Aug 13, 2021 news

キャスト一新! 新バットマンをロバート・パティンソンが演じる 映画『THE BATMAN-ザ・バットマンー』 日本での公開決定&日本版特報映像が公開

A A

最新作『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』をはじめ、多くの話題作を手掛けるDCの新たな注目作、映画『THE BATMAN-ザ・バットマンー』の日本公開が決定した。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマン単独映画が全世界の大きな期待と共に遂に幕を開ける。

新バットマン/ブルース・ウェインを『ハリー・ポッター』シリーズ、『トワイライト』シリーズで世界中を虜にしたロバート・パティンソンが演じる。日本でもリピーター続出の社会現象を巻き起こした『TENET テネット』では主人公のバディ“ニール”を好演した。これまで、マイケル・キートン、ジョージ・クルーニー、クリスチャン・ベール等、数々の名優たちが作り上げたヒーローをどのように演じるか注目が集まる。

監督・脚本を務めるのは、『クローバーフィールド/HAKAISHA』や、『猿の惑星:新世紀』『猿の惑星:聖戦記』で世界中の度肝を抜いたマット・リーブス監督。そのほか多くのキャラクターの解釈を一新し、ペンギン役にコリン・ファレル、リドラー役にポール・ダノ、キャットウーマン役にゾーイ・クラヴィッツ、カーマイン・ファルコン役にジョン・タトゥーロ、そしてお馴染みのアルフレッド役とジェームズ・ゴードン役にはアンディ・サーキス、ジェフリー・ライトがそれぞれ演じる。

この度公開された日本版特報映像では、不穏で不気味な雰囲気の中、カート・コバーンが率いた伝説のバンドNirvanaの「Something In The Way」が流れ、ただならぬ気配を増長させている。

バットスーツや様々な機能が搭載されたバットマンが愛用する特殊車両・バットモービルなど、ファンの心を熱くするガジェットは健在。キャスト同様、一新されたデザインが、どのようなものになるかも注目を集めている。

あわせて場面写真も公開。マット・リーブス監督によると、本作はバットマン誕生の物語ではなく、若き日のバットマンを描いた作品。ヴィランたちもまた、ヴィランとして完全になる前の姿で、ミステリーの要素が色濃く、本作に影響を与えた作品としては、『チャイナタウン』(74)、『フレンチ・コネクション』(71)、『タクシードライバー』(76)に代表される、1970年代の“リアルなストリート”を題材にした作品を挙げており、『ジョーカー』が持つ、何とも形容しがたいが、人々の心情に訴える雰囲気の作品になることを彷彿とさせている。

キャスト一新! 新バットマンをロバート・パティンソンが演じる 映画『THE BATMAN-ザ・バットマンー』 日本での公開決定&日本版特報映像が公開
キャスト一新! 新バットマンをロバート・パティンソンが演じる 映画『THE BATMAN-ザ・バットマンー』 日本での公開決定&日本版特報映像が公開

さらに現在、六本木ヒルズ森タワー52階・東京シティビューでは、2021年6月25日(金)~9月5日(日)で、DCの特別総合展『DC展 スーパーヒーローの誕生』を開催中。歴代バットマンのコスチュームや本作にも登場するペンギンの過去シリーズの展示もされている。

また、10月には、昨年に引き続き「DCファンドーム」の開催もアナウンスされており、本作に関連する新しい情報が解禁されるのではないかと早くもファンの間で囁かれている。新たなるバットマンの誕生までのカウントダウンがはじまる。

映画『THE BATMAN-ザ・バットマンー』は2022年春に公開。

作品情報
キャスト一新! 新バットマンをロバート・パティンソンが演じる 映画『THE BATMAN-ザ・バットマンー』 日本での公開決定&日本版特報映像が公開
映画『THE BATMAN-ザ・バットマンー』

監督:マット・リーブス

キャスト:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライトほか

配給:ワーナーブラザース映画

© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

2022年春 劇場公開

公式サイト warnerbros.co.jp