Jan 30, 2018

インタビュー

綾瀬はるか×坂口健太郎、初共演作で「ジーンとした」シーンとは? 映画への想いから意外な愛読書までを明かす

 

モノクロ映画のヒロインと、現実世界に生きる青年が恋をするロマンティックなラブストーリー『今夜、ロマンス劇場で』。完全オリジナル脚本の今作で、気位の高い王女・美雪を演じた綾瀬はるかと、映画監督を目指す一途な青年・健司を演じた坂口健太郎に、お互いの印象から作品への想い、さらに好きな本までを語ってもらった。

 

坂口はいじられキャラだった?!和やかな現場とお互いの印象、役との共通点を明かす

 

──まずは今回の作品で共演してみての感想をお伺いできたらと思います。

坂口 綾瀬さんと同じ作品に出演させていただいたことは何度かあったのですが、じっくりお芝居でご一緒するのは今回が初めてでした。どちらかというと柔らかいイメージを持っていたのですが、お芝居をしている時は、一本芯の通った強さを感じました。美雪という役が王女様という設定だから、余計にそう思ったのかもしれませんが、お芝居中に目と目が合うと、瞳の奥に強い信念を感じることもあって。それに、綾瀬さんが現場に来られると、なんとなく、スタッフさんも僕も、どこか気持ちが華やかになるというか、そういうオーラを持っていらっしゃる方なんだなというのを感じました。

綾瀬 坂口くんと共演してみての感想ですよね、なんだろう、うーん。

坂口 さてさて(笑)。

綾瀬 難しいなぁ(笑)。いつもニコニコしているんですけど、本当はとても頭の切れる方なんだろうなって思ったんですよね。お芝居をしている時は、特に。

 

 

──お芝居の時以外でもよくコミュニケーションを取られていたそうですね。

綾瀬 でも、坂口くんは「今日の僕もかっこいい」みたいなことばかり言ってたよね。

坂口 もっといろいろな会話をしたじゃないですか(笑)。撮影現場では僕がいじられポジションで、武内(英樹)監督を始め、綾瀬さんや北村(一輝)さんもいじってくるので、僕もそれに乗っかっていったら、そういうノリが広まっていっちゃって。

綾瀬 ちょっと本気で言ってたんじゃないの~?

坂口 というような、和やかな現場でした(笑)。作品の雰囲気的にもそうですが、全体的にポジティブで楽しい雰囲気が流れていました。

 

 

──それぞれの演じた役についてお伺いしたいのですが、綾瀬さんは演じた美雪に対してどういうイメージをお持ちでしたか?

綾瀬 美雪は王女様なので、口調も基本的に召使いに命令するような上から目線ですし、当たりが強いんです。でも、健司に恋をしたことで、美雪のピュアで不器用な面が見え隠れしてくると、一気に愛らしくなりました。健司へのピュアな想いを抱えているのに、素直になれなかったり、必要以上に強い態度に出てしまったりするところが可愛らしい女性だなと感じていました。

──ご自身との共通点はありましたか?

綾瀬 あったと思います。本心とは裏腹に、違う言葉が口から出てしまうとか、そういうことは私にもよくあります。

 

 

──坂口さんは、健司という役に対してどんな想いを込めていましたか?

坂口 健司を演じるのに、意外なほどエネルギーを使ったんです。嬉しい時は心から喜ぶし、一度失敗しちゃうと、とことん落ち込む。健司は感情の振り幅がとても大きくて。でも、悲しんだり、喜んだりという思いの方向は、僕自身と似ていると感じることもありました。振り幅は違うけど、方向性が似ているっていうことなのかな。

 

 

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加