Jul 19, 2016 interview

松竹株式会社 映画宣伝部 宣伝企画室長 諸冨謙治 氏
第4回:映画の本編にはない曲を、あえて予告に使うこともありました。

A A
4

池ノ辺直子の「新・映画は愛よ!!」

映画が大好きで、映画の仕事に関われてなんて幸せもんだと思っている予告編制作会社代表の池ノ辺直子が、同じく映画大好きな業界の人たちと語り合う「映画は愛よ!!」 第4回は、相米慎二監督の遺作『風花』から、転職、そしてジャッキー・チェンの話です。

→前回までのコラムはこちら

池ノ辺直子 (以下 池ノ辺)

相米慎二監督の『風花』は予告編をふたつ作りましたよね。

諸冨謙治 (以下、諸冨)

これも池ノ辺さんとご一緒した仕事ですね。

この作品は小泉今日子さんと浅野忠信さんの主演で、30代の風俗嬢とキャリア官僚という、あまり接点のなさそうな男女がひょんなことで出会い、共に旅をする物語なので、男性目線の「風篇」と女性目線の「花篇」という60秒の予告をそれぞれ作りました。

池ノ辺

いやあ、よく覚えてるわね。

そうそう、浅野くんバージョンとキョンキョンバージョン。

確かポスターも同じく、それぞれの目線で作った!思い出した!!

諸冨

ポスターは2枚で対になっていて、ちらしも見開きで二人の目線が向かい合う形。

小泉さんはピンク、浅野さんはブルーと色を変えて。

デザインはサン・アドの葛西薫さんですね。

カメラマン

あのー、横からすみません。

私、カメラマンを目指していた若かりし頃、この『風花』のポスターを自分の部屋のベッド脇に貼っていました。

池ノ辺&諸冨

なんと!

池ノ辺

やったじゃない、諸冨さん。

広告代理店のときの、自分が手掛けた宣伝のポスターを女の子の部屋に貼らせたいっていう夢、現実に実行していた人がここにいた!

諸冨

うわぁ、これは嬉しいですね。

そうだ、嬉しいといえば、僕ついこの前、久しぶりに小泉さんにお会いしたんです。

映画『HiGH&LOW THE MOVIE』に小泉さんが出演していて、なにしろ「全員主役」がキャッチフレーズなので、出演者62人全員、宣材用の特写撮影をしまして。

スタジオで「小泉さん、お久しぶりです。僕、『風花』で…」とお話したら、「あぁー、久しぶり~、大人になったね」って言われました(笑)。

池ノ辺

これはうれしい再会。

「大人になったね」って言われて、諸冨さんはどう返したの?

諸冨

「おかげさまで、ほんのちょっぴり」って(笑)。

池ノ辺

キョンキョンはこの『風花』で演技が変わったというか、あそこから女優のスイッチがカチっとはいって、今や大女優でしょう。

IMG_4703

諸冨

ええ。素晴らしいご活躍ですよね。

公開は2001年だったから、もう15年前ですね。

久しぶりにお会いした特写撮影の日がたまたま小泉さん50歳の誕生日だったんですけれど、相変わらず魅力的でした。

あの作品が小泉さんのターニングポイントになったのは間違いないと思います。

でも、まさか『風花』が相米さんの遺作になるとは、微塵にも思っていなかった。

公開したのが2001年の1月で、その年の9月9日、9.11アメリカ同時多発テロの2日前ですけれど、突然の訃報の電話で。東京を台風が直撃している日で、僕はちょうど、阪本順治監督の『KT』の撮影現場にいたんですが、報せを聞いた佐藤浩市さんが呆然として涙をこらえられなかったことをよく覚えています。

池ノ辺

ちょっと、しみじみしちゃった。

話をシネカノンに戻しましょう。

この前後に、シネカノンも韓国映画をバンバン手掛け、日本で韓国映画ブームが起きたじゃない。

私は『シュリ』の予告はやらなかったけど『JSA』は担当しました。

諸冨

『シュリ』は『SF サムライ・フィクション』の中野裕之監督にお願いして、まだフィルムで編集していた時代ですが、セリフを一切使わず細かいカットを無数に積み重ねた面白い予告になりました。

池ノ辺

覚えてますよ〜。

『JSA』も当時、大ヒットしたでしょう。

諸冨

当時韓国で『シュリ』を超える大ヒットで、日本でもヒットになりました。

これも池ノ辺さんとのお仕事ですが、テレビスポットではあえて映画の本編では使っていないクラシックの名曲<パッヘルベルのカノン>を使ったバージョンも作りましたね。

あの作品は「38度線上で起きた北朝鮮と韓国の兵士をめぐる射殺事件の謎を解く」という政治的なサスペンスでありながら、「実はその陰には知られざる男同士の友情があった」という感動的な話なんですね。

当時の韓国は金大中政権で北朝鮮との関係も回復しつつあったし、映画公開がサッカー日韓W杯の直前で、日本と韓国の心理的な距離が近づきつつある時期でした。

韓流が巻き起こる前の萌芽期ですね。

そこでテレビスポットもサスペンス的なバージョンだけでなく、「いつかお互い分かり合える」という印象を与えるような耳触りの柔らかいものを作りましょう、と。

池ノ辺

そうそう、諸冨さんとの仕事は、そういう仕掛けが面白かったの。

それが、諸冨さんを信頼するひとつでもあったのよ。

他にもなにかいろいろやりましたね、何やったんでしたっけ?

諸冨

井筒和幸監督の『ゲロッパ!』のとき、年末に上野のアメ横までカメラ担いで行って、魚売りのおじさんにその場で交渉して、タイトルを連呼してもらったりとか。

テレビスポット用に、この強烈なタイトルをとにかく印象付ける連呼型のCMを作ろう、と。

池ノ辺

ああ、あった、あった!潰れた声で「ゲロッパ!ゲロッパ!ゲロッパ!ゲロッパ!」。

それと、シネカノンが配給した韓国映画の傑作といえば、ポン・ジュノの『殺人の追憶』。

予告編はうちの小松が作りました。

あれは、すごい作品だった。

「あー、やられた〜! 日本映画を超えた!!」って思ったのを覚えてる。

諸冨

映画本編も素晴らしい出来でしたけど、予告に関しても、最初のラフが上がってきた時から見事な仕上がりで。

僕、ラフをいただいてから結構粘って修正をお願いする方なんですが、あの作品の予告はほぼ直していません。

初めから完璧な予告編でした。

池ノ辺

小松と映画の相性がよかったんだよ(笑)

諸冨

ポン・ジュノ監督の画(え)の力の強さもあるんでしょうけど、小松さんの手腕で、さらに見事に「本編を見たくなる予告」になっていました。

池ノ辺

小松の編集にもやられた!!と思ったよ。

諸冨さんとしては、この『殺人の追憶』がシネカノンでの最後の仕事になったんでしたっけ?

辞めるきっかけは何だったんですか?

諸冨

もともと『シュリ』も『JSA』もシネカノンとアミューズが共同で出資・配給をしていて、顔なじみのスタッフも多かったんです。

渋谷の円山町にあったシネカノンと、国道246号線を挟んで反対側の渋谷の桜丘町にあったアミューズの間を、よく往復していました。

子会社のアミューズピクチャーズは当時、『戦場のピアニスト』や『バイオハザード』、韓国映画では『猟奇的な彼女』をヒットさせていて、その後、アミューズから東芝傘下になり、東芝エンタテインメントになります。

その頃、僕は32歳だったんですが、シネカノンには7年いて、邦画をメインに扱っていたんですが、韓国映画も担当して、もう少し洋画も含めて自分の枠を広げたいなと思っていた時でした。

なので、不退転の決意で転職するというより、国道246号線にかかっている橋を越えて移籍するって感じでした。

移籍後、一本目の担当作が『オールド・ボーイ』ですね。

池ノ辺

東芝エンタテインメントはその後、東芝から今度は博報堂の傘下に入って社名を変えるんだけど、そのショウゲートという名前を考えたのが諸冨さんですよね。

命名のコンセプトは?

諸冨

社名を変えるに当たって社内公募があったんです。

賞金が出るっていうので、真剣に考えて(笑)。

ショウにはショウビジネスのショウと同時に、「笑」もかけていて、「笑う門には福来たる」で、「笑う門」、それでショウゲートはどうかなと。

ikenobe_3_ec

池ノ辺

さすがだわ。

もう、この連載を読んでいる方はわかると思うけど、諸冨さんはコンセプトづくりの鬼だね(笑)。

私は、ショウゲートでは、このシリーズに以前、登場していただいた中村朱美さんから声をかけていただいて、『愛を読むひと』の予告を作ったんですけど、ショウゲート時代の諸冨さんとはお仕事、全然、していない!

諸冨

そうですね、すみません(笑)。

あの頃は、池ノ辺さんに合う作品を担当していなかったので。

池ノ辺

そういえば、ショウゲート時代に、すごい体験をしたって聞いたけど。

諸冨

そうそう。

僕は同世代の映画ファン同様に子供の頃からジャッキー・チェンが好きだったんですけど、2010年に彼の主演作『ダブル・ミッション』を担当したんです。

ただ日本の公開前の時期が、出演作『ベスト・キッド』の全世界プロモーション期間と被ってしまって、来日は出来ない、と。

ただ、『ベスト・キッド』の宣伝で北京にいるから、北京に来てくれれば1時間だけなら取材OKということで、媒体さんを連れて行ったんです。

で、取材の前日に先乗りして、現地の通訳さんやコーディネーターさん、あと東芝エンタ時代の元同僚と一緒にご飯を食べて。

ちなみにこの元同僚は、この連載のライター金原由佳さんの妹さんの金原瑞弥さんで、退職後、北京に留学中でした。

食事を終えて、宿泊していたホテルのロビーで別れる間際に、ジャッキーがちょうどホテルに入ってきたんです。

当日の宿泊と翌日の取材場所がそのホテルだったんですね。

通訳さんはジャッキーにも顔なじみの方なので、僕もご挨拶だけしようと「日本から来ました。明日の取材、よろしくお願いします」と話しかけました。

で、その日が、たまたま2010年南アフリカW杯の日本VSカメルーン戦の日で、あと10分でキックオフだった(笑)。

で、「今から大事なサッカーの試合があるので、ホテルの部屋に戻ります。失礼します」と。

池ノ辺

え~っ、そこはW杯より、ジャッキーでしょう!(笑)。

諸冨

いやー、すみません(笑)。

そうしたらジャッキーが、その某高級ホテルの地下には広いシガーバーがあるんですが、「今から貸切にして飲むところで、大スクリーンのプロジェクターがあるから、そこで見ればいいじゃない」って言ってくれて。

それで僕、あと元同僚の金原さんもなぜか一緒に(笑)、ジャッキーが貸切にしていたバーの大スクリーンで、本田圭佑がゴールを決めるのを見たんです。

決まった瞬間、思わずバーを走り回ってしまいました(笑)。

池ノ辺

スゴい、シュールすぎる展開だわ。

ジャッキーも本田のゴールを一緒に見たの?

諸冨

彼は、日本戦には興味がなくって(笑)「僕はこっちでスタッフと飲みながら話してるから、ご自由に~」って真剣に打ち合わせしてました(笑)。

でも、試合が終わって日本が勝った後、あの笑顔でニコニコしながら「よかったね!」と言ってくださって。

もちろん、次の日の取材も彼の対応は完璧で。

これは忘れられない思い出ですね。

(文・構成:金原由佳 / 写真:岡本英理)


「HiGH&LOW THE MOVIE」

『HiGH&LOW THE MOVIE』 大ヒット上映中

超豪華キャスト総出演で贈る、青春バトルアクション! 前代未聞の超巨編ぶっちぎりエンタテインメント!!

出演:AKIRA 青柳翔 TAKAHIRO 登坂広臣 岩田剛典 黒木啓司 山田裕貴 窪田正孝 林遣都 ELLY 井浦新 監督:久保茂昭

©HiGH&LOW製作委員会 high-low.jp

PROFILE

■ 諸冨謙治(もろとみけんじ) 松竹株式会社 映画宣伝部 宣伝企画室長

1971年東京出身。大学卒業後、広告代理店旭通信社(現・アサツーディ・ケイ)でプロモーションを担当した後、97年シネカノンに入社。制作進行から宣伝まで主に邦画での宣伝業務を担当。2004年に東芝エンタテインメント(現・博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)に移籍し、洋画(米国・欧州・アジア)・邦画と幅広く作品を担当。その後、CJエンタテインメント・ジャパンでマーケティングチーム長を経て、12年に松竹に移籍し、13年より現職。

池ノ辺直子

映像ディレクター。株式会社バカ・ザ・バッカ代表取締役社長
これまでに手がけた予告篇は、「ボディーガード」「フォレスト・ガンプ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ」「マディソン郡の橋」「トップガン」「羊たちの沈黙」「博士と彼女のセオリー」「シェイプ・オブ・ウォーター」「ノマドランド」「ザ・メニュー」ほか1100本以上。
著書に「映画は予告篇が面白い」(光文社刊)がある。 WOWOWプラス審議委員、 予告編上映カフェ「 Café WASUGAZEN」も運営もしている。
映画が大好きな業界の人たちと語り合う「映画は愛よ!!」記事一覧はこちら