Nov 05, 2021 news

世界や日本で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラム 「東京芸術祭2021」

A A

2021年9月1日(水)~11月30日(火)までの91日間にわたり開催中の「東京芸術祭2021」。東京の多彩で奥深い芸術文化を通して世界とつながることを目指し、2016年から毎年秋に東京池袋エリアで開催している国際舞台芸術祭で、本年は「歴史のまばたき」をテーマとしている。

コロナ禍で国境を越えたアーティストや作品の招聘が困難となるなか、映像を通じて世界や日本各地で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラムが会期後半の11月1日(月)より視聴可能。国内外の実力派によるダンス作品や、フィクションとドキュメンタリーが交差する映像作品、舞台芸術と映像・配信の関係そのものを議論するシンポジウムやディスカッションまで、多彩な内容となっている。


配信プログラムラインアップ

『Learning from the Future 』(ダンス)
振付・演出:コレット・サドラー

振付家、パフォーマー、キュレーターとして活動するコレット・サドラーによる本作は、ダンサー=女性サイボーグの機械化を通じ、生身の身体に残された可能性を逆照射しようとする。舞台に屹立するモノリスの発する情報を全身に浴びつつ、驚くほど精密に動くサイボーグ。私たちは、そこに人間の証を見出し、その未来を見晴るかすことができるだろうか。

『The New Gospel – 新福音書 –』(映画)
作・監督:ミロ・ラウ

演劇を用いて現実に起きた事件や事象と向き合う劇作・演出家、ミロ・ラウ。映画監督、ジャーナリストとしても活動する彼が、パゾリーニやメル・ギブソンがキリストの物語を撮ったロケ地・南イタリアのマテーラを舞台に、今日的な「福音」の映画をつくりあげた。 現代文明とそこに生きる者の人間性とを鋭く問う、町ぐるみの受難劇。

ロロ『Every Body feat. フランケンシュタイン』(演劇)
脚本・演出:三浦直之(ロロ)

古今東西のポップカルチャーをサンプリングし、「ボーイ・ミーツ・ガール=出会い」の物語世界を立ち上げる劇団ロロ。高校演劇活性化を目指した『いつ高』(2015〜)シリーズなど、若者たちの賑やかな喧騒、瑞々しい心模様を描いてきた彼らが、メアリー・シェリーのゴシック小説『フランケンシュタイン』を大胆に翻案、シリアスな新境地に臨む。

世界や日本で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラム 「東京芸術祭2021」

Baobab『ジャングル・コンクリート・ジャングル』(ダンス)
振付・構成・演出:北尾 亘(Baobab)

総勢21名のダンサーが原始から近未来までを駆け抜ける「生命讚歌」として好評を博した、ダンスカンパニーBaobabの『ジャングル・コンクリート・ジャングル』(2019初演)がリ・クリエーションされる。過去作に新たな展開をもたらす「Re:born project」シリーズの一環でもある今作では、パンデミックを経た世界へ向け、失われつつある肌感覚を奪還し、異なる身体、生命が出会い、共生するビジョンが描かれる。

世界や日本で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラム 「東京芸術祭2021」

きたまり/KIKIKIKIKIKI『老花夜想(ノクターン)』(ダンス)
振付・演出:きたまり

マーラーの全交響曲を振付するプロジェクトをはじめ、領域横断的なアプローチで身体表現を追求してきた振付家、ダンサーのきたまりが、戯曲のダンス上演に取り組む。シリーズ化を見据えた第一弾ともなる今回、取り上げるのは、太田省吾の『老花夜想(ノクターン)』。のちに『水の駅』などの沈黙劇を手がける太田の初期戯曲。本作では、12名の登場人物による、老娼婦をめぐるコミカルかつ酷薄で切ないやりとりをふたりのダンサーの身体と唄・囃子・太棹三味線の生演奏が担い、「老い」の背景に積み重ねられた時間を鮮やかに露出させる。

世界や日本で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラム 「東京芸術祭2021」

オンラインディスカッション「映像のパフォーマンス」
スピーカー:北澤 潤、毛利嘉孝、ラファエル・トリュニャン

新型コロナウィルス感染拡大の影響を強く受ける舞台芸術。演じ手と観客とが同じ空間を共有する親密さを遠ざけることで、今、何が起きているのだろう。加速する舞台映像配信などを例に、アーティスト、プロデューサーそれぞれの視点から、カメラを通じた「上演」の可能性を語る。

世界や日本で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラム 「東京芸術祭2021」

オンラインディスカッション「公共空間でつくる意味」
スピーカー:岡田利規、竹下暁子、深田晃司

商店街や公園、広場などの公共空間で展開されるアートプロジェクト。地域を知り、地域と共に取り組むそのプロセスには、思いもかけない出会いがあり、時には企画のかたちをも変化させる。そうしたプロジェクトに携わるアーティストたちは、どのような「変化」を経験し、何を思考してきたのか。さまざまな土地での経験をもとに語り合う。

世界や日本で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラム 「東京芸術祭2021」

【シリーズ・持続可能な舞台芸術の環境をつくる】東京芸術祭2021シンポジウム
「ライブでしか伝わらないものとは何か? 〜教育、育児、ダンスの現場から〜」
登壇者:佐藤 学、開 一夫、北村明子

コロナ禍により一気に身近になった舞台芸術のオンライン配信。デジタル化による収益力強化の研究があらゆる業界で進行している。だがこの経済構造では、「生」でしか伝えられないことについての知見はなかなか出てこない。教育や育児のデジタル化の功罪を最前線で見つめる研究者、そして身体と身体のあいだで生じる出来事を世界各地で体感してきたアーティストの意見交換を通じて、「生」で出会うことの意味を再発見していく。

世界や日本で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラム 「東京芸術祭2021」

【シリーズ・持続可能な舞台芸術の環境をつくる】東京芸術祭2021シンポジウム
「アジアから舞台芸術と民主主義を考える ~タイ、台湾、フィリピンの現場から~

登壇者:ササピン・シリワーニット、リバー・リン、JK アニコチェ

コロナ禍を名目として民主化を要求する集会が禁止され、一方で急速なデジタル化が格差拡大を加速させていく。世界中で民主主義の危機が深刻化するなかで、他者の身体を前提とする小さなメディア=舞台芸術は、どのように人々とつながり「公共空間」を立ち上げることができるのか。アジアの舞台芸術をリードしてきたアーティストが集い、それぞれのローカルな実践から、これからの「自治」のしくみを考えていく。

世界や日本で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラム 「東京芸術祭2021」

東京芸術祭2021」は、11月30日(火)まで開催。上記各プログラムの詳細や試聴方法は、東京芸術祭2021ウェブサイトにてご確認ください。

作品情報
世界や日本で活躍する表現者の取り組みにフォーカスする9本の配信プログラム 「東京芸術祭2021」
「東京芸術祭2021」

東京の多彩で奥深い芸術文化を通して世界とつながることを目指し、毎年秋に東京・池袋エリアを中心に開催している都市型総合芸術祭。東京の芸術文化の魅力を分かり易く見せると同時に東京における芸術文化の創造力を高めることを目指している。中長期的には社会課題の解決や人づくり、都市づくり、そしてグローバル化への対応を視野にいれて取り組んでいる。

会期:2021年9月1日(水)~11月30日(火)

会場:東京芸術劇場、GLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場)、あうるすぽっと(豊島区立舞台芸交流センター)、東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)ほか東京・池袋エリア

主催:東京芸術祭実⾏委員会
※豊島区、公益財団法⼈としま未来⽂化財団、公益財団法⼈東京都歴史⽂化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)

公式サイト tokyo-festival.jp/2021/