Jan 30, 2018 interview

綾瀬はるか×坂口健太郎、初共演作で「ジーンとした」シーンとは? 映画への想いから意外な愛読書までを明かす

A A

 

映画愛溢れる今作で参考にしたのは「“王女”と検索して出てきた作品」「ヘップバーンの映画」(綾瀬)

 

──坂口さんから見た美雪は、どんな魅力のある女性だと思いますか?

坂口 健司としてではなく、僕から見た美雪ってことですよね。僕は好きです。ワガママだし、その辺にある物で叩いてくるし(笑)、なんで健司はそこまで美雪が好きなんだろうって疑問だったこともあったのですが、美雪のことを理解していくにつれて、すごく可愛いなと思ってしまったんですよ。そうしたら美雪の行動や言動の全てが許せてしまって。

──綾瀬さんは、健司をどう思いました?

綾瀬 私も、健司みたいな男性は好きです。優しいし、真っ直ぐだし。悩んだり、迷ったりもするけど、美雪への想いを貫く覚悟をする時に見せる男らしさもギャップがあってかっこいいですよね。

 

 

──今作は、古今東西の名作映画への愛あるオマージュを感じる場面が多く登場しますが、参考にした作品などがあればお伺いしたいです。

綾瀬 私は王女の役なので、どうしたら王女らしく見えるのか、ドレスを着ての立ち居振る舞いを研究するための作品を観ました。「王女」と検索して出てきた作品とか(笑)。あとはオードリー・ヘップバーンの作品は観ました。監督にも、「もうちょっと凛として欲しい」と言われたりもしたので、そのあたりを特に重点的に勉強しようと思って、所作や仕草も参考にさせてもらいました。

坂口 僕は、ラブコメ作品と聞いていたので、撮影に入る前は、コメディ作品を何本か観ていました。でも実際に健司を演じてみると、彼の醸し出す面白さっていうのは、単に面白可笑しいという方向ではなく、何事にも一生懸命でがむしゃらにやっているんだけど、ちょっとクスッとなってしまうようなタイプだと思ったんです。なので、あえてコメディのお芝居をしようとはせず、本気でやっている健司の姿を見て、ニヤリとしていただければ、と考えながら演じていました。

 

 

──健司が映画の中の美雪に恋い焦がれたように、作品に出てくるヒーローやヒロインに憧れた経験はありますか?

坂口 僕はあります。『風の谷のナウシカ』のナウシカ一択です。

綾瀬 かっこいいよね、ナウシカ。

坂口 そうですよね。あ、そう考えたらナウシカも姫ですね。芯のある強い女性に憧れるのかもしれません。そういう女性の方が、手を貸したくなってしまうというか。

綾瀬 私も、もし自分が男性だったらそういう女性に惹かれるかも。強くある人が、たまに見せる弱い一面にグイッと持っていかれちゃうような気がします。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10