Sep 29, 2021 news

世代を超えて人々を魅了し続ける〈伝説〉のミュージカルをスピルバーグ監督が映画化 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』新映像が公開

A A

世代を超えて人々を魅了し続ける〈伝説〉のミュージカルを、巨匠スティーブン・スピルバーグが念願の映画化。エンターテイメント界に新たな歴史を刻む奇跡のプロジェクトとなる映画『ウエスト・サイド・ストーリー』。

物語の舞台は、1950 年代のニューヨーク。マンハッタンのウエスト・サイドには、夢や成功を求める多くの移民たちがいた。差別や偏見に満ちた社会の中で、若者たちは同胞の仲間と結束し、各グループは敵対し合っていく。特に、ポーランド系移民<ジェッツ>とプエルトリコ系移民《シャークス》は激しく対立し、一触即発の状態に。ある夜のダンスパーティで、《ジェッツ》の元リーダーのトニーは、《シャークス》のリーダーの妹マリアに出会い、一瞬で惹かれあう。このふたりの禁断の恋が、多くの人々の運命を変えていくことも知らずに。

世代を超えて人々を魅了し続ける〈伝説〉のミュージカルをスピルバーグ監督が映画化 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』新映像が公開

華やかかつエネルギッシュなダンスシーンがおさめられた新映像アメリカ編が公開され、これまで数々の名作で人々を魅了してきた巨匠スピルバーグ監督の手腕が光る、圧巻の映像となっている。

『ウエスト・サイド・ストーリー』と言えば、レナード・バーンスタイン(作曲)とスティーブン・ソンドハイム(作詞)の最強タッグが手掛けた、作品を彩る名曲の数々。これまで解禁されてきた映像では、「Somewhere(サムウェア)」や「Tonight(トゥナイト)」の一部を聴くことができたが、雰囲気ががらりと変わった新映像では、アップテンポなダンスナンバー「Mambo(マンボ)」と「America(アメリカ)」が初解禁。

躍動感たっぷりのダンスシーンとともに流れる新生「America(アメリカ)」は、プエルトリコ系移民の《シャークス》のメンバーが、異なる場所で育った人々が集う地“アメリカ”を褒めたたえる楽曲。“異なる立場の者は、手を取り合うことができるのか?”というテーマの本作の、華やかな一面を歌い上げている印象的なナンバー。

幼い頃から本作の映画化を夢見ていたスピルバーグ監督が「私はクラシック音楽に囲まれて育ち、“ウエスト・サイド・ストーリー”は、うちのファミリーが初めて許したポピュラー音楽だった。私は虜になったよ」と明かす。

世代を超えて人々を魅了し続ける〈伝説〉のミュージカルをスピルバーグ監督が映画化 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』新映像が公開

混沌とした時代の中、偏見と闘いながら夢を追いかける、“今”を生きた若者たちの禁断のラブストーリーを描く伝説のミュージカル・エンターテインメント、映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は、2022年2月11日(金・祝)より全国公開。

作品情報
世代を超えて人々を魅了し続ける〈伝説〉のミュージカルをスピルバーグ監督が映画化 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』新映像が公開
映画『ウエスト・サイド・ストーリー』

ニューヨークのウエスト・サイドには、夢や自由を求めて世界中から多くの人々が集まっていた。しかし、差別や偏見による社会への不満を抱えた若者たちは、やがて仲間と集団を作り激しく敵対し合っていく。ある日、“ジェッツ”と呼ばれるチームの元リーダーのトニーは、対立する“シャークス”のリーダーの妹マリアと出会い、瞬く間に恋に落ちる。この禁断の愛は、多くの人々の運命を変える悲劇の始まりだった…。

製作・監督:スティーブン・スピルバーグ

出演:アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、アリアナ・デ・ボーズ、マイク・フェイスト、デビット・アルバレズ、リタ・モレノ

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2022年2月11日(金・祝) 全国公開

公式サイト 20thcenturystudios.jp/movie/westsidestory.html