Jun 18, 2019 interview

可愛い役は自分に近い?吉田鋼太郎、お茶目な役への共感ポイント&演技論を語る

A A

“ゲーム初心者”の演技が難しい

――本作のお父さんを演じるにあたって意識したことはありましたか?

僕は実際はゲーマーですけど、ゲーム初心者としての芝居が難しかったですね。コントローラーの持ち方や、コントローラー自体を左右に動かしてしまうといった仕草をして、ゲームに慣れていないように見せるのに苦労しました。自分にだいぶ嘘をついていますし、どれだけ初心者に見えていたか不安でしたね(笑)。

――ちゃんと初心者に見えていました(笑)。劇中でもあるような、オンライン上の仲間とチャットをしたことは?

それはちょっと抵抗というか勇気がなくて、したことがありません。先ほどお話した『ファイナルファンタジーXV:戦友』は、マッチングといって、オンライン上で仲間を集めるんですけど、なかなかうまく集められなくて……。やり方を間違えたのかな? と思いつつ、よくわからないまま、結局ひとりで最後までやり終えてしまったんです(笑)。

――お父さんはゲームの中ではキャラが明るく変わっていましたけど、吉田さんご自身はいかがですか?

やっぱり、人が変わりますよ(笑)。バトルになるとものすごいアツくなって、1回で倒せないと何回も何回も徹夜で続けてしまいますから。あまりお仕事もなく時間があった頃は、一日中ゲームしていた時期もありました(笑)。

――息子のアキオはアバターを女の子にしていて、お父さんはマッチョな戦士。吉田さん自身がアバターを作るとしたら?

「自分がこういう人だったらかっこいいな」みたいな、理想のキャラを作っちゃいますね。

――役者仲間でもゲーマーがいそうですけど、一緒にやったりしますか?

若い人たちはやっていますね。小栗(旬)くんは家でものすごく大きなテレビでやっていますよ。自分が敵に撃たれないよう身を隠しながら、相手を撃っていくという戦争もののゲームだったんですけど、ものすごい複雑なんですよ。隠れたり飛んだり、いろいろコマンドがあるので、ゲームの世界もすごい進化したんだなと思いながら、俺にはこれは出来ないなと見ていました。

――今、小栗さんの話が出ましたが、吉田さんの周りには若手の俳優さんたちが集まってきてとても慕われているというイメージが強いです。

確かに仲良い人は多いですね。一緒に飲みに行くときはただ単にバカ話したり、芝居について話すこともあります。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10