Sep 29, 2022 news

「人間は恋と革命のために生まれて来たのだ」 太宰治「斜陽」執筆75周年記念 映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』

A A

1947年に出版され“斜陽族”と流行語にもなり、大ベストセラーとなった太宰治の名著「斜陽」執筆75周年を記念して製作された、映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』。ヒロインのかず子を宮本茉由、彼女が想いを寄せる売れ子作家を安藤政信が演じ、戦後の日本を舞台に“恋と革命の物語”が綴られる。

この度、予告映像&ポスタービジュアルが公開された。

「人間は恋と革命のために生まれて来たのだ」 太宰治「斜陽」執筆75周年記念 映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』

「人間は恋と革命のために生まれてきた」―太宰治の名言が刻まれた名著「斜陽」。今もなお若い読者を獲得し読み継がれている「斜陽」は、戦後の日本を舞台に没落貴族の娘かず子と彼女が想いを寄せる売れっ子作家との“恋と革命の物語”。

予告映像は、売れっ子作家、上原(安藤政信)がヒロインのかず子(宮本茉由)にいきなり接吻する衝撃のモノクロの映像で幕をあけ、「鳩のごとく素直に、蛇のごとく慧(さと)かれ、というイエスの言葉を思い出し、ある決心をした」と東京へと向かうかず子の姿が映し出される。

終戦を迎えた日本は新たな価値観で生き抜かねばならない時代を迎えていた。住み慣れた土地を離れ、激動の時代を懸命に生き抜くことを決意したかず子は、太宰自身が投影された上原に想いを寄せている。「俺には女房も子供もいるんだぜ」という男に、「私の生きがいはあなたを愛して子供を産むことなの」と応じるかず子ににじむのは、新たな価値観で生き抜くと決めた強い意志。混沌とした時代に、常識から外れ自由に生きる男と、強く真っ直ぐに生きる女が出会う“恋と革命の物語”は、どんな展開を迎えるのか。

また、予告映像では豪華共演者たちも紹介。没落貴族の母・都貴子に水野真紀、貴族の血に抗いながら麻薬と酒に逃げ破滅していく弟・直治を奥野壮、上原行きつけの酒場の女将に萬田久子、都貴子を診察する三宅医師に柄本明と実力派俳優が脇を固めている。

映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』は、10月28日(金)よりTOHOシネマズ甲府、シアターセントラルBe館にて先行公開、11月4日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開。

作品情報
「人間は恋と革命のために生まれて来たのだ」 太宰治「斜陽」執筆75周年記念 映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』
映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』

「人間は恋と革命のために生まれてきた」―太宰治の名言が刻まれた名著「斜陽」。今もなお若い読者を獲得し読み継がれている「斜陽」が執筆75周年を記念して映画化。戦後の日本を舞台に没落貴族の娘かず子と彼女が想いを寄せる売れっ子作家との“恋と革命の物語”。

監督:近藤明男

原作:太宰治「斜陽」

出演:宮本茉由 / 安藤政信、水野真紀、奥野壮、田中健、細川直美、白須慶子、三上寛、柏原収史 / 萬田久子 / 柄本明、尾崎右宗、菅田俊、岡部尚、中谷太郎、緒方美穂、三木秀甫、岡元あつこ、栗原沙也加、今泉朋子、白石恭子、薗田正美、光藤えり、山村友乃、野崎小三郎、ジョナゴールド / 春風亭昇太

配給:彩プロ

©2022 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』製作委員会

2022年10月28日(金) TOHOシネマズ甲府、シアターセントラルBe館にて先行公開 / 2022年11月4日(金) TOHOシネマズ日本橋ほか全国公開

公式サイト syayo.ayapro.ne.jp/