Dec 13, 2021 news

敵は映画史上最狂の知能犯・リドラー 映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』日本版予告映像が公開

A A

世界中の賞レースを沸かせ社会現象となった『ジョーカー』に続き、DCユニバースに属さない注目の最新作、映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来、全世界が待ちわびたバットマンの単独映画が、大きな期待と共に幕を開ける。

本作は、サスペンスの要素が色濃く、クリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』シリーズや『ジョーカー』を彷彿とさせるような世界観に包まれており、知能犯リドラーが社会に蔓延した<嘘>を暴いていく物語。そして、最後の標的は、若き日の青年ブルース。彼の<嘘>も暴かれ、人間の本性がむき出しになっていく姿を描き、まだバットマンになろうとする姿をミステリアスかつエモーショナルに展開されていく。

この度、本作の日本版予告映像が公開された。

ゴッサム・シティを恐怖に陥れる事件を捜査する探偵・ブルースの前に、世の中を恐怖で支配する最狂の知能犯・リドラーが現れる。“なぞなぞ”、意味深なメッセージを残し世の中の嘘に制裁を加え、犯行予告を楽しむリドラー。「次の標的」にされリドラーと接触することになったブルース=バットマン。不穏な空気が漂う中、リドラーに翻弄されたブルースは、犯罪者たちを執拗に殴りつけ、敵を猛追し、怒り、憎しみを露わにし、これまで正義の象徴だった“バットマン”とは違う、狂気がかった衝撃的な姿が捉えられている。

注目のブルース・ウェイン役には、『ハリー・ポッター』『トワイライト』シリーズで一躍人気俳優の仲間入りし、日本でリピーター続出という社会現象を巻き起こした『TENET テネット』で主人公のバディ・ニールを好演するなど、演技派俳優として再び注目を集めているロバート・パティンソン。バットマンと言えば、マイケル・キートン、ジョージ・クルーニー、クリスチャン・ベール、ベン・アフレック等、数々の名優たちが主演を務め、常に異質のキャラクターとして存在感を示してきたが、同作で監督・脚本を務めるマット・リーヴス監督(『猿の惑星:新世紀』『猿の惑星:聖戦記』)は、ロバート演じる新しいバットマンについて「自分の人格をコントロールできない、バットマンとブルースの境界が曖昧でずっと悩み続けている人物」と語っている。また「無謀なロックスターのようなブルース・ウェインを考えていて、イメージ通りの新しいブルースを体現してくれたよ」とブルースとしてのロバートのオーラや演技力を高く評価している。

狂気と感情が爆発する謎解きサスペンス・アクション、映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は、2022年3月11日(金)に全国公開。

作品情報
敵は映画史上最狂の知能犯・リドラー 映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』日本版予告映像が公開
映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』

優しくもミステリアスな青年ブルースは、両親殺害の復讐を誓い、夜は黒いマスクで素顔を隠し犯罪者を見つけては力でねじ伏せ、悪と敵対する存在の“バットマン”になろうとしている。ある日、権力者が標的になった連続殺人事件が発生。その犯人を名乗るのは、史上最狂の知能犯リドラー。ヤツは犯行の際、必ず“なぞなぞ”を残し、警察や世界一優秀な探偵のブルースを挑発する。いったい何のために犯行を繰り返すのか?そして暴かれる、政府の陰謀とブルースにまつわる過去の悪事や父親の罪‥‥。追い詰められたその時、彼の心の中で、何かが音を立てて壊れ始めた。あなたは世界の嘘を暴き、人間の本性を見抜けるか。

監督:マット・リーヴス

出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト ほか

配給:ワーナーブラザース映画

© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

2022年3月11日(金) 全国公開

公式サイト wwws.warnerbros.co.jp/thebatman-movie