけでもカットがかかって、その都度原作を持ってきてセリフをチェックしたり。監督さんもスタッフさんもキャストも、原作をリスペクトして作り上げたという印象があります。

浜辺 私も、原作の咲ちゃんは不思議で天然なところがかわいいので、その原作のイメージを大切に考えて演じました。

──ドラマも映画も、原作を忠実に映像化していますよね。

浅川 ファンの方も「ここまで再現度が高いんだ!」と言ってくださって、とてもうれしかったです。

 

saki-06

 

座長をやり切って、変わることができた

 

──浜辺さんは『咲-Saki-』が初主演作になります。先ほども浅川さんに「座長」と呼ばれていましたが。

浜辺 自分ではまったく意識していなかったんですけど、最初に監督さんに「座長だよ」と言われて気付いて、「どうすればいいんだろう?」と戸惑いました。でも、浅川さんや清澄のメンバーをはじめ、たくさんの方の支えがあって、大変だった1か月の撮影を乗り切れたと思います。最終日の打ち上げで助監督さんに「座長をやり切ったことで、変わったね」と言っていただいて、とてもうれしかったのを覚えています。

 

saki-07

 

──浅川さんから見た、浜辺さんの“座長”っぷりは?

浅川 私たちはお互い人見知りで、最初は全然しゃべらなかったんですよ。

浜辺 ふふふ、そうですね(笑)。

浅川 すごくおしとやかで、「私なんかが話しかけちゃいけないのかな」と思うくらいだったんです。でも実際に撮影に入ってみると、よく笑うし、本当におちゃめな子でした。それに、演技の面でも美波ちゃんから学ぶことがたくさんあったんです。刺激をもらって、「私はまだまだだな」って改めて思いました。美波ちゃんが座長だったから『咲-Saki-』をきれいに撮り終えることができたし、美波ちゃんと一緒にお仕事することができて本当によかった!

浜辺 いや~……(照)。

浅川 『咲-Saki-』で注目してほしいポイントは、美波ちゃんの“目”! 本当にきれいで、純粋で真っすぐな目をしているんですよ。私も見つめられるとニヤニヤしちゃうから、演技中はニヤニヤしないように自分の手をつねっていたくらいで(笑)。ドラマが放送されて、Twitterなどで「咲ちゃん、かわいい!」という声がたくさん上がっているのを見ると、なぜか私が「でしょ!?」と誇らしい気持ちになりました(笑)。

 

saki-08

 

──では、浜辺さんから見た浅川さんは?

浜辺 本当に素敵な方です。私はあまりしゃべるのが得意じゃないので、浅川さんのトーク力はすごいと思っています。それに、1歳差とは思えないくらいしっかりしているし……。

浅川 しっかりしてるかなぁ?(笑)

浜辺 清澄のメンバーと仲良くなれたのも、浅川さんがいてくれたからなんですよ。だから、私も浅川さんのようになりたい! 本当に尊敬しているし、今日も隣にいてくれてすごく安心しています!

浅川 普段は私のことを「ななちゃん」って呼ぶのに、取材の時は絶対に「浅川さん」なんですよ。そこがまたかわいい! 私、美波ちゃんにベタ惚れなんです! 最初全然しゃべらなかったのがウソみたい(笑)。

浜辺 そうだね~!

浅川 最初はお互いマネージャーにピッタリくっついていたのにね。仲良くなってからは、私はマネージャーをほったらかして美波ちゃんのところによく行っていました(笑)。

 

saki-09

 

“清澄会議”の内容は秘密です(笑)

 

──ぐっと距離が縮まったきっかけは?

浅川 合宿のシーンの撮影ですね。撮影の合間に“清澄会議”と称して、清澄の5人(浜辺、浅川、廣田あいか、古畑星夏、山田杏奈)で集まって円になってずっとガールズトークをしていたんですよ。そこでみんなと仲良くなれました。

──トークの内容は?

浜辺 ……ここではちょっと話せないですね(笑)。

浅川 うん。秘密です!

 

saki-10

 

──(笑)。『咲-Saki-』では清澄メンバーの絆が描かれていますが、皆さんも“清澄会議”などを通じて友情を深めていったわけですね。

浅川 撮影スケジュールがタイトだったんですけど、それを乗り切れたのは清澄のみんながいてくれたからだと思っています。すごく楽しい現場だったんですよ! 合間にみんなでおしゃべりをして、笑ってリフレッシュできたからこそ、撮影にも集中して挑めました。だから、他の4人には本当に感謝しています。

浜辺 疲れていてもみんなが面白い話をしてくれたので「よし頑張ろう!」という気持ちになれました。

浅川 スケジュールが押して「(撮影が)全然終わらない~!」って時もあったけど、それすらも楽しかったよね?(笑) 終わったらみんなで「やっと終わった~!」って言って温泉に行ったりして。

浜辺 団結力はすごかったよね!