Sep 09, 2021 news

全9作品の“キーマン”が勢揃いしたキービジュアルが公開 アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』 9月22日(水)よりディズニープラスにて独占配信開始

A A

全世界を興奮で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた「スター・ウォーズ」シリーズ。日本を代表する7つのアニメスタジオが独自の“ビジョン”で描く9つの新しい物語、アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』が9月22日(水)よりディズニープラスにて独占配信開始する。

この度、世界中のファンが待ち望む全9作品の“キーマン”となるキャラクターが一堂に集結したキービジュアルが世界同時に公開された。日本文化に影響を受けて生まれた「スター・ウォーズ」のスピリットを受け継ぎつつ、「スター・ウォーズ」愛に溢れる日本のクリエイターたちがそれぞれ独自のスタイルを取り入れながら一体どんな新たな物語を生み出したのか?期待と想像が膨らむビジュアルとなっている。

全9作品の“キーマン”が勢揃いしたキービジュアルが公開 アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』 9月22日(水)よりディズニープラスにて独占配信開始

そんなキービジュアルの中でも圧倒的なオーラを放ち、赤色のライトセーバーを持った浪人が登場する作品『The Duel』を描く神風動画の水﨑淳平総監督は溢れる「スター・ウォーズ」愛について、「小学生くらいの頃、父と観たテレビ放送の『スター・ウォーズ エピソード5 /帝国の逆襲』が最初のスター・ウォーズで、自身の映画や創作の世界への価値観に強く影響したと思う。『The Duel』にもオマージュとして演出に反映している」と語り、さらに『九人目のジェダイ』を手掛けるプロダクションI.G の神山監督は、「日本人の作った作品が、スター・ウォーズが誕生するきっかけの一つになっているということに対して感じる喜びや誇りみたいなものが、特に僕らの世代にはある。それが回り回って日本人が自分たちの思う〈スター・ウォーズ〉を作る機会がやってきたというのが感慨深い」と、本プロジェクトに対する想いを語った。

「スター・ウォーズ」の創造のルーツとなった“日本”、そしてその日本から新たに誕生する、「スター・ウォーズ」を独自のビジョンで描いたアニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、9月22日(水)よりディズニープラスにて独占配信開始。

作品情報
全9作品の“キーマン”が勢揃いしたキービジュアルが公開 アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』 9月22日(水)よりディズニープラスにて独占配信開始
アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』

全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。この銀河で最も有名なシリーズを生み出したルーカスフィルムとスター・ウォーズにとって創造のルーツとなった日本との新たなプロジェクトが始動。世界最高峰のクオリティを誇る作品を送り出してきた日本のアニメクリエイターたちの“ビジョン”を通してスター・ウォーズの新たな物語が描かれる。

神風動画『The Duel』総監督:水﨑淳平

キネマシトラス『村の花嫁』、『Village Bride』監督:垪和等

サイエンスSARU『T0-B1』/『赤霧』、『Akakiri』監督:アベル・ゴンゴラ / チェ・ウニョン

ジェノスタジオ『のらうさロップと緋桜お蝶』、『Lop and Ochō』監督:五十嵐祐貴

スタジオコロリド『タトゥイーン・ラプソディ』、『Tatooine Rhapsody』監督:木村拓

トリガー『THE TWINS』 / 『The Elder』 監督:今石洋之 / 大塚雅彦

プロダクションI.G.『九人目のジェダイ』、『The Ninth Jedi』 監督:神山健治

(C)2021 TM & c Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2021年9月22日(水) ディズニープラスにて独占配信開始

公式サイト disneyplus.jp