Jun 14, 2021 news

映画『サマーフィルムにのって』映画・ドラマに引っ張りだこの注目若手俳優:金子大地【新場面写真公開】

A A

伊藤万理華(元乃木坂46)が主演を務める映画『サマーフィルムにのって』が8月6日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開となる。本作は、第33 回東京国際映画祭で上映されるやいなや話題を集め、世界各国の映画祭での上映が続々と決定。青春映画には欠かせない恋と友情に加え、時代劇、SF、全ての要素が華麗にシンクロ。物語は奇跡的なラストシーンへと向かい、唯一無二の魅力を放つ。

主役には、猫背・がに股を披露し勝新オタクを熱演、殺陣にも挑戦している元乃木坂46の伊藤万理華。共演に金子大地、河合優実、祷キララと、今後の活躍が期待される新星が勢揃いした。監督はドラマやCM、MVなど幅広く手掛ける松本壮史が務め、数々の映像作品を共に作り上げてきた盟友、劇団「ロロ」主宰・三浦直之が脚本を担当。気鋭の若手クリエイターの元に次世代俳優たちが集結し、ここに新時代を代表する青春映画が誕生した。

『サマーフィルムにのって』金子大地2
いま業界注目の若手実力派俳優:金子大地

この度、いま映画・ドラマで注目を高め、本作でも重要な役どころを担う金子大地の新場面写真が公開となった。金子が演じたのは主人公ハダシ(伊藤万理華)に突如、時代劇映画の主役に抜擢される凛太郎。仲間たちと映画づくりに励むも、実は未来からやってきたタイムトラベラーという秘密を抱えおり、少しミステリアスな雰囲気もある役どころだ。今回解禁する場面写真は、侍に扮した凛太郎の物憂げな表情や、殺陣シーンのために仲間たちと練習に取り組む彼の強い眼差しが印象的な2点。劇中でハダシは凛太郎の切れ長な瞳、儚げな表情、悲しげな視線に“一目惚れ”し、自身の書いた脚本「武士の青春」の主役・猪太郎にぴったりだと猛アプローチをするのだが、実際に松本監督も金子のキャスティングについて「金子大地さんの目に惚れ込みました。凛とした立ち姿、そしてその視線に“凛太郎だ!”と確信しました」と語っている。

金子はテレビドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」の主演で注目を集め、同作にて第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞し、若手の実力派俳優としても知られるように。その後、テレビドラマや映画など幅広く活躍し、現在公開中の映画『猿楽町で会いましょう』では石川瑠華とW主演を務め話題を集めている。さらに、本作の後には『先生、私の隣に座っていただけませんか?』ほか3本が公開待機中。今まさに映画界で引っ張りだこの注目若手俳優だ。そんな金子が演じる、未来からやってきた謎の青年・凛太郎役にぜひご期待ください。

映画『サマーフィルムにのって』
8月6日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開

『サマーフィルムにのって』メインスチール
映画『サマーフィルムにのって』

<STORY>
勝新を敬愛する高校3年生のハダシ。キラキラ恋愛映画ばかりの映画部では、撮りたい時代劇を作れずにくすぶっていた。そんなある日、彼女の前に現れたのは武士役にぴったりな凛太郎。すぐさま個性豊かな仲間を集め出したハダシは、文化祭でのゲリラ上映を目指すことに。青春全てをかけた映画作りの中で、ハダシは凛太郎へほのかな恋心を抱き始めるが、彼には未来からやってきたタイムトラベラーだという秘密があった――。

キャスト: 伊藤万理華、金子大地、河合優実、祷キララ、小日向星一、池田永吉、篠田諒、甲田まひる、ゆうたろう、篠原悠伸、板橋駿谷
監督: 松本壮史 脚本:三浦直之(ロロ)、松本壮史
主題歌: Cody・Lee(李)「異星人と熱帯夜」(sakuramachi records)
制作プロダクション:パイプライン
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
© 2021「サマーフィルムにのって」製作委員会

公式サイト:phantom-film.com/summerfilm
公式twitter:@summerfilm_2020

8月6日(金)より、新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10