Oct 21, 2021 news

犬童一心監督が世界的ダンサー・田中泯の生き様を追った 映画『名付けようのない踊り』予告映像が公開

A A

『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』『のぼうの城』などで知られる犬童一心監督が、世界的なダンサーとして活躍する田中泯の踊りと生き様を追った映画『名付けようのない踊り』が、2022年1月28日(金)より全国公開される。

1978年にパリデビューを果たし、世界中のアーティストと数々のコラボレーションを実現、そのダンスの公演歴は現在までに3000回を超える田中泯。『たそがれ清兵衛』(02)から始まった映像作品への出演も、ハリウッドからアジアまで広がっている。そんな独自の存在であり続ける田中泯のダンスを、『メゾン・ド・ヒミコ』(05)への出演オファーをきっかけに親交を重ねてきた犬童一心監督が、ポルトガル、パリ、東京、福島、広島、愛媛などを巡りながら撮影した本作。同じ踊りはなく、どのジャンルにも属さない田中泯のダンスを、息がかかるほど間近に感じながら、見るものの五感を研ぎ澄ます、そんな新たな映像体験が味わうことが出来る。

犬童一心監督が世界的ダンサー・田中泯の生き様を追った 映画『名付けようのない踊り』予告映像が公開

公開された予告映像では、女優・田中裕子のナレーションのもと、田中泯がオイルを全身に纏いながら踊るシーンから始まり、サンタクルス、東京、パリ、福島など“田中泯の踊りと旅にでる高揚感”に浸る事ができる。数々の踊りのはざまには、43年前のパリ秋芸術祭で衝撃の海外デビューを果たした当時の写真や、世界をどよめかせた裸体での踊り、そして山村浩二のアニメーションで描かれた子供時代の記憶が現れ、誰も形容することのできない田中泯の辿ってきた道を振り返る。

本作を一足先に鑑賞した役所広司は「一瞬も目が離せない踊り、彼の中で何が起こり、何が見えているのか?」とコメントし、山田洋次監督は「彼の表現と姿。その生き方すべてがアートなのだ」と語る。笑福亭鶴瓶は「こんなに真っ白の状態で観れる俳優はめずらしい」、大泉洋は「何故か目が冴え、頭がすっきりする感覚になるのは、それが人間の本質を見せているから」とコメント。オダギリジョーは「人間は生きるだけで芸術なんだと思わせてくれる」と語る。ほかにも、宮沢りえや橋爪功、原田マハなど多くの著名人から田中泯と本作への称賛の声が寄せられている。

犬童一心監督が世界的ダンサー・田中泯の生き様を追った 映画『名付けようのない踊り』予告映像が公開

どんな時代にあっても、好きな事を極め、心のままに生きる素晴らしさに気付かせてくれる田中泯の踊りと生き様を、五感をフルに使って堪能する映画『名付けようのない踊り』は、2022年1月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿バルト9、Bunkamura ル・シネマ他にて全国公開。

作品情報
犬童一心監督が世界的ダンサー・田中泯の生き様を追った 映画『名付けようのない踊り』予告映像が公開
映画『名付けようのない踊り』

1978年にパリデビューを果たし、世界中のアーティストと数々のコラボレーションを実現し、そのダンス歴は現在までに3000回を超える田中泯。映画『たそがれ清兵衛』(02)から始まった映像作品への出演も、ハリウッドからアジアまで広がっている。40歳の時、田中泯は“畑仕事によって自らの身体を作り、その身体で踊る”ことを決めた。そして74歳、ポルトガルはサンタクルスの街角で踊り、「幸せだ」と語る姿は、どんな時代にあっても好きな事を極め、心のままに生きる素晴らしさを気付かせてくれる。そんな独自の存在であり続ける田中泯のダンスを、『メゾン・ド・ヒミコ』への出演をきっかけに親交を重ねてきた犬童一心監督が、ポルトガル、パリ、山梨、福島などを巡りながら撮影。また、『頭山』でアカデミー賞短編アニメーション部門に日本人で初めてノミネートされた山村浩二によるアニメーションによって、田中泯のこども時代が情感豊かに点描され、ぶれない生き方が紐解かれてく。どのジャンルにも属さない田中泯の〈場踊り〉を、息がかかるほど間近に感じながら、次第に多幸感に包まれる。

脚本・監督:犬童一心

出演:田中泯 / 石原淋 / 中村達也、大友良英、ライコー・フェリックス / 松岡正剛

配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ

© 2021「名付けようのない踊り」製作委員会

2022年1月28日(金) 全国公開

公式サイト happinet-phantom.com/unnameable-dance/