Nov 22, 2022 news

「私は人殺しを育てた」銃乱射事件の被害者と加害者の両親、4人の禁断の対話がもたらすスリルと衝撃 映画『対峙』

A A

銃乱射事件の被害者家族と加害者家族による緊迫の対話を描くアメリカ映画「MASS」(原題)が、邦題『対峙』として2023年2月10日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開決定。

アメリカのある高校で生徒による銃乱射事件が発生し、多くの同級生が死亡。犯人の少年もそのまま校内で自ら命を絶った。それから6年、事件で息子を殺された“被害者”の両親と、事件を起こした“加害者”の両親が、セラピストの勧めで対面することになる‥‥。

ほぼ全編に渡って主要キャスト4人よる密室の会話劇という斬新でチャレンジングな設定ながら、英国アカデミー賞をはじめ各国の映画賞81部門でノミネート、釜山国際映画祭フラッシュフォワード部門観客賞をはじめ各国の映画賞43部門で受賞。Rotten Tomatoesでは、批評家95%・観客90%FRESH(11/14時点)という最高級の評価を獲得している。

この度、特報映像&ビジュアルが公開された。

「私は人殺しを育てた」銃乱射事件の被害者と加害者の両親、4人の禁断の対話がもたらすスリルと衝撃 映画『対峙』

監督を務めるのは、映画『キャビン』やTVシリーズ「ドールハウス」などで知られる俳優出身のフラン・クランツ。これが初監督・初脚本作品とは思えない緻密な脚本と演出により、密室4人の限られた設定ながら、どんなスリラーにも勝る衝撃的なほどの緊迫感に満ちた物語となっている。

本作は、俳優たちの圧倒的な演技も大きな見どころのひとつ。“加害者”の父親をTV「ハウス・オブ・カード 野望の階段」シリーズなどのリード・バーニー、そのかつての妻で加害者の母親を『へレディタリー/継承』などのアン・ダウド、そのふたりと対峙することになる“被害者”の父親を『ハリー・ポッターと秘密の部屋』などのジェイソン・アイザックス、その妻で被害者の母親を『グーニーズ』などのマーサ・プリンプトンがそれぞれ演じる。この4人の熱演は圧巻のひとことで、多くの映画賞でベスト・アンサンブル賞を受賞。キャラクターに命を吹き込む演技により生み出される臨場感は、観る者の胸をも抉るほど。

「私は人殺しを育てた」銃乱射事件の被害者と加害者の両親、4人の禁断の対話がもたらすスリルと衝撃 映画『対峙』

特報映像は、加害者の母が今にも泣き出しそうな悲痛な表情で告げる「私は人殺しを育てた」というショッキングな言葉で幕を開ける。続いて被害者の母が「あなたの子が息子を殺したからよ」と無表情で相手にたたみかけ、被害者の父が激しく机をたたきながら「あの子がどう死んだか分かってない」と感情を爆発させる。さらに加害者の父が「我々は世間に憎まれ続けた」とどこか冷静に語る姿など、教会の個室という密室で繰り広げられる4人の対話の緊迫感に満ちた様子や彼らを襲う心の揺れを捉え、この禁断の対話の行方が気にならずにはいられない。

「私は人殺しを育てた」銃乱射事件の被害者と加害者の両親、4人の禁断の対話がもたらすスリルと衝撃 映画『対峙』

不寛容やリアルな人間関係の希薄さが問題視される現代社会で、〈被害者と加害者の対話〉という極めて重くセンシティブなテーマを圧倒的な臨場感と手に汗握るスリルをもって描き切る、まさに今見なければならない傑作が、ついに日本上陸。

作品情報
「私は人殺しを育てた」銃乱射事件の被害者と加害者の両親、4人の禁断の対話がもたらすスリルと衝撃 映画『対峙』
映画『対峙』

アメリカの高校で、生徒による銃乱射事件が勃発。多くの同級生が殺され、犯人の少年も校内で自ら命を絶った。それから6年、いまだ息子の死を受け入れられないペリー夫妻は、事件の背景にどういう真実があったのか、何か予兆があったのではないかという思いを募らせていた。夫妻は、セラピストの勧めで、加害者の両親と会って話をする機会を得る。場所は教会の奥の小さな個室、立会人は無し。「お元気ですか?」と、古い知り合い同士のような挨拶をぎこちなく交わす4人。そして遂に、ペリー夫人の「息子さんについて何もかも話してください」という言葉を合図に、誰も結末が予測できない対話が幕を開ける。

監督・脚本:フラン・クランツ

出演:リード・バーニー、アン・ダウド、ジェイソン・アイザックス、マーサ・プリンプトン

配給:トランスフォーマー

© 2020 7 ECCLES STREET LLC

2023年2月10日(金) TOHOシネマズシャンテほか全国公開

公式サイト transformer.co.jp/m/taiji/