Mar 31, 2022 interview

河合優実インタビュー 役を違う次元に変え、アイデンティティを模索した『女子高生に殺されたい』

A A

人気俳優・田中圭主演、『ライチ☆光クラブ』『帝一の国』などの鬼才・古屋兎丸の画業20周年記念作品であり、センセーショナルな題名で注目を集めた『女子高生に殺されたい』を実写映画化。監督を務めるのは『性の劇薬』『アルプススタンドのはしの方』『愛なのに』など話題作の公開が続く城定秀夫。まさに刺激的な顔合わせで生まれた予測不能な心理サスペンスが4月1日(金)から劇場公開されます。

高校の人気教師・東山春人の密かな願望とは、美しい女子高生に殺されること。彼はそれを叶える為に緻密で完璧なシナリオを練り上げるのです‥‥。そんな春人の恐ろしい欲望を叶える為の標的となった女子高生のひとり、小杉あおいは、親友の佐々木真帆にしか心を開かない異端の女の子。彼女の過敏で繊細な感情を見事に体現したのは、『サマーフィルムにのって』『由宇子の天秤』『愛なのに』と出演作が続く河合優実。今回は、作品毎、印象に残るキャラクターを見事なまでに演じ分ける河合優実さんにお話を伺います。

河合優実インタビュー 役を違う次元に変え、アイデンティティを模索した『女子高生に殺されたい』
河合優実インタビュー 役を違う次元に変え、アイデンティティを模索した『女子高生に殺されたい』

―― 原作漫画(古屋兎丸:「女子高生に殺されたい」)も読まれたとお聞きしています。原作(イラスト)にはない肉付け、自分なりのアプローチをどのようにされていったのですか。

1つ大事なアイデンティティとして、原作ではこのキャラクターは「ぽよ子」と呼ばれているんです。「~ぽよ」と言う語尾をつける喋り方をすることからついたあだ名だったのですが、映画では、そのもの凄く大事な要素を無くして苗字も【小杉】に変えています。莉子ちゃんが演じた【君島京子】みたいな原作にないキャラクターも登場しますし、脚本も大幅に変更されているので、映画全体としても新しく作り上げる意識が強い感じがしました。

映画版『女子高生に殺されたい』を城定秀夫監督がやろうとしていることは明らかで、その中でも私の役は特に1つ違う次元に改変しなければならないと思っていました。非現実の漫画の中の【ぽよ子】をどうやって人間的な【小杉あおい】にしようかなという感じです。最初に想定していたよりも、現場に入ってからの方が難しかったです。

―― 【あおい】は感情をあえて表すわけでもないですよね。色々な登場人物がいる中での個性の出し方も難しかったと思います。

そうですね、難しかったですね。

河合優実インタビュー 役を違う次元に変え、アイデンティティを模索した『女子高生に殺されたい』

―― 城定監督とは『愛なのに』(公開:2022年)に続き、2度目のタッグとなりますが撮影は『愛なのに』の方が先なのですか。

『愛なのに』が先です。『愛なのに』の出演が決まっていて、撮影前に今作『女子高生に殺されたい』の出演が決まりました。  

―― 河合さんがキャスティングされた決め手について、城定監督からお話を聞いていますか。

『愛なのに』のオーディションに行った時に、城定監督から「河合さんの出演作品は観ています。是非ともと思って声を掛けました」と仰って頂きました。何かの作品を観て頂いていたのだと思います。『女子高生に殺されたい』はもう少し多くの俳優を呼んでいるようなより大規模なオーディションの雰囲気でした。

―― 『サマーフィルムにのって』もそうですが、同世代の人たちとの共演はいかがでしかたか、一緒に作品を作っていく感じは他の作品とは違いますか。

大人の方と作っていくときとは明らかに違いますね。とは言っても【あおい】は孤立している役なので、そんなに「学園もの」という雰囲気はなかったのですが‥‥。『サマーフィルムにのって』など今までも女子高生役はたくさん演じて来ましたが、学校の中だけで話が完結するような作品はこれまでなかったんです。実際の高校生の年齢の子達と一緒に撮影が出来たことは大きかったです。【君島京子】役の莉子ちゃんや【沢木愛佳】役の芽島みずきちゃんとか、素晴らしいきらめきを持っているんです。「女子高生ってこうだ」と思って(笑)。完成したものも、みなさん、本人の持つパワーが凄く出ていると思って見ていました。