Nov 22, 2017 interview

志尊淳×小関裕太対談「今の2人だから話せること」

A A

 

映画『覆面系ノイズ』で、ヒロインのニノ(中条あやみ)を巡り恋の三角関係を繰り広げるユズとモモを演じた志尊淳さん、小関裕太さん。プライベートでも交流のあるという同年代の2人に、作品の魅力はもちろん、お互いの関係性の中で生まれた感情について対談を繰り広げていただきました。

 

──お二人が思う、映画『覆面系ノイズ』の好きなポイントを教えてください。

小関裕太 たくさんありますけど、劇中で流れる音楽が大好きです。僕は演奏シーンがユズ(志尊淳)とセッションする場面しかなかったので、他の楽曲は完成した作品を観て知ったのですが、MAN WITH A MISSIONさんが提供してくださった音楽たちが耳に残りました。ストーリーに沿って様々な楽曲が流れるのですが、音楽のおかげでよりロマンチックになっていると感じることが多くて。

志尊淳 音楽はもちろんですけど、観ていて背中を押される部分がたくさんあると思いました。それは恋愛面だけに限らず、先がどうなるのかわからない状況で一歩ずつでも前へと歩いていく登場人物たちの姿を見て、勇気をもらえる部分がこの作品にはあるんじゃないかなと思いますし。それに相乗する形で音楽や恋愛という要素が乗っかり、よりグッと来るストーリーになっていて。各々の感情を説明するセリフが少ないんですけど、言葉で説明しないからこそ伝わるメッセージを感じ取っていただけたらと思います。

 

 

──特に心に残っているセリフはありますか?

志尊 ニノ(中条あやみ)が、僕が演じるユズに投げかける“家族よりも誰よりも大切な人なの”という言葉です。それが恋愛としての意味なのか、友情としての言葉なのかは映画をご覧になってからのお楽しみなのですが、ユズにとってはこれ以上ない言葉だなと思って印象に残っています。

小関 僕は、“会いたくなかった”というニノに向かっていうセリフです。日常生活で、相手に対して言う機会のない言葉なので。

志尊 たしかにね(笑)。しかも本当は会いたいんでしょ?

小関 そうそう。会いたいのに“会いたくない”なんて言ったことがないので。でもそこがモモらしさを象徴しているのかなと思ったので、心に残っています。その後、少しずつ変わっていくモモの姿との対比にもなっていると思いますし。

 

 

──お二人は10代の頃から交流があるんですよね。久々に共演されてみて、お互いの演じるキャラクターについてどう思われますか?

小関 志尊ちゃん演じるユズは、自分を客観視出来ているし、落ち着きがある気がしていて。自分の思いは二の次で、ニノを優先するお人好しさもあると思います。優しくて思いやりがあるけど、そこはいい部分でもあり、でも、もうちょっと頑張れよ、もうちょっと攻めろよというか、もう少し正直でいてよって、モモとしてではなく、小関としては思います。

 

 

──それでは逆に、志尊さんから見たモモはいかがでしょう?

志尊 ただただかわいいキャラクターだなと思いますね。大人っぽく見えてもまだ高校生だから、ちょっとしたやりとりで物事を一方的に信じ込んでしまうし、好きな相手をわざと遠ざけたり。それってよくあることじゃないですか、でもモモには音楽クリエイターとしてのプライド、地位、あと映画の中では描かれてないけれど複雑な家庭環境であったりする中で、すごく悲しそうにも見えます。素直に恋愛すればいいのに、家族のために色々な退路を自ら断っていて。そういう気持ちからニノをあえて突き放してるのも、僕からはすごくかわいらしく、愛らしく見えますけどね。

小関 すごい! 原作から読み取ってくれたような解釈で。

志尊 調べてきたからね!

小関 客観性と主観性を兼ね備えた批評をありがとう(笑)。

 

 

──志尊さんは撮影をしながらモモに対してそう思ったんですか?

志尊 そうですね、裕太が演じるモモを見たからっていうのが一番大きいです。もちろん原作や台本から、モモがどういう人物かというのは読み取っていたつもりですけど、それを構成していくのは裕太なので。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10