Jan 07, 2022 news

イランで上映が中止された衝撃の冤罪サスペンス 映画『白い牛のバラッド』予告映像が公開

A A

第71回ベルリン国際映画祭金熊賞&観客賞にノミネートされた映画『白い牛のバラッド』。

愛する夫を死刑で失い、ろうあの娘を育てながら必死で生活するシングルマザーのミナ。1年後に突然、夫の無実が明かされ深い悲しみに襲われる。賠償金よりも判事に謝罪を求める彼女の前に、夫の友人を名乗る男レザが現れる。ミナは親切な彼に心を開き、3人は家族のように親密な関係を育んでいくが、ふたりを結びつける“ある秘密”には気づいていなかった。罪と償いの果てに、彼女が下した決断とは‥‥。

この度、緊迫感溢れる30秒予告映像が公開された。

映像は、最愛の夫を冤罪で失ったミナとろうあの娘ビタの元に、謎の男レザが現れるシーンから始まる。レザは「ご主人に借りた金を返しに来ました」といい、悲しみに暮れていたミナは親切な彼に次第に心を開いていく。続くシーンでは水浸しの部屋に佇むレザが映し出され、不穏な空気に一変。この男は一体、何者なのか?

死刑執行数世界2位の国イランの懲罰的な法制度を背景に、シングルマザーの生きづらさ、理不尽に立ち向かう女性の姿を巧みに描き出した本作。第71回ベルリン国際映画祭金熊賞&観客賞にノミネートされ、批評家からはアスガー・ファルハディ監督やモハマド・ラスロフ監督に並ぶ才能と賞賛。世界中の映画祭で数々の受賞を果たし、確かな実力を発揮したベタシュ・サナイハ監督とマリヤム・モガッダム監督。イランでは、2020年2月のファジル国際映画祭で3回上映された以降、政府の検閲により劇場公開の許可が下りず、2年近く上映されていない。

イランで上映が中止された衝撃の冤罪サスペンス 映画『白い牛のバラッド』予告映像が公開
イランで上映が中止された衝撃の冤罪サスペンス 映画『白い牛のバラッド』予告映像が公開
イランで上映が中止された衝撃の冤罪サスペンス 映画『白い牛のバラッド』予告映像が公開

自国のタブーに斬り込んだ衝撃の冤罪サスペンス、映画『白い牛のバラッド』は2月18日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開。

作品情報
イランで上映が中止された衝撃の冤罪サスペンス 映画『白い牛のバラッド』予告映像が公開
映画『白い牛のバラッド』

テヘランの牛乳工場に勤めるミナは、夫のババクを殺人罪で死刑に処されたシングルマザーである。刑の執行から1年が経とうとしている今も深い喪失感に囚われている彼女は、聴覚障害で口のきけない娘ビタの存在を心のよりどころにしていた。ある日、裁判所に呼び出されたミナは、別の人物が真犯人だと知らされる。ミナはショックのあまり泣き崩れ、理不尽な現実を受け入れられず、謝罪を求めて繰り返し裁判所に足を運ぶが、夫に死刑を宣告した担当判事に会うことさえ叶わなかった。するとミナのもとに夫の友人を名乗る中年男性レザが訪ねてくる。ミナは親切な彼に心を開いていくが、ふたりを結びつける“ある秘密”には気づいていなかった。

監督:ベタシュ・サナイハ、マリヤム・モガッダム

出演:マリヤム・モガッダム、アリレザ・サニファル、プーリア・ラヒミサム

配給:ロングライド

2022年2月18日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

公式サイト longride.jp/whitecow/