Jun 08, 2022 news

主演・赤楚衛二で贈る爽快コメディゾンビホラー Netflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』

A A

Netflixシリーズ「今際の国のアリス」の麻生羽呂原作、高田康太郎作画で月刊サンデーGX(小学館)にて好評連載中の「ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜」が映画として実写化したNetflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』が2023年よりNetflixにて全世界独占配信される。「今、私たちの学校は…」、『アーミー・オブ・ザ・デッド』など数々のゾンビヒット作品を送り出してきたNetflixが次に世に送り出すのは、笑いとスリルが交差する新感覚ゾンビ映画。

ブラック企業に勤める天道輝(アキラ)は連日の徹夜、上司のパワハラ、理不尽な仕事に憔悴し、「死んでいるように生きる」日々を過ごしていたが、ある朝、街はゾンビで溢れ、見慣れた景色はすっかり荒廃していた。それを目にしたアキラから出たのは「もう、今日から会社に行かなくてもいいんじゃね!?」という歓喜の叫びだった。

それから彼は持ち前のポジティブさを発揮し、「部屋の大掃除をする」、「べランピングをする」など、「ゾンビになるまでにしたい100のこと」をリスト化し、ひとつずつ実現していく。誰もが持っている「やろうと思えばいつでもできるから、いつかやろう」と先延ばしにしているようなささやかな夢や目標を、ゾンビからの攻撃をかわしながら叶えていくアキラ。絶体絶命の状況の中で人生を謳歌する彼はやがて、仲間と共に更に大きな夢を求めて旅立つ。

主演・赤楚衛二で贈る爽快コメディゾンビホラー Netflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』

街中にゾンビが溢れるという絶望的な状況を、「もう会社に行かなくていい!」という逆転の発想でポジティブに、生き生きとサバイブする主人公のアキラを、映画『チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(22)の主演を務め、そして金曜ドラマ「石子と羽男 -そんなコトで訴えます?- 」(TBS)が7月よりスタート、次期NHK朝の連続テレビ小説「舞いあがれ!」への出演も決定した注目の若手俳優・赤楚衛二が演じる。監督を務めたのは、映画『モテキ』(11)ミュージカルシーン演出や、映画『シン・ゴジラ』(16)でC班監督、WOWOWドラマ「アフロ田中」(19)など数々の映画・ドラマを手がけてきた、石田雄介。

主演・赤楚衛二で贈る爽快コメディゾンビホラー Netflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』

本作は6月6日から5日間にわたって開催される年に1度のグローバルオンラインイベント【Netflix GEEKED WEEK 2022】にて「ストレンジャー・シングス 未知の世界」、「アンブレラ・アカデミー」、「ONE PIECE」、「今際の国のアリス」など全世界待望のタイトルと並び今回の制作決定のニュースが発表され、早くも各国のゾンビファンから注目を集めている。

【キャスト・監督 コメント】

■赤楚衛二
アキラは本当にポジティブな男で、何事にも真っ直ぐで全力でキラキラしているキャラクター。パニックものなのかなと思いきやすごく前向きな話だったので、新しい目線のゾンビ映画だなと思いました。全速力で追いかけられることはありましたが、ポジティブな気持ちで逃げるということが今までなかったので、それもまた新しい経験でした。世界中のゾンビファンのみなさんにも楽しんでもらえると思います。また、笑って明るい気持ちにもなれるので、ゾンビが苦手という方にも見ていただきたいです。

■石田雄介監督
ゾンビ作品の主人公なのに、銃も弓矢も使わない。唯一の武器は、底抜けなポジティブさ。「やりたいこともできずに後悔するくらいなら、ゾンビに喰われた方がマシだ」そんな主人公・アキラから私自身も元気をもらって、コロナ禍の中でも長期間の撮影を乗り切れたと思っています。赤楚衛二さんはじめキャストとスタッフみんなでアイデアを持ち寄って、明るく痛快な、でも何が出てくるかわからない、びっくり箱のような日本産ゾンビ映画を作りました。アキラと一緒に、笑いとスリルがつまった冒険を楽しんで頂きたいです!

ストレスフルな現代社会を生きる人々に贈る、爽快青春コメディゾンビホラー、Netflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』は2023年よりNetflixにて独占配信。

作品情報
主演・赤楚衛二で贈る爽快コメディゾンビホラー Netflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』
Netflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』

ブラック企業に勤める天道輝(アキラ)は連日の徹夜、上司のパワハラ、理不尽な仕事に憔悴し、「死んでいるように生きる」日々を過ごしていたが、ある朝、街はゾンビで溢れ、見慣れた景色はすっかり荒廃していた。それを目にしたアキラは持ち前のポジティブさを発揮し、「ゾンビになるまでにしたい100のこと」をリスト化。絶体絶命の状況の中で人生を謳歌する彼はやがて、仲間と共に更に大きな夢を求めて旅立つ。

監督:石田雄介

原作:麻生羽呂・高田康太郎「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」(小学館「サンデーGXコミックス」刊)

出演:赤楚衛二

企画・制作プロダクション:ROBOT

©️麻生羽呂・高田康太郎・小学館/ROBOT

2023年 Netflixにて独占配信