Dec 22, 2022 news

追加キャスト決定!東出昌大×三浦貴大W主演 世界を揺るがした、ネット史上最大の事件 映画『Winny』

A A

東出昌大と三浦貴大をW主演に迎え、今、国内外で次回作が最も期待されている若手監督・松本優作がメガホンをとった映画『Winny』の公開日が3月10日(金)に決定。あわせて特報映像&本ポスタービジュアルが公開された。

追加キャスト決定!東出昌大×三浦貴大W主演 世界を揺るがした、ネット史上最大の事件 映画『Winny』

2002年、開発者・金子勇(東出昌大)は、簡単にファイルを共有できる革新的なソフト「Winny」を開発、試用版を「2ちゃんねる」に公開をする。彗星のごとく現れた「Winny」は、本人同士が直接データのやりとりができるシステムで、瞬く間にシェアを伸ばしていく。しかし、その裏で大量の映画やゲーム、音楽などが違法アップロードされ、ダウンロードする若者も続出、次第に社会問題へ発展していく。

次々に違法アップロードした者たちが逮捕されていく中、開発者の金子も著作権法違反幇助の容疑をかけられ、2004年に逮捕されてしまう。サイバー犯罪に詳しい弁護士・壇俊光(三浦貴大)は、「開発者が逮捕されたら弁護します」と話していた矢先、開発者金子氏逮捕の報道を受けて、急遽弁護を引き受けることになり、弁護団を結成。金子と共に裁判で警察の逮捕の不当性を主張するも、第一審では有罪判決を下されてしまう‥‥。しかし、運命の糸が交差し、世界をも揺るがす事件へと発展する。

特報映像は、「戦うしか無いですよ」‥‥簡単にファイルを共有できる革新的なソフト〈Winnyを開発した罪〉で逮捕・勾留された金子に、壇弁護士が鼓舞するシーンから始まる。“天才はなぜ、警察に潰されたのか?”金子と〈Winny〉をめぐる様々なニュース報道や世論、それを取り巻く国家権力の思惑、そしてその是非を巡って繰り広げられた議論が映し出された緊迫感溢れた映像となっている。

さらに、東出と三浦を取り巻く豪華キャストたち合計12名も解禁。警察内部の腐敗を暴く仙波敏郎役を吉岡秀隆、金子逮捕の陣頭指揮をとる北村文哉役を渡辺いっけい、金子の心の支えとなっていた姉を吉田羊、壇弁護士らの熱い想いに共鳴し、彼らを手助けすることになる敏腕弁護士秋田真志役を吹越満が演じる。さらに、皆川猿時、和田正人、木竜麻生、渋川清彦、池田大、金子大地、阿部進之介、田村泰二郎ら個性派俳優が集結。

加えて、本作のムビチケも12月23日(金)発売開始。デザインは、金子勇(東出)が暗闇の中、パソコンに向き合う開発者としての後ろ姿が映し出された本作のティザービジュアルでデザインされた。

追加キャスト決定!東出昌大×三浦貴大W主演 世界を揺るがした、ネット史上最大の事件 映画『Winny』

本作は、2018年に開催された「ホリエモン万博 CAMPFIR映画祭」の“映画企画クラファン大会”でグランプリに輝いたことを起点としている。企画したのは、スマートキャンプやHIRAC FUNDを立ち上げ、現在Web3・NFT領域で新たにNFIGUREを起業している古橋智史。古橋は、以前から日本のテクノロジー発展に寄与したいという思いがあり、「出る杭が打たれない社会を」というテーマで本作を企画した。

メガホンを取るのは、自主映画『Noise ノイズ』(19)にて海外映画祭で高い評価を受け、現在公開中の『ぜんぶ、ボクのせい』で商業映画デビューを果たし、今後の作品が期待される監督、松本優作。これまで現代社会で生きていくことの難しさをリアルに描いてきた松本監督が、金子氏の考えに共鳴、本作を作り上げた。

SHARE