Aug 13, 2021 news

特撮人形劇の最高傑作が完全新作で蘇る!構成を務める樋口真嗣監督も興奮の映画『サンダーバード55 / GOGO』 特報映像が公開

A A

イギリスでは1965年、日本では翌1966年に放送が開始された、特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮界の伝説的作品として知られている。

人形の独特な動きや、ユニークな近未来的メカデザイン、人形劇とは思えないダイナミック特撮描写はテレビ界の常識を塗り替えたとも言われ、劇場用長編版も2本製作されているほか、2004年には実写版リメイク、2015年には新たにCGアニメーションが制作されるなど、現代まで世界中のファンに愛され続けている。

なかでも日本での人気は絶大で、「ウルトラセブン」をはじめとした黎明期から今日の『シン・ゴジラ』などに至るまで、数々の日本特撮、ロボット・SFアニメ作品にも多大なる影響を与えた。

日本放送開始55周年を祝して発足された「サンダーバード55周年プロジェクト」。その目玉企画として2022年に公開される映画『サンダーバード55/GOGO』は、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版で、完全新作として蘇る。これら3話のエピソードは当時ラジオドラマとして書かれた脚本をもとに、はじめて映像化されたもので、オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影された。

この度、本作の特報映像が公開され、オリジナル作品で最も有名な、あの「ファイブ!フォー!スリー!トゥー!ワン!」のカウントダウンが、新たな映像と共に、華麗に蘇る。

構成担当は、『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督。「サンダーバード」の大ファンである樋口監督構成のもとで、3話のエピソードをそのままに、世界初の映画版が完成する。

「サンダーバード」に最も影響を受けたという樋口監督は、「サンダーバードの未発表のオリジナル音源が見つかって、オリジナルの操り人形(マリオネット)を使い、かつてのスタッフが集まって映像化・・・。まるで夢のような出来事でしたが、あれは夢ではなかったのです。ノーCGのスーパーマリオネーションの復活なのです!」とファンとしての興奮もありながら、「もっと愛が深い“サンダーバー道”の大先輩たちを差し置いてワタシ如き若造が、まことに僭越ではございますが、ゼロエックス、スカイシップ1に続く劇場公開を目指して鋭意出動準備中(Standby for Action!)であります。」と製作に意気込みを見せた。

映画『サンダーバード55 / GOGO』は、2022年、劇場公開&デジタル配信。

作品情報
特撮人形劇の最高傑作が完全新作で蘇る!構成を務める樋口真嗣監督も興奮の映画『サンダーバード55 / GOGO』 特報映像が公開
映画『サンダーバード55 / GOGO』

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。日本上陸から55年。日本特撮界が憧れた伝説のスーパーマリオネーションが完全新作でよみがえる!

監督:スティーブン・ラリビエー、ジャスティン・T・リー、デヴィッド・エリオット

オリジナル製作:ジェリー・アンダーソン、シルヴィア・アンダーソン

配給:東北新社/STAR CHANNEL MOVIES

Thunderbirds ™ and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

2022年 劇場公開、デジタル配信

映画公式サイト tb55movie.com
55周年特設サイト tbjapan.com