May 27, 2022 news

巨匠・黒澤イズムを継承 日本映画が誇る技術の粋を注いだ本格歴史時代劇、映画『峠 最後のサムライ』メイキング独占映像を公開

A A

歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた、越後長岡藩家老・河井継之助を描いた国民的ベストセラー『峠』が初の映像化。映画『峠 最後のサムライ』として6月17日(金)より全国公開される。このたび、撮影メイキング映像を独占入手した。

メイキング映像で映し出されるのは、監督の演出を受ける主演の“最後のサムライ”河井継之助を演じた、役所広司。ベテランスタッフに囲まれながら、本格時代劇を作り上げている様子が流れる。

巨匠・黒澤イズムを継承 日本映画が誇る技術の粋を注いだ本格歴史時代劇、映画『峠 最後のサムライ』メイキング独占映像を公開

本作のあらすじはこうだ。一介の藩士でありながら、諸国への遊学を経て培った先見性とグローバルな視野をもとに、領民のための斬新な藩政改革を次々に実行していた継之助。

しかし、時流は倒幕へと傾き、侍としての使命と庶民を先導するリーダーとしての狭間で葛藤しながらも、 継之助はやがて強大な武力を誇る明治新政府軍に立ち向かっていく。

「最後のサムライ」として本当の正義を貫こうとするその姿は、奇しくも幕末と同じ動乱の現代を生きる私たちに深く突き刺さる。

共演には、継之助の妻を演じた松たか子をはじめ、香川京子、田中泯、永山絢斗、 芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢ら、と日本映画界を代表する豪華俳優陣が一挙集結した。