Aug 25, 2022 interview

『アキラとあきら』池井戸潤×三木孝浩監督 対談:今を生きる若者に「勧善懲悪」を超えるカタルシスを

A A

ヒットより、名前の大きさより 自分の仕事への納得度が大事

池井戸 ありがたいことです。この作品、きっとヒットしてくれそうな気がします(笑)。映像がヒットしたり本が売れたりということは、もちろん創作者としては目標になりますが、それよりは、一作一作、納得する物語が書けるかどうかのほうが、僕にとっては重要で。

三木 その納得って、作品ごとに違ったりもするんですか? 自分の中でのハードルが、どんどん上がっていくとか‥‥。

池井戸 上がりますね。やっぱり、年齢を重ねてキャリアを積むと、自然とそういうことになるんだと思います。

三木 ゼロから1を生み出す作家は、そこが大変ですよね。僕は大所帯ですけど、助けてくれる人が周りにたくさんいる状態でもあるので、むしろ楽をさせてもらっているというか(笑)。

池井戸 フフフ。

三木 映画監督としての僕の志向はエンタメであり、いいプログラムピクチャー(=幅広い観客向けの娯楽作)を作りたいという思いが強いので、その意味では、監督の名前はむしろ必要ないと思っているんです。《●●監督最新作!》みたいなことじゃなく、単純に「お、この映画、面白そうだな」で見てほしいなと。

池井戸 そうですよね。名前がバーン! と大きな文字で出るのは、どうも‥‥(笑)。

三木 すみません! 予告編からすでに《原作・池井戸潤》って、なんか責任を負わせてるみたいで(笑)。でも、竹内くん、流星くんのファンの方々が『アキラとあきら』をきっかけに、他の作品を読んで「あ、こんなに面白いんだ」と思ってもらえる相乗効果は、絶対にあると思いますので。

池井戸 そうだとありがたいです。そして次回があるとするなら、あのデカい名前の表示だけはご遠慮したいですね(笑)。

『アキラとあきら』池井戸潤×三木孝浩監督 対談:今を生きる若者に「勧善懲悪」を超えるカタルシスを

文・構成 / 大谷道子
写真 / 曽我美芽

作品情報
『アキラとあきら』池井戸潤×三木孝浩監督 対談:今を生きる若者に「勧善懲悪」を超えるカタルシスを
『アキラとあきら』池井戸潤×三木孝浩監督 対談:今を生きる若者に「勧善懲悪」を超えるカタルシスを
映画『アキラとあきら』

父親の経営する町工場が倒産し、幼くして過酷な運命に翻弄されてきた山崎瑛。大企業の御曹司ながら次期社長の椅子を拒絶し、血縁のしがらみに抗い続ける階堂彬。偶然同じ名前を持った2人は、運命に導かれるかのごとく、日本有数のメガバンクに同期入社する。だが、人を救うバンカー(銀行員)になりたいという熱き理想を持つ山崎と、情を排除して冷静沈着に仕事をこなす階堂は、銀行員としての信念が真っ向から対立する。ライバルとしてしのぎを削る2人だったが、山崎は立ちはだかる現実という壁を前に、自らの信念を押し通した結果、左遷される。一方、順調に出世していた階堂の前にも、親族同士の骨肉の争いという試練が再び立ちはだかる。階堂は現実から眼を背け続け、ついに階堂家のグループは倒産危機に陥る。グループの全社員とその家族4800人の人生が掛かった危機的状況の中、山崎と階堂の人生が再び交差する‥‥。乗り越えられない“宿命”などない。絶望的な状況を前に、〈アキラとあきら〉の奇跡の逆転劇が始まる。

監督:三木孝浩

原作:「アキラとあきら」(池井戸潤著/集英社文庫刊)

出演:竹内涼真、横浜流星、髙橋海人(King & Prince)、上白石萌歌 / 児嶋一哉、満島真之介、塚地武雅、宇野祥平、奥田瑛二、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介

配給:東宝

©2022「アキラとあきら」製作委員会

2022年8月26日(金) 全国東宝系にて公開

公式サイト akira-to-akira-movie.toho.co.jp/