Feb 24, 2022 news

エドガー・ライト監督が手掛けた初の音楽ドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』予告映像が公開

A A

『ラストナイト・イン・ソーホー』『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督が手掛けた初の音楽ドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』。

この度、予告映像が公開された。

本作では兄弟バンド・スパークスの音楽的ルーツを遡り、謎に包まれたスパークスの50年に及ぶ歴史を紐解いていく。これまでにアルバムを25枚リリース、発表楽曲数は345にのぼり、最近ではレオス・カラックス監督作『アネット』の原案・音楽を手掛けたことでも話題。しかし、自分たちの独特な音楽スタイルを貫き続けることで、世間に受け入れられない時期も長くあった。そんな音楽界の異端児スパークスの過去・現在・未来が、メンバーのロン・メイル(兄)&ラッセル・メイル(弟)や世界的アーティストたちへのインタビュー、さらに貴重なアーカイブ映像などで初めて明らかになる。

エドガー・ライト監督が手掛けた初の音楽ドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』予告映像が公開
エドガー・ライト監督が手掛けた初の音楽ドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』予告映像が公開

世界的な人気を誇るグラミー賞アーティストのベックは「大勢のミュージシャンとの会話は結局スパークスの話になる」と語る。その言葉を裏付けるように豪華アーティストたちがコメントを寄せる。フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)「“こいつら誰だ?”と思っていた」、トッド・ラングレン「他のバンドと違う」、デュラン・デュランのニック・ローズ&ジョン・テイラー「異常だが、すばらしい」など感嘆の声が続出。予告に登場するこれらのコメントのほか本編中では、スパークスと2015年にコラボしたバンド、フランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノス、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』では主演を務めた歌姫ビョーク、セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズ、ニュー・オーダーのスティーヴン・モリス&ジリアン・ギルバートなどがそれぞれの「スパークス愛」を嬉々として語る。

エドガー・ライト監督が手掛けた初の音楽ドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』予告映像が公開

また、劇中の一部のアニメパートではエドガー・ライト監督の盟友サイモン・ペッグ&ニック・フロスト(『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』ほか)が声をあて、ライト監督ファンへのとっておきのサプライズも隠されている。

エドガー・ライト監督が手掛けた初の音楽ドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』予告映像が公開

映画『スパークス・ブラザーズ』は4月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイント他にて全国公開。

作品情報
エドガー・ライト監督が手掛けた初の音楽ドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』予告映像が公開
映画『スパークス・ブラザーズ』

兄ロンと弟ラッセルのメイル兄弟からなる「スパークス」は、デビュー以来、謎に包まれた唯一無二のバンド。レオス・カラックス監督最新作『アネット』で原案・音楽を務めたことでも話題沸騰中。そんな彼らの半世紀にもわたる活動を、貴重なアーカイブ映像やバンドが影響を与えた豪華アーティストたちのインタビューと共に振り返る。

監督:エドガー・ライト

出演:スパークス(ロン・メイル、ラッセル・メイル)、ベック、アレックス・カプラノス、トッド・ラングレン、フリー、ビョーク(声)、エドガー・ライトほか

配給:パルコ ユニバーサル映画

©︎2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

2022年4月8日(金) TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイント他全国公開

公式サイト universalpictures.jp/micro/sparks-brothers/