Oct 01, 2021 news

樋口真嗣監督 × スティーブン・ラリビエー監督が初対談!映画『サンダーバード55 / GOGO』メイキング映像&日本版ポスタービジュアルが公開

A A

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ『サンダーバード』。

なかでも日本での人気は絶大で、『ウルトラセブン』をはじめとした黎明期から今日の『シン・ゴジラ』などに至るまで、数々の日本特撮、ロボット・SFアニメ作品にも多大なる影響を与え、そして『2001年宇宙の旅』『スター・ウォーズ』『007』など世界のSF作品&作家にも影響を与えた伝説的作品として知られている。

オリジナルの撮影手法を完全再現した新作3話を、『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督が日本公開用に構成し、エピソードはそのままに世界初の1本の映画にした映画『サンダーバード55 / GOGO』が、2022年1月7日(金)より劇場公開、2022年1月8日(土)よりオンライン公開されることが決定。

1965年に本国イギリスで放送をスタートした9月30日の《サンダーバードの日》に、本作の日本版構成担当を務める樋口真嗣監督と、イギリスで本作を制作したプロデューサーも兼ねるスティーブン・ラリビエー監督が登壇するオンラインファンイベントが開催され、日本での公開日とともにメイキング映像や、日本版ポスタービジュアルなども初解禁された。

樋口真嗣監督  ×  スティーブン・ラリビエー監督が初対談!映画『サンダーバード55 / GOGO』メイキング映像&日本版ポスタービジュアルが公開

樋口監督とイギリスからリモートで参加するラリビエ―監督は今回が初対面となり、撮影技術が発達している中で当日の撮影手法そのままに映画化に至った経緯や、大ファンであった『サンダーバード』シリーズの魅力などについて語った。

樋口監督は「なぜ『サンダーバード55 / GOGO』製作にGOサインが出たのかを知りたい。僕らは『ウルトラマン』や『ゴジラ』を作るのに40年もかかったのに」と質問。それにラリビエー監督は「僕には“スーパーマリオネーション”に関するドキュメンタリーを作った実績もあり、『サンダーバード』50周年の際に企画を打診したらOKをもらった。『サンダーバード』を復活させたらファンも喜ぶと思ったんだろう。」と製作までの舞台裏を明かした。

一方のラリビエー監督は日本版がどのような形になるのか気になるようで、樋口監督は「ラリビエー監督たちがこの映画を作りたいと思った気持ちが素晴らしく、皆さんがこだわったプロセスを見てほしいというのがキモ。ラリビエー監督の物語として出来上がるように構成している」と構成担当としての責任を口にし「そして日本での『サンダーバード』と言えば、あの主題歌!それを最後に流したいので、そこだけは日本独自に付け加えるかもしれない」と日本版ならではの構想を口にした。

映画『サンダーバード55 / GOGO』は、2022年1月7日(金)より劇場公開、2022年1月8日(土)よりオンライン公開。

作品情報
樋口真嗣監督  ×  スティーブン・ラリビエー監督が初対談!映画『サンダーバード55 / GOGO』メイキング映像&日本版ポスタービジュアルが公開
映画『サンダーバード55/GOGO』

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。日本上陸から55年。日本特撮界が憧れた伝説のスーパーマリオネーションが完全新作でよみがえる!

監督:スティーブン・ラリビエー、ジャスティン・T・リー、デヴィッド・エリオット

オリジナル製作:ジェリー・アンダーソン、シルヴィア・アンダーソン

配給:東北新社/STAR CHANNEL MOVIES

Thunderbirds ™ and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

2022年1月7日(金)より劇場公開 / 2022年1月8日(土)よりオンライン公開

映画公式サイト tb55movie.com
55周年特設サイト tbjapan.com