Aug 26, 2022 interview

松尾諭が語る 半分は運だけど、半分は必然の人生を描いた物語『拾われた男』

A A

松尾 僕が自分を演じた感じを言うと、やりにくかったです。

池ノ辺 自分のことを演じるのにやりにくいものですか?

松尾 もう、すごいやりにくかったです。だって、僕自身じゃないですか。しかも、台本に書かれた台詞を言うわけですよ。

池ノ辺 松尾さんがフリートークするわけではないですもんね。

松尾 僕が僕を演じているんですけど、それは僕自身とまったく一緒ではない。

松尾諭が語る 半分は運だけど、半分は必然の人生を描いた物語『拾われた男』

池ノ辺 ややこしいですね(笑)。

松尾 といっても、モデルは僕なんですよ(笑)。でもドキュメントってわけでもないわけですから、演じないといけない。ところが、自分の言葉で喋るわけじゃないから、何を拠り所にして演じればいいのか。

池ノ辺 不思議な体験ですね。たしかに、虚構の人物を演じるよりも難しいかもしれない。

松尾 僕は台詞を覚えるのは、まあまあ早い方なんですよ。でも、今回はすごく喋ってるわけじゃないのに、2行ぐらいのセリフが全然頭に入らなくて。こんなに台詞が入らないことって無かったっていうぐらい。

池ノ辺 自分の言葉じゃない台詞で自分を演じるという不思議な状況のせいですか?

松尾 そうかもしれない。今まで僕は役作りをしてるなんて、そんな偉そうなことをあまり言ってこなかったんですけど、今回、自分の役を演じたときに、今まではやっぱり役作りをしていたんだなと思ったんですよ。

松尾諭が語る 半分は運だけど、半分は必然の人生を描いた物語『拾われた男』

池ノ辺 『拾われた男』では、伊藤沙莉さんや、草なぎ剛さん、薬師丸ひろ子さん、鈴木杏さんたちは劇中の登場人物を演じているわけですが、柄本明さんや井川遥さんたちは、ご本人として登場するんですよね。井川さんは、ドラマのなかに出てくるようなイメージの方ですか?

松尾 いや、かなり脚色されてますよ。一緒にプロレスを見に行ったりしたこと無いですし(笑)。

池ノ辺 あれは実話かと思ってました。

松尾 完全に脚本の足立(紳)さんの趣味ですね。プロレス好きなので(笑)。

こんな人生の半分は必然

池ノ辺 放送と配信が始まって、周りの反応はどうですか?

松尾 観た人からは、「むちゃくちゃ面白い」って感想をもらいました。

池ノ辺 本当にむちゃくちゃ面白いです。日本だけじゃなくて、全世界の人に観てもらえる作り方をしているのも魅力になっていますね。最初におっしゃっていたみたいに、『拾われた男』を観ていると、「何で?」と驚くような展開の物語に夢中になって、人生ってこんなに面白いんだなって思いました。

松尾 こういう人生を歩んできたのは、もちろん運もあると思うんですけど、半分は必然だったのかなと。誰しもそういうものに巡り合うチャンスはあるけど、たぶん見過ごしているだけで、僕はがめつかったから、たまたまそれを見つけたっていう。

池ノ辺 なるほど。人生って捨てたもんじゃないですね。

松尾 そう、捨てたもんじゃない。でも、捨ててあるものは拾いたい(笑)。

松尾諭が語る 半分は運だけど、半分は必然の人生を描いた物語『拾われた男』

インタビュー / 池ノ辺直子
文・構成 / 吉田伊知郎
写真 / 岡本英理

プロフィール
松尾 諭(まつお さとる)

兵庫県出身。00年に映画「忘れられぬ人々」で俳優デビューし、TVドラマ版「電車男」(05)などを経て、大ヒットドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」(07)、劇場版「SP」2部作「野望篇」(10)と「革命篇」(11)にて岡田准一の同僚SP役を好演。以降、NHK大河ドラマ「天地人」(09)、連続テレビ小説「てっぱん」(13)、『進撃の巨人』(15)、『シン・ゴジラ』(16)など、幅広く活躍している。

作品情報
松尾諭が語る 半分は運だけど、半分は必然の人生を描いた物語『拾われた男』
ドラマ『拾われた男』

売れない役者・松戸サトルが自販機の下に落ちていた1枚の航空券を拾うところから始まるストーリー。サトルと数々の個性豊かな人々との縁が紡ぐ予測不能な出来事、そして運命の女性との出会い‥‥つつましくも幸せに暮らしていた中、突然の1本の電話により、アメリカに渡ったきり音信不通であった兄・タケシが遠く離れたアメリカの地で倒れたということを知り、サトルは兄を迎えに行くためアメリカに旅立つ。サトルがそこで見たものとは?サトルとタケシの運命は。松尾諭の限りなく実話に基づいた笑いあり涙ありのヒューマンドラマ。

監督:井上剛

原作:松尾諭著「拾われた男」(文藝春秋刊)

出演:仲野太賀、伊藤沙莉 / 鈴木杏、伊勢志摩、北村有起哉、要潤、安藤玉恵、前田旺志郎、北香那、松本穂香、岸井ゆきの、片山友希、大東駿介、塚本晋也、六角精児、夏帆、松尾諭、柄本明、ベンガル、綾田俊樹、末成映薫、井川遥、風間杜夫、石野真子 / 薬師丸ひろ子、草なぎ剛

制作・著作:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社/株式会社NHKエンタープライズ

© 2022 Disney & NHK Enterprises, Inc.

ディズニープラス「スター」にて毎週日曜日23時 見放題独占配信中

公式サイト lost_man_found

池ノ辺直子

映像ディレクター。株式会社バカ・ザ・バッカ代表取締役社長
これまでに手がけた予告篇は、「ボディーガード」「フォレスト・ガンプ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ」「マディソン郡の橋」「トップガン」「羊たちの沈黙」「博士と彼女のセオリー」「シェイプ・オブ・ウォーター」「ノマドランド」ほか1100本以上。
著書に「映画は予告篇が面白い」(光文社刊)がある。 WOWOWプラス審議委員、 予告編上映カフェ「 Café WASUGAZEN」も運営もしている。
映画が大好きな業界の人たちと語り合う「映画は愛よ!!」記事一覧はこちら