Dec 01, 2021 news

『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」

A A

1980年にスクリーンデビューしたアメリカを代表する俳優、トム・ハンクス。数々の作品に携わってきたトムの経歴を4つに区分し、各年代ごとの代表作を上映するイベント「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」が、12月21日(火)・25日(土)の2日間、ZERO 視聴覚ホールにて開催される。

80年代を代表して『スプラッシュ』、90年代を代表して『プリティ・リーグ』、00年代を代表して『ポーラー・エクスプレス』、10年代を代表して『幸せへのまわり道』の4作品が上映。クリスマスに観たい、この時期にぴったりなラインナップとなっており、上映後にはトークショーも行われる予定。


上映ラインナップ

『プリティ・リーグ』(1992)※12月21日(火) 18:45~

男子野球選手も出征を余儀なくされ、野球リーグの開催が困難になってしまった第二次世界大戦中のアメリカで、女子野球リーグが開催された。ピーチズの監督として、ジミー・ドゥーガン(トム・ハンクス)に白羽の矢が立つ。彼は有望な選手だったが、アルコールの問題を抱え、若くして選手生命を絶たれていた。飲んだくれてばかりで、まともに選手と向き合おうとしないジミーだったが、真剣に野球に向き合う選手たちをみて、監督としても人間としても輝きを取り戻していく。

ペニー・マーシャル監督によるトム・ハンクスが助演的役割を担った作品。自らも輝きつつ、女性たちも引き立てる立ち回りをしている。キャリアと積み上げ、スクリーンでの演技も板についてきた姿に注目したい。上映後には、チームエヌズの高山直美氏と社会人役者の内田啓太氏を招いたトークショーを開催予定。

『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」

『スプラッシュ』(1984)※12月25日(土) 13:35~

幼い頃、遊覧船から海を見つめていたアレン(トム・ハンクス)は、水の中に心惹かれるものを感じ、海に飛び込む。そこにいたのは人魚だった。手を取り惹かれ合う2人だったがアレンは救助され、彼女を忘れてしまう。数10年後、ひょんなことから海で溺れたアレンは、再び同じ人魚に助けられる。アレンが落とした財布を頼りに、人魚は人間のふりをして街に出向き、アレンと共に暮らすようになる。幸せな毎日を送る2人だったが、人魚を目撃した海洋学者が忍び寄り、彼女の正体を暴こうとしていた‥‥。

ロン・ハワード監督によるトム・ハンクスが世に知られるきっかけとなった作品。まだ初々しさの残るトム・ハンクスのお芝居が印象的。ここからどのような道のりを経て、アメリカを代表する俳優になったのか。上映後には、映画批評家の南波克行氏を招いたトークショーを開催予定。

『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」

『ポーラー・エクスプレス』(2004)※12月25日(土) 16:40~

クリスマス・イブの夜にあらわれる謎の機関車「ポーラー・エクスプレス」に乗って、クリスマスの聖地・北極点へ。そこは、ほんの少しの勇気と、信じる心があれば、どんな願いもかなう場所。地球のてっぺんを目指して猛スピードで走るスリルいっぱいのアドベンチャー。そして、数々の冒険の先には、きっと忘れられないクリスマスが待っている。

トム・ハンクスとロバート・ゼメキス監督が贈る、最高のクリスマス・ムービー。次世代パフォーマンス・キャプチャーを駆使し、幻想的で美しい絵本の世界を映像化することに成功。「サンタクロースは本当にいるの?」そんな思いを抱く主人公の少年の心にも、クリスマスの奇跡が起こる。俳優としてのお芝居だけではなく、声のお芝居や製作総指揮としてもキャリアを積んできたトム・ハンクス。多角的にトム・ハンクスを捉えるきっかけになる作品。

『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」

『幸せへのまわり道』(2019)※12月25日(土) 18:45~

ロイド・ボ―ゲルは、雑誌記者として華々しいキャリアを積んできた。今は愛する妻と生まれたばかりの子どもと暮らしている。ある日、ロイドは姉の結婚式に招待され、式場で絶縁していた父・ジェリーと再会を果たす。ロイドは、家庭を顧みず自分たち姉弟を捨てた父を許せずにいた。些細なことがきっかけで手を上げてしまうなど、心の内にわだかまりを抱えていた。数日後、ロイドは編集部の依頼で、子ども向け番組の司会者として人気者だったフレッド・ロジャースに関する記事を書くため、彼の仕事場を訪ねる。フレッドは、ひと目見ただけなのに、ロイドが抱えている家族の問題や心の葛藤を感じとる。一方、ロイドもフレッドの不思議な人柄に惹かれていく。やがて2人は、取材の名目を越えて、公私共に交流を深めていくのだった。ひとつの出会いが奇跡を呼び起こす、実話に基づいた物語

トム・ハンクスが人気子ども向け番組の司会者ミスター・ロジャースを熱演した、2020年 第92回アカデミー賞助演男優賞ノミネート作品で、フレッド・ロジャースになりきったと話題となった。トムの40年近いキャリアの集大成がこの一作に詰まっており、上質なお芝居が堪能できる。

『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」

上映に合わせてZINE「トム・ハンクス ファンブック」販売予定のイベント「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」は、12月21日(火)・25日(土)の2日間、ZERO 視聴覚ホールにて開催。

開催概要
『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」
「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」

2021年12月21日(火)・25日(土) ZERO 視聴覚ホールにて開催

主催:グッチーズ・フリースクール

公式サイト gucchis-free-school.com/event/20180614/
※各種チケットは12月1日(水)18:00よりチケット販売ページで販売開始予定

作品情報
『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」
映画『スプラッシュ』

幼い頃に海で人魚に出会った少年が青年へと成長し、同じく美しい人魚に成長した娘と再会する、コミカルなファンタスティック・ラブ・ストーリー。

監督: ロン・ハワード

出演:トム・ハンクス、ダリル・ハンナ ほか

Images courtesy of Park Circus/Disney

『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」
KEY
映画『プリティ・リーグ』

男子野球選手も出征を余儀なくされ、野球リーグの開催が困難になってしまった第二次世界大戦中のアメリカで、実在した全米女子プロ野球リーグの選手たちの奮闘を描いたドラマ。

監督:ペニー・マーシャル

出演:トム・ハンクス、ジーナ・デイビス ほか

© 1992 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」
映画『ポーラー・エクスプレス』

クリスマス・イブの夜にあらわれる謎の機関車「ポーラー・エクスプレス」に乗って、クリスマスの聖地・北極点へ。そこは、ほんの少しの勇気と、信じる心があれば、どんな願いもかなう場所。地球のてっぺんを目指して猛スピードで走るスリルいっぱいのアドベンチャー。

監督:ロバート・ゼメキス

出演:トム・ハンクス、ノーナ・ゲイ ほか

© 2004 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『スプラッシュ』『幸せへのまわり道』など年代別代表作を一挙上映 「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」
映画『幸せへのまわり道』

子供番組の人気司会者フレッド・ロジャースと雑誌記者の間で育まれた”数奇な友情”を描いた、実話を題材にした心温まるヒューマンドラマ。

監督:マリエル・ヘラー

出演:トム・ハンクス、マシュー・リス ほか

© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved