Nov 07, 2022 news

沢田研二 主演映画初の主題歌!26年越しの異例のシングルカット 映画『土を喰らう十二ヵ月』

A A

沢田研二主演、松たか子共演の映画『土を喰らう十二ヵ月』。本作の主題歌がエンドロールに流れる、沢田研二の「いつか君は」に決定。「いつか君は」は1996年に発表したアルバム「愛まで待てない」の収録曲のひとつ。本作の公開に合わせて音源はリマスターし、カップリング曲「遠い夏」もあわせて収録。公開当日の11月11日(金)にCD発売されることになった。

この度、主題歌情報とあわせて特別映像が解禁された。

沢田の歌が映画の主題歌となるのは、1978年公開のアニメーション映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』の「ヤマトより愛をこめて」以来のこと。前作はアニメの為、自身が主演する映画では初の主題歌となる。

本作を観終わった後に、やはり沢田研二の声が聴きたいと考えたプロデューサー陣より、沢田による主題歌の歌唱を望んでいる旨を伝えたところ、沢田自身から「この歌ならこの映画に合うのではないか」と提案があった。

数々のヒット曲を送り出してきた沢田が選んだ「いつか君は」は、別れの予感のなかで、その寝顔を見ながら愛する人を思う歌詞になっている。離れてしまったとしても「こんなに愛せたから」と歌う沢田の声が心に響く。

沢田研二 主演映画初の主題歌!26年越しの異例のシングルカット 映画『土を喰らう十二ヵ月』

特別映像は、劇中でていねいに描かれる四季の移ろいと作家ツトムの生き方を感じられるもの。エンドロールと共に流れる「いつか君は」を聴きながら、ツトムと共に巡った十二ヵ月を感じてみては。

映画『土を喰らう十二ヵ月』は、11月11日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて全国公開。

作品情報
沢田研二 主演映画初の主題歌!26年越しの異例のシングルカット 映画『土を喰らう十二ヵ月』
映画『土を喰らう十二ヵ月』

長野の山荘で暮らす作家のツトム。山の実やきのこを採り、畑で育てた野菜を自ら料理し、季節の移ろいを感じながら原稿に向き合う日々を送っている。時折、編集者で恋人の真知子が、東京から訪ねてくる。食いしん坊の真知子と旬のものを料理して一緒に食べるのは、楽しく格別な時間。悠々自適に暮らすツトムだが、13年前に亡くした妻の遺骨を墓に納められずにいる。

監督・脚本:中江裕司

原案:水上勉「土を喰う日々 ーわが精進十二ヵ月ー」(新潮文庫刊)、「土を喰ふ日々 わが精進十二ヶ月」(文化出版局刊)

出演:沢田研二、松たか子、西田尚美、尾美としのり、瀧川鯉八、檀ふみ、火野正平、奈良岡朋子

配給:日活

©2022『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会

2022年11月11日(金) 全国公開

公式サイト tsuchiwokurau12.jp